富安風生とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 和歌 > 俳人 > 富安風生の意味・解説 

とみやすふうせい 【富安風生】 ○

1885~1979俳人愛知県生まれ本名、謙次。東大卒逓信省勤務。「ホトトギス」に参加、のち「若葉」を主宰句集草の花」「走馬灯」など。

富安風生

富安風生の俳句

羽子板や母が贔屓の歌右衛門
老鴬や珠のごとくに一湖あり
茶の花のころがつてをる甃
菜の花といふ平凡を愛しけり
蛍火や山のやうなる百姓家
蟻地獄寂寞として飢ゑにけり
行く道のままに高きに登りけり
街の雨鴬餅がもうでたか
赤富士に露滂沱たる四辺かな
蹴あげたる鞠のごとくに春の月
退屈なガソリンガール柳の芽
鍛冶の火を浴びて四葩の静かかな
静かなり耳底に霧の音澄むは
 

富安風生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/22 12:41 UTC 版)

富安 風生(とみやす ふうせい、1885年(明治18年)4月16日 - 1979年(昭和54年)2月22日)は、愛知県出身の俳人。本名は謙次。高浜虚子に師事。逓信省に勤めながら俳誌「若葉」を主宰。温和な作風で知られた。




[ヘルプ]
  1. ^ 秋尾敏水原秋桜子と『馬酔木』」、『俳壇』第11号、2000年2012年2月6日閲覧。
  2. ^ 『朝日新聞』1971年4月10日(東京本社発行)朝刊、23頁
  3. ^ a b 『現代俳句大事典』 371頁
  4. ^ a b c 『現代俳句ハンドブック』 60頁
  5. ^ 『現代俳句大事典』 372頁
  6. ^ 『定本 現代俳句』 219頁
  7. ^ 前掲『定本 現代俳句』 213頁
  8. ^ 『富安風生』 25頁
  9. ^ 『山梨の文学』 128-129頁
  10. ^ 風生庵に掲示してある案内板。2014.05.11現地で閲覧
  11. ^ 『官報』第3127号「叙任及辞令」1937年6月8日。


「富安風生」の続きの解説一覧



富安風生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「富安風生」の関連用語

富安風生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



富安風生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富安風生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS