進藤一考とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 進藤一考の意味・解説 

進藤一考

進藤一考の俳句

山桜泪のいろはかくあるべし
苗代の今年のひかり湖岸より
 

進藤一考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:07 UTC 版)

進藤 一考(しんどう いっこう、1929年8月1日 - 1999年3月17日)は、神奈川県出身の俳人。本名・一孝(かずたか)。横須賀市生まれ。1944年頃より句作。伊豆三郷の指導を受ける。1958年、角川源義主宰の「」創刊に同人参加、源義に師事。1976年、源義没後「河」主宰に就任。1979年、「河」主宰を辞し「人」を創刊・主宰。叙情俳句を基底に「俳句情念論」を唱えた。句集に『斧のごとく』『白昼』『深紅の椅子』など。




「進藤一考」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「進藤一考」の関連用語

進藤一考のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



進藤一考のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの進藤一考 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS