十三夜とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 十三夜の意味・解説 

じゅうさん‐や〔ジフサン‐〕【十三夜】

読み方:じゅうさんや

陰暦13日の夜。

陰暦9月13日の夜。8月15日夜の十五夜次いで月が美しいとされ、「後(のち)の月」という。十五夜の月を(いも)名月というのに対し豆名月栗名月ともいう。《 秋》「泊る気でひとり来ませり—/蕪村

[補説] 書名別項。→十三夜


じゅうさんや〔ジフサンヤ〕【十三夜】

読み方:じゅうさんや

樋口一葉小説明治28年(1895)発表不幸な結婚をしたお関通し封建的な社会矛盾女性立場から描く。


十三夜

読み方:ジュウサンヤ(juusanya)

陰暦9月13日にした月見


十三夜

作者樋口一葉

収載図書一葉文学
出版社和泉書院
刊行年月1987.2
シリーズ名新注近代文学シリーズ

収載図書短編愉楽 1 近代小説のなかの都市
出版社有精出版
刊行年月1990.12

収載図書近代日本短編小説
出版社近代文芸社
刊行年月1992.3

収載図書ちくま日本文学全集 041 樋口一葉
出版社筑摩書房
刊行年月1992.10

収載図書たけくらべ
出版社集英社
刊行年月1993.12
シリーズ名集英社文庫

収載図書全集 樋口一葉 2 小説編 2 新装復刻版
出版社小学館
刊行年月1996.11

収載図書現代語訳 樋口一葉「十三夜 他」
出版社河出書房新社
刊行年月1997.3

収載図書近代短編 10
出版社笠間書院
刊行年月1997.4

収載図書樋口一葉
出版社筑摩書房
刊行年月2000.9
シリーズ名明治文学

収載図書樋口一葉
出版社岩波書店
刊行年月2001.10
シリーズ名新日本古典文学大系 明治

収載図書愛蔵版 ザ・一葉樋口一葉全作品日記全一
出版社第三書館
刊行年月2002.11
シリーズ名第三書館ザ・作家シリーズ

収載図書にごりえたけくらべ
出版社新潮社
刊行年月2003.1
シリーズ名新潮文庫

収載図書たけくらべ にごりえ 42
出版社角川書店
刊行年月2003.2
シリーズ名角川文庫

収載図書たけくらべにごりえほか
出版社教育出版
刊行年月2003.9
シリーズ名読んでおきたい日本の名作

収載図書にごりえたけくらべ
出版社日本文学館
刊行年月2004.3
シリーズ名日本名作選

収載図書樋口一葉/一宮操子
出版社新学社
刊行年月2004.10
シリーズ名近代浪漫派文庫

収載図書大つごもり・十三夜 他五篇
出版社岩波書店
刊行年月2004.10
シリーズ名ワイド版岩波文庫

収載図書たけくらべ現代語訳樋口一葉
出版社河出書房新社
刊行年月2004.12
シリーズ名河出文庫

収載図書たけくらべ にごりえ
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.2
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書一葉小説
出版社新風舎
刊行年月2005.5

収載図書文士意地車谷長吉短編小説輯 上
出版社作品社
刊行年月2005.8

収載図書樋口一葉小説集
出版社筑摩書房
刊行年月2005.10
シリーズ名ちくま文庫

収載図書たけくらべにごりえ
出版社舵社
刊行年月2005.11
シリーズ名デカ文字文

収載図書樋口一葉
出版社筑摩書房
刊行年月2008.4
シリーズ名ちくま日本文学

収載図書新編 日本女性文学全集 第2巻
出版社
刊行年月2008.9


十三夜

作者藤沢周平

収載図書日暮れ竹河岸
出版社文芸春秋
刊行年月1996.11

収載図書日暮れ竹河岸
出版社文芸春秋
刊行年月2000.9
シリーズ名文春文庫


十三夜

作者領家高子

収載図書言問
出版社講談社
刊行年月2003.10


十三夜

作者弘司

収載図書マガダ国の悲劇 鍋の蓋―他 創作短篇童話集
出版社日本文学館
刊行年月2006.10


十三夜

作者田頭由美

収載図書十三夜―長崎をめぐる4つ物語
出版社日本文学館
刊行年月2008.5


十三夜

読み方:ジュウサンヤ(juusanya)

陰暦九月十三夜の月

季節

分類 天文


十三夜

読み方:ジュウサンヤ(juusanya)

作者 富安風生

初出 昭和12年

ジャンル 句集


十三夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 05:28 UTC 版)

十三夜(じゅうさんや)




「十三夜」の続きの解説一覧

十三夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 16:39 UTC 版)

にごりえ (映画)」の記事における「十三夜」の解説

夫の仕打ち耐えかね、せきが実家戻ってくる。話を聞いた母は憤慨し出戻りを許すが、父親は、子供別れて実家泣き暮らすなら辛抱して夫のもとで泣き暮らすのも同じ、と諭し車屋呼んで夜道帰す。しばらく行くと車屋が突然「これ以上引くのが嫌になったから降りてくれ」と言いだす。月夜明かりで顔がのぞくと、それは幼なじみの録之助であった。せきは車を降り肩を並べて歩き始める。録之助身の上話聞き励ますせき。別の車が拾える広小路着き、短い再会終えて再び別々の道を行く二人

※この「十三夜」の解説は、「にごりえ (映画)」の解説の一部です。
「十三夜」を含む「にごりえ (映画)」の記事については、「にごりえ (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「十三夜」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「十三夜」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



十三夜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

十三夜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



十三夜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十三夜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのにごりえ (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの十三夜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS