大木あまりとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 大木あまりの意味・解説 

大木あまり

大木あまりの俳句

さくら咲く山河に生まれ短気なり
さくら咲く氷のひかり引き継ぎて
ふたりして岬の凩きくことも
ぼろ市や空一枚を使ひけり
もうなにも起こらぬ家の蚊遣かな
イエスよりマリアは若し草の絮
人形のだれにも抱かれ草の花
冬の雁子を産む齢すぎにけり
友に恋われに税くる蕗の雨
喪の家の焼いて縮める桜鯛
夫にして悪友なりし榾を焼く
守るべき家ありどつと花の冷え
寒月下あにいもうとのやうに寝て
湯気のたつ馬に手を置くクリスマス
火に投げし鶏頭根ごと立ちあがる
父の忌の噴井の底のうすあかり
花束のセロファンくもる墓参かな
蟬の眼をはこんでゐたる秋の蟻
 

大木あまり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 06:47 UTC 版)

大木 あまり(おおき あまり、1941年6月1日 - )は、俳人。本名は吉本章栄(ふみえ)[1]


  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.444
  2. ^ 俳話会役員”. 横浜俳話会. 2016年2月26日閲覧。


「大木あまり」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大木あまり」の関連用語

大木あまりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大木あまりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大木あまり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS