矛盾とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理学 > 矛盾の意味・解説 

む‐じゅん【矛盾/矛×楯】

読み方:むじゅん

[名](スル)

ほことたて

《昔、中国の国で、矛(ほこ)と盾(たて)とを売っていた者が、「この矛はどんなかたい盾をも突き通すことができ、この盾はどんな矛でも突き通すことができない」と誇ったが、「それではお前の矛でお前の盾を突けばどうなるか」と尋ねられ答えることができなかったという「韓非子」難一の故事から》二つ物事くいちがっていて、つじつまが合わないこと。自家撞着(じかどうちゃく)。「発言の—を突かれる」「二人の話が—する」

論理学用語。

伝統的論理学で、二つ概念または命題一定の事象同一の観点から同時に一方肯定し他方否定する場合両者の関係

命題論理学で、複合命題からなる論理式各要素命題いかなる真理値与えても必ず偽となる式。

ヘーゲル弁証法で、概念の発展必要不可欠な契機


矛盾

収載図書フーコー短編小説傑作選 10
出版社フーコー
刊行年月2002.11


矛盾

作者金堀常美

収載図書真夜中ココア
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


矛盾

読み方:ほことん

  1. 物の間違ひたるを云ふ。衆議院議員某が、むじゆんを読むべきを、ほことん読み誤りたる笑柄より出づ
  2. 矛盾(むじゆん)を誤つ読みたる詞。但し「ほことんの意味は矛盾に同じ。或はとんちんかんなどの意にも用ふ
  3. 辻褄合はぬことをいふ。むじゆん(矛盾)を誤つて読むだものである。〔犯罪語〕
  4. とんちんかん、即ち後さきの相異すること、ムジユンと読むべきところを百姓読したもの

分類 東京犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

矛盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 09:43 UTC 版)

矛盾(むじゅん、: contradiction)とは、あることに関して2つのことが同時に成り立たないで対立している状態を意味し、古代中国の韓非子による「矛と盾」の故事によってできた言葉。そこから近代になって西洋の論理学用語の訳語として使用されるようになり、


注釈

  1. ^ 1900年代の中国の翻訳家・厳復は「相滅」と訳している[5]
  2. ^ ニュートンが近代科学の力学を造りあげることができたのは、「力と運動の矛盾(力によって運動が生じ、運動によって力が克服される過程)」を乗り越えるために、微分と積分法を自ら作りだすことに成功したからである[10]
  3. ^ 実際、共産主義政権のもとで誕生したソビエト連邦(現:ロシア)は政府や経済の活動が停滞し、政府の厳しい管理体制下で生じた経済の失敗で崩壊した[19]
  4. ^ たとえば、天動説に対してコペルニクス地動説を提唱したとき、新しいデータは何も関与していなかった。一般の常識としてはコペルニクスは子供じみた天動説を批判し、観測に基づく実証的な地動説を提唱したのだということになっている。しかしコペルニクスが新しい観測事実を持っていたわけではないし、当時の天動説は観測データに基づいた十分に実証的な理論だった。コペルニクスは当時の天動説に深刻な矛盾を見たのである。例えばコペルニクスは「天動説は地球が動くと破壊されることを心配したが、なぜ同じことを地球よりはるかに大きく速く「回転する天」に心配しないのか」と指摘した。また、天動説の計算は確かに「惑星が地球から見える方向」はそれなりの予想精度を持って示すことができる。しかし、それを「惑星の明るさの変化」にも当てはめようとすると矛盾が生じる。コペルニクスは天動説では惑星の見える方向と、その惑星の明るさの変化(彼はそれを惑星の地球からの距離の変化と見た)は両立できないことを、深刻な矛盾と見た[23]
  5. ^ 板倉は自身の「理論の交代における矛盾の役割」の研究結果から、「理論選択の基準はその単純性にある」とする「マッハ主義」(エルンスト・マッハに始まる実証主義的認識論の立場をいう。物質や精神を実体とする考えに強く反対し、科学の目的は観察された事実を記述することのみにあるとし、仮想的原子などを考えることは全く非科学的であると主張した。)を批判した[27]。また、基本理論の交代が理論外の新事実の発見や他の理論の影響で引き起こされるという「機械論」も科学史の現実に合わないとした[28]。さらに、理論は事実に合わせて変化するという「実証主義」を、「天動説は事実に合わせるという点では十分実証的だった。コペルニクス説がこの点で優れていたわけではない」として否定した[28]。また、プトレマイオスとコペルニクスは座標変換に過ぎず、「どっちもどっち」というような「相対主義」は旧理論の内部矛盾に着目することによって乗り越えることができると主張した[29]

出典

  1. ^ goo辞書.
  2. ^ a b c d e Wikibooks 2022.
  3. ^ 金谷治訳注『韓非子』, 「難一」, pp. 254–256
  4. ^ a b 朱京偉 2002, pp. 107–110.
  5. ^ 加地伸行 1983, p. 346.
  6. ^ 朱京偉 2005, p. 79.
  7. ^ 村主朋英 2012, p. 68.
  8. ^ P+D MAGAZINE 2018.
  9. ^ 三浦つとむ 1968, p. 274.
  10. ^ 板倉聖宣 1957, p. 156.
  11. ^ a b 三浦つとむ 1968, pp. 274–275.
  12. ^ 板倉聖宣 2004, p. 78.
  13. ^ a b 板倉聖宣 2004, p. 80.
  14. ^ 毛沢東 1957.
  15. ^ 三浦つとむ 1968, pp. 282–283.
  16. ^ 板倉聖宣 2004, p. 81.
  17. ^ a b 板倉聖宣 2004, p. 83.
  18. ^ 三浦つとむ 1968, p. 283.
  19. ^ 世界雑学ノート 2018.
  20. ^ 板倉聖宣 1955.
  21. ^ 唐木田 1995, p. 24.
  22. ^ 唐木田 1995, p. 15.
  23. ^ a b 唐木田 1995, pp. 24–29.
  24. ^ 武谷三男 1936, pp. 41–44.
  25. ^ トマス・クーン 1971, p. 102.
  26. ^ 唐木田 1995, pp. 10–11.
  27. ^ 唐木田 1995, p. 36.
  28. ^ a b 唐木田 1995, p. 37.
  29. ^ 唐木田 1995, p. 38.



矛盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 07:21 UTC 版)

豊川市男児連れ去り殺人事件」の記事における「矛盾」の解説

犯行の動機は「男児泣き声に、睡眠妨げられたことへの怒りとされている。しかし、男児は「一度泣き出したら、両親以外の人間あやして泣きやまなかった」とされ、自白調書の「開いた窓から元運転手男性抱き上げても、男児泣かなかった」という内容に反している。 自白調書では「海岸堤防から男児海に投げ入れた」と記されいたものの、犯行時は干潮であった仮にも投げ入れたとすれば岩場激突して怪我免れなかった。しかし、男児遺体にはそういった損傷一切ない

※この「矛盾」の解説は、「豊川市男児連れ去り殺人事件」の解説の一部です。
「矛盾」を含む「豊川市男児連れ去り殺人事件」の記事については、「豊川市男児連れ去り殺人事件」の概要を参照ください。


矛盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 13:38 UTC 版)

新四軍」の記事における「矛盾」の解説

抗日統一戦線部隊であるが、実質的運営中国共産党によって行われた。この点は八路軍同じだが、華南地区圧倒的な国民党政府影響下での共産党軍隊行動多くの矛盾をはらんだ国民党員である葉挺軍長共産党員である項英の副軍長就任もその延長である。新四軍この段階では共産党の軍ではなく抗日統一戦線の中で紅軍母体しながら国民党指揮下に入る軍隊として発足していた。

※この「矛盾」の解説は、「新四軍」の解説の一部です。
「矛盾」を含む「新四軍」の記事については、「新四軍」の概要を参照ください。


矛盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 17:13 UTC 版)

実用最小限の製品」の記事における「矛盾」の解説

アンドレア・コンティジャーニ博士博士論文研究では、MVP早期リリース競合他社による模倣リスクを負い模倣に対する障壁確立してない場合企業傷つけ可能性が高いことを示唆している彼はまた、MVPに関する否定的なフィードバック企業評判に悪影響を及ぼす可能性があるとも述べた

※この「矛盾」の解説は、「実用最小限の製品」の解説の一部です。
「矛盾」を含む「実用最小限の製品」の記事については、「実用最小限の製品」の概要を参照ください。


矛盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/05 13:30 UTC 版)

砥部騒動」の記事における「矛盾」の解説

たとえ実際に正横領があったとしても、それを現代風解釈してならないというのも当時は蓄えられた富は、飢饉のときなどに放出されて、人々還元されるのが普通だったからである当時生産状況不安定であり、砥部郷においても、しばしば致命的な飢饉起こったことは事実である。それによって農民達がより従属度を高める事はあったにしても、それは一種の保険だったのであるから、それがよほど過酷で、生活を脅かすようなものにならない限りは、それで一揆を起こすなどと言うことはありえなかったはずなのであるまた、同時代文書では、「砥部騒動松山藩大洲藩農民達の間の争いとされており、役人達の不正については記述されていないこと。」「文書に、役人の鑑に付随する納入銀の横領一揆の原因として出てくるのは明治入ってからの事であること。」となっている。 ただ、一揆の後1758年宝暦8年)には庄屋善兵衛組頭左治衛門を祭る社が建てられ藩主進んで和合神社の社号与えている。 それでは何故役人達の不正が一揆の原因とされるようになったであろうか。以下のように考えられている。すなわち、和合神社の創建は、当時一般的になりつつあった儒教的理念による仁政、撫民こそが政治中核であるとの宣言であり、彼らの行為身をもって松山衆の立ち入り禁止して入会山救ったものであるとされたのである。しかし彼らを顕彰することは、松山藩農民立ち入り許していた藩そのものへの批判とも成りかねない。そこで、藩との間に立つ悪役が必要とされたのである。そして、その後抑圧された人々や、明治になって自由民権運動戦った人たちにより、役人達はより悪く義民達はより立派にされてゆき、その結果役人横領とそれへの農民抗議と言う一揆理由流布して行ったと言うのである

※この「矛盾」の解説は、「砥部騒動」の解説の一部です。
「矛盾」を含む「砥部騒動」の記事については、「砥部騒動」の概要を参照ください。


矛盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 13:44 UTC 版)

ホワイトカラー」の記事における「矛盾」の解説

技術系職種の中で研究開発職は頭を使う仕事であり、学位博士修士をもっている人が多い。そして、これらの職種の人は作業着の上に白衣実験行っているともあれば、ブルーカラー同じく作業着のままで実験行っていることもある。後者だけを見れば外見上ブルーカラーである。しかし、頭を使う仕事であるからホワイトカラーともみなせる。 また、公安職警察官消防吏員など)は上級職になると現場から離れて制服ではなく背広服着用することが多くなるが、これはブルーカラーなのかホワイトカラーなのか定義できない。またそもそも警察官の場合体を動かすと同時に非常に頭を使う仕事在職中昇任試験や、職務上必要な法律勉強も多い)であり、ブルーカラーなのかホワイトカラーなのか定義しにくい。 医師看護師ホワイトカラー呼ばれることが多いが、実際は他の医療関係職業と同様作業着白衣)を着て自分の肉体使って作業をしている。ブルーカラーの定義に十分あてはま部分がある。 また、営業マン背広服着ているが、人によっては「あれはホワイトカラーではない」という人もいる。もっとも同時にブルーカラーでもない

※この「矛盾」の解説は、「ホワイトカラー」の解説の一部です。
「矛盾」を含む「ホワイトカラー」の記事については、「ホワイトカラー」の概要を参照ください。


矛・盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 06:00 UTC 版)

ついなちゃん」の記事における「矛・盾」の解説

鬼を退治する為の三叉矛と盾。矛には実際に方相氏が矛に付け飾りついている。盾は小ぶり木製の手盾。「ONI IS OUT!」と書かれている

※この「矛・盾」の解説は、「ついなちゃん」の解説の一部です。
「矛・盾」を含む「ついなちゃん」の記事については、「ついなちゃん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「矛盾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

矛盾

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 01:28 UTC 版)

別表記

名詞

むじゅん こっけい読み:ほことん

  1. つじつま合わないこと。複数命題が、同時にとなることがないこと。

発音(?)

む↗じゅん

由来

韓非子の以下の故事よる。

白文
人有鬻盾与矛者 誉之曰 吾盾之堅 之能陥也 又誉其矛曰 吾矛之利 于物無不陥也 或曰 以子之矛陥子之盾 何如 其人弗能応也
訓読
人に盾と矛とをひさぐ者有り。之(これ)を誉めて曰く吾が盾の堅きこと、之を能く陥(とお)すものなきなり」と。又、其(そ)の矛を誉めて曰く吾が矛の利きこと、物に于(お)いて陥さざるなきなり」と。或るひと曰く「子の矛を以て、子の盾を陥さば何如(いかん)」と。其の人応(こた)ふること能はざるなり。
現代語訳
盾と矛を売っていた商人が盾を誉めて言った。「わたしの盾の堅いことには、これを貫けものはない」。またその矛を誉めて言った。「わたしの矛のするどさといったら、陥せないものはない」と。ある人言った。「あなたの矛であなたの盾を突いたらどうなるのか」と言われて、その人返答できなかった。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
矛盾-する

「矛盾」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



矛盾と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

矛盾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



矛盾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矛盾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの豊川市男児連れ去り殺人事件 (改訂履歴)、新四軍 (改訂履歴)、実用最小限の製品 (改訂履歴)、砥部騒動 (改訂履歴)、ホワイトカラー (改訂履歴)、ついなちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの矛盾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS