吉岡禅寺洞とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 吉岡禅寺洞の意味・解説 

吉岡禅寺洞


吉岡禅寺洞

吉岡禅寺洞の俳句

一握の砂を滄海にはなむけす
啓蟄のつちくれ躍り掃かれけり
土古く渡来の鶴をあるかしむ
早乙女に蜘蛛の囲流れかゝりけり
海苔買ふや追わるる如く都去る
藍植うや孀ながらも一長者
 

吉岡禅寺洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/04 08:35 UTC 版)

吉岡 禅寺洞(よしおか ぜんじどう、1889年(明治22年)7月2日 - 1961年(昭和36年)3月17日)は、俳人。本名・善次郎。




「吉岡禅寺洞」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吉岡禅寺洞」の関連用語

吉岡禅寺洞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉岡禅寺洞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉岡禅寺洞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS