志穂美悦子とは?

志穂美悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 16:11 UTC 版)

志穂美 悦子(しほみ えつこ、1955年10月29日[1] - )は、日本女優歌手フラワーアーティスト[注釈 1]




  1. ^ a b フラワーアーティストは本名の長渕 悦子で活動している[2][3][4]
  2. ^ 『サスペンスシリーズ』(MBS)の一本で、雑誌『コミック&コミック』に連載されていた小池一雄原作による殺し屋をしながら、数百年も生きている鬼婆の兄妹の物語を描いた劇画をテレビドラマ化したもの。
  3. ^ 本作のクランクイン一週間前に右膝の内側靭帯を断裂していたが臨んだ[4]
  4. ^ 第24話にゲスト出演。
  5. ^ 事務所の名称は、師匠・千葉真一の千に肖り、百を英語にした。
  6. ^ 映画早春物語』と二本立てでの配給収入である[14]
  1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.90.
  2. ^ a b c d “長渕悦子さんが27年ぶりテレビ出演”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年12月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131218-1232885.html 2013年12月24日閲覧。 
  3. ^ a b c “志穂美悦子さん「浦島太郎状態」27年ぶりTVで変わらぬ美貌披露”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2013年12月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/18/kiji/K20131218007224010.html 2013年12月24日閲覧。 
  4. ^ a b c くれい響 (2013年12月22日). “27年ぶりのテレビ出演で再注目 元女優・志穂美悦子のスゴさ2”. クランクイン. 2013年12月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g くれい響 (2013年12月22日). “27年ぶりのテレビ出演で再注目 元女優・志穂美悦子のスゴさ1”. クランクイン. 2013年12月24日閲覧。
  6. ^ a b 「可能性に最大限挑戦したい!志穂美悦子」『JAC特集号』第8巻第4号通巻34号、小杉修造、近代映画社〈別冊 近代映画〉(原著1982年3月5日)。
  7. ^ 志穂美悦子さん、芸名の名付け親が野際陽子さんだった”. スポーツ報知 (2017年6月16日). 2018年9月28日閲覧。
  8. ^ 東映ゲリラ戦記、145頁。
  9. ^ 東映ゲリラ戦記、148頁。
  10. ^ 四方田犬彦鷲谷花 『戦う女たち 日本映画の女性アクション』 作品社、2009年8月8日、223 - 224頁。ISBN 978-4-86182-256-8
  11. ^ 東映ゲリラ戦記、149頁。
  12. ^ 西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年12月12日、2013年1月1日閲覧。
  13. ^ 1984年(1月~12月)”. 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組). 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2012年8月7日閲覧。
  14. ^ 1985年(1月~12月)”. 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組). 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2012年8月7日閲覧。
  15. ^ a b c d 長渕剛と入籍、極秘挙式した志穂美悦子」、ゲンダイネット、2013年2月28日、2013年4月3日閲覧。
  16. ^ 報知新聞』1996年8月8日第2面掲載。
  17. ^ Etsuko Nagabuchi フラワーアレンジメント写真集 Archived 2011年12月20日, at the Wayback Machine. 長渕剛オフィシャルサイト
  18. ^ 長渕剛の妻・志穂美悦子、31年ぶり出演「徹子の部屋」で夫語る”. SANSPO.COM (2017年1月10日). 2017年1月10日閲覧。


「志穂美悦子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「志穂美悦子」の関連用語

志穂美悦子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



志穂美悦子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの志穂美悦子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS