長谷川双魚とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 長谷川双魚の意味・解説 

長谷川双魚

長谷川双魚の俳句

ひとの世の遊びをせんと雪女郎
地芝居の楽しむさまに人殺す
曼珠沙華不思議は茎のみどりかな
毛蟲焼く僧の貧乏ゆすりかな
蟬の穴淋しきときは笑ふなり
起し絵のおもひつめたる殺しかな
降る雪や天金古りしマタイ伝
雀の子一尺とんでひとつとや
首出して湯の真中に受験生
 

長谷川双魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:39 UTC 版)

長谷川 双魚(はせがわ そうぎょ、1897年11月19日1987年11月8日)は、俳人。本名・謙三。岐阜県安八郡墨俣町に生まれる。岐阜薬科大学教授、東海女子短期大学教授等を歴任。1942年、日本画家であった弟朝風(ちょうふう)の勧めで俳句をはじめ、飯田蛇笏の「雲母」に入会、1951年同人。1971年、木下青嶂の死去をうけて「青樹」(せいじゅ)主宰を継承。1986年句集『ひとつとや』で第20回蛇笏賞を受賞。他の句集に『風形』など。1987年11月8日死去、89歳。没後「青樹」主宰は妻の長谷川久々子が継いだ。




「長谷川双魚」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「長谷川双魚」の関連用語

長谷川双魚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長谷川双魚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長谷川双魚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS