矢島渚男とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 矢島渚男の意味・解説 

矢島渚男

矢島渚男の俳句

ああといひて吾を生みしか大寒に
さびしさや撞けばのどかな鐘の音
じやが薯を植ゑることばを置くごとく
むらさきになりゆく二羽の青鷹
われよりも年寄る海鼠食ひにけり
アルプスの濡身かがやく桃の花
囀りの美しかりしこと閨に
大鮟鱇触つてみれば女体かな
天の川小さくあれど志
天高く妻にゆまりのところなし
姫はじめ闇美しといひにけり
戸隠や顔にはりつく天の川
教壇は十歩に足らず黄落す
数へ日のこころのはしを人通る
春の葦軍港といふ陰部あり
梟の目玉見にゆく星の中
炎天に尻うち据ゑて栄螺割る
炬燵に顎のせ友恋か山恋か
父がまづ走つてみたり風車
背泳ぎにしんとながるる鷹一つ
臍の緒を家のどこかに春惜しむ
船のやうに年逝く人をこぼしつつ
行秋のとんぼにとまるとんぼかな
遠くまで行く秋風とすこし行く
金木犀妻の里訪ひ妻に逢ふ
鶏頭をこづいて友のきたりけり
 

矢島渚男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/26 14:09 UTC 版)

矢島 渚男(やじま なぎさお、1935年1月24日 - )は、日本の俳人。本名は薫。




「矢島渚男」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「矢島渚男」の関連用語

矢島渚男のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



矢島渚男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矢島渚男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS