ムロツヨシとは?

ムロツヨシ

ムロツヨシの画像 ムロツヨシの画像
芸名ムロツヨシ
芸名フリガナむろつよし
性別男性
生年月日1976/1/23
干支辰年
血液型A
出身神奈川県
身長168 cm
URLhttp://www.murotsuyoshi.net/
プロフィール1976年1月23日生まれ神奈川県出身1999年、作・演出出演を行なったひとり舞台で活動開始2005年映画『サマータイムマシン・ブルース』の出演きっかけに映画にも活動広げる。その他主な出演作は、TBS『大恋愛~僕を忘れる君と』、NHKおんな城主 直虎』『LIFE!人生捧げるコント~』など他多数
代表作品1年2018
代表作品1TBS『大恋愛~僕を忘れる君と』
代表作品2年2017
代表作品2NHKおんな城主 直虎
代表作品3舞台muro式』
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら

ムロツヨシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 11:36 UTC 版)

ムロツヨシ(本名非公開[4]1976年1月23日[1] - )は、日本俳優コメディアン(喜劇役者)[5]




注釈

  1. ^ のちに「ヤニィーズ」に改名[14]
  2. ^ 同日に『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ)にも出演していたことが話題になった[88]

出典

  1. ^ a b c PROFILE.”. ムロツヨシ公式ホームページ. 2018年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c ムロツヨシ (2015年8月18日). 横浜が生んだ喜劇俳優ムロツヨシさんを徹底解剖!. インタビュアー:永田ミナミ. はまれぽ.com.. http://hamarepo.com/story.php?story_id=4415 2015年10月20日閲覧。 
  3. ^ ムロツヨシ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ. 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ a b ムロツヨシ「確率」テーマに民放レギュラー番組初MC!”. Sponichi Annex (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  5. ^ a b c d “自ら「喜劇役者」と名乗るムロツヨシとは何者なのか?”. CREA WEB (文藝春秋). (2016年5月27日). http://crea.bunshun.jp/articles/-/10587?page=2 2018年1月6日閲覧。 
  6. ^ 明日から、クランクイン”. ムロツヨシの式 (2009年9月20日). 2009年9月22日閲覧。
  7. ^ a b c ムロツヨシ”. ASH&Dコーポレーション. 2014年1月24日閲覧。
  8. ^ a b ムロツヨシが本名を明かさない理由 離婚した母親に対する気遣いで”. ライブドアニュース (2016年5月27日). 2016年10月26日閲覧。
  9. ^ a b “ムロツヨシ、4歳で両親が離婚…波瀾万丈な人生送る父親に「楽しそうに生きているんだな」”. スポーツ報知. (2018年3月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180317-OHT1T50057.html 2018年3月17日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f ムロツヨシ (2015年10月). 喜劇俳優ムロツヨシさんインタビュー. (インタビュー). 神奈川県立鶴見高等学校.. オリジナルの2016年11月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161127024001/http://www.kentsuru-pta.jp/oshirase/murosan/index.html 2017年12月2日閲覧。 
  11. ^ a b c ムロツヨシ (2015年). vol.132 俳優 ムロツヨシ きれいな野心は人に響く. (インタビュー). マイナビ.. https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/132 2018年1月2日閲覧。 
  12. ^ a b TORA (2014年1月25日). “ムロツヨシ、長い下積みと「お金もらえる仕事」を得た転機を語る。”. エンタがビタミン. Techinsight. 2015年4月13日閲覧。
  13. ^ 演劇バトル「E-1グランプリ」参加者募集中”. シアターガイド (2000年12月25日). 2001年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  14. ^ a b c ヤニィーズ公式サイト
  15. ^ WORKS - STAGE”. ムロツヨシ公式ホームページ. 2014年1月24日閲覧。
  16. ^ 公演情報”. 世田谷パブリックシアター. 2014年1月24日閲覧。
  17. ^ “「アナ雪」が席巻した2014年、“増税時はキャラものがヒット”の定説が健在”. 日経トレンディネット (日経BP社). (2014年11月4日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20141031/1061103/?n_cid=nbptrn_top_bunya 2014年11月4日閲覧。 
  18. ^ “ムロツヨシが入院 喉の手術へ「舞台で思いっきりやりたいもので…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/10/kiji/K20151110011483170.html 2015年11月10日閲覧。 
  19. ^ “喉手術のムロツヨシが退院報告「数日間は、筆談役者」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/12/kiji/K20151112011494960.html 2015年11月12日閲覧。 
  20. ^ 濱島裕 (2017年4月25日). “ムロツヨシ、Instagram開設 爆発的なフォロワー増加もファンのお目当ては…?”. シネマトゥデイ. 2018年5月31日閲覧。
  21. ^ “ムロツヨシ、重圧… インスタ開設1日で36万人フォロワーに「恐怖症」”. デイリースポーツonline. (2017年4月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/26/0010130833.shtml 2018年5月31日閲覧。 
  22. ^ a b ムロツヨシ、42歳“最年長新人賞” ロングスピーチで“大河主演”宣言〈エランドール賞〉”. モデルプレス (2018年2月1日). 2018年2月7日閲覧。
  23. ^ a b ムロツヨシ、ライフワークの舞台『muro式』10年で幕 福岡で盛大な“打ち上げ花火””. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月13日). 2018年5月14日閲覧。
  24. ^ ムロツヨシ (2015年8月18日). 横浜が生んだ喜劇俳優ムロツヨシさんを徹底解剖!(3/3). インタビュアー:永田ミナミ. はまれぽ.com.. http://hamarepo.com/story.php?page_no=2&story_id=4415&from= 2018年1月6日閲覧。 
  25. ^ a b c 黒崎さとし (2017年9月19日). “ムロツヨシ、SNSでも人気…「神出鬼没俳優」の楽しみ方”. AERA dot.. 朝日新聞出版. 2018年5月31日閲覧。
  26. ^ 佐藤二朗×ムロツヨシ (2017年7月14日). 「福田組」を裏の裏まで知る2人。佐藤二朗とムロツヨシが明かす「銀魂」に見る福田雄一という才能. (インタビュー). エンタメステーション(ソニー・ミュージックエンタテインメント).. https://entertainmentstation.jp/94485 2018年5月31日閲覧。 
  27. ^ ムロツヨシ&佐藤二朗“福田組常連”に太賀も!『50回目のファーストキス』”. cinemacafe.net. カフェグルーヴ (2018年2月9日). 2018年5月31日閲覧。
  28. ^ 小泉孝太郎、ムロツヨシ愛を告白「自分よりムロさんの成功の方が嬉しかった」”. テレビドガッチ (2018年7月18日). 2018年8月5日閲覧。
  29. ^ TORA (2014年8月17日). “【エンタがビタミン♪】小泉孝太郎の実家で大歓迎されるムロツヨシ。純一郎氏と2人で食事も。”. techinsight. 2015年10月20日閲覧。
  30. ^ a b Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ”. CINRA.NET (2017年12月8日). 2018年1月7日閲覧。
  31. ^ 今週のムロツヨシ!!!”. スパカン!. 文化放送 (2014年4月19日). 2016年8月23日閲覧。
  32. ^ a b ムロツヨシ (2016年12月4日). ムロツヨシ、役者として「食べられる」ようになって3年 - "役作りをしない役者"が考える今後のプラン. インタビュアー:佐々木なつみ. マイナビニュース.. http://s.news.mynavi.jp/articles/2016/12/04/murotsuyoshi/ 2016年12月4日閲覧。 
  33. ^ ムロツヨシの明るさの原点…テレビで初めて話す恥ずかしい話も!?”. 毎日新聞 (2018年3月15日). 2018年3月18日閲覧。
  34. ^ サワコの朝”. 毎日放送 (2018年3月17日). 2018年3月18日閲覧。
  35. ^ a b ムロツヨシさん「悲しいながらの二面性が見どころです」”. 楽天 (2016年5月25日). 2018年3月18日閲覧。
  36. ^ 鈴木亮平が再びパンティを被る「HK/変態仮面」続編5月公開、柳楽優弥らも出演”. 映画ナタリー (2016年2月23日). 2016年5月17日閲覧。
  37. ^ 向井理、舞台裏で片桐はいりの靴を隠す 「姉弟げんかをしていた」とムロツヨシが暴露”. TVfanWeb (2014年10月25日). 2015年6月1日閲覧。
  38. ^ ムロツヨシ (2015年8月3日). ムロツヨシ「ももクロとずっとじゃれ合ってました(笑)」. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/61612/ 2015年8月16日閲覧。 
  39. ^ 菅田将暉×城田優×ムロツヨシ. 『明烏 あけがらす』現場で何をやるのか、試されているような気分だった. インタビュアー:斉藤由紀子. シネマトゥデイ.. http://www.cinematoday.jp/page/A0004535 2015年7月12日閲覧。 
  40. ^ 森田剛主演作でムロツヨシがキケンでいちずな童貞に!”. ザテレビジョン (2015年10月26日). 2015年11月9日閲覧。
  41. ^ 内村光良手がける「金メダル男」にムロツヨシ、土屋太鳳、笑福亭鶴瓶ら出演”. 映画ナタリー (2015年11月27日). 2016年9月9日閲覧。
  42. ^ 「銀魂」新八は菅田将暉、神楽は橋本環奈!長澤まさみ、岡田将生らも出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月4日). 2016年8月4日閲覧。
  43. ^ ムロツヨシ (2017年7月14日). 小栗旬との絶妙なやりとりは必見!映画『銀魂』ムロツヨシインタビュー. (インタビュー). otoCoto.. https://otocoto.jp/interview/murotuyoshi/ 2017年9月18日閲覧。 
  44. ^ ムロツヨシ、『銀魂2(仮)』に続投 「怒られないギリギリを攻める」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年5月22日). 2018年5月31日閲覧。
  45. ^ 山﨑賢人さん主演で実写映画『斉木楠雄のΨ難』が10月21日公開決定!監督・脚本は『銀魂』『勇者ヨシヒコ』の福田雄一氏”. animatetimes (2017年3月15日). 2017年11月16日閲覧。
  46. ^ “ムロツヨシ、太賀、山崎紘菜ら、山田孝之&長澤まさみが“恋人役”映画出演決定〈50回目のファーストキス〉”. モデルプレス. (2018年2月9日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1745406 2018年2月9日閲覧。 
  47. ^ 深田恭子、ムロツヨシらが長瀬智也主演「空飛ぶタイヤ」出演!豪華キャスト37人一挙発表”. 映画.com (2017年8月31日). 2017年9月18日閲覧。
  48. ^ 映画『ダンスウィズミー』オフィシャルサイト”. ワーナー・ブラザース. 2019年2月21日閲覧。
  49. ^ ムロツヨシ“逆オファー”成功!リメイク版「最高の人生の見つけ方」で念願の役どころ”. 映画.com (2019年4月3日). 2019年4月11日閲覧。
  50. ^ ムロツヨシ、山田孝之と飲めない日々に嘆く「ほかの男のところに行ったのがさみしい」”. cinamacafe.net (2016年10月6日). 2017年1月8日閲覧。
  51. ^ a b c d NHK人物録 ムロツヨシ”. NHK人物録. NHK (2017年5月29日). 2018年2月7日閲覧。
  52. ^ a b “ムロ「ごちそうさん」怪演で抜てき”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年5月27日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/27/0009124118.shtml 2016年9月9日閲覧。 
  53. ^ 【直虎】ムロツヨシ、“謎の男”に反響も にじみ出るコント臭を自主規制?”. ORICON NEWS (2017年2月3日). 2017年4月8日閲覧。
  54. ^ ムロツヨシ、地上波ドラマ初主演”. 芸能. オリコン (2013年3月28日). 2015年4月12日閲覧。
  55. ^ ムロツヨシ、連ドラ初主演に歓喜「やったよ、みんな」 福田雄一とタッグ”. ORICON STYLE (2014年3月14日). 2015年4月7日閲覧。
  56. ^ ムロツヨシ (2015年3月6日). 「ウロボロス」個性派俳優に直撃!ムロツヨシ(1). (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/55928/ 2015年4月7日閲覧。 
  57. ^ ムロツヨシ「世の男子に夢を!」戸田恵梨香と同棲に喜び”. テレビドガッチ (2015年6月11日). 2015年7月12日閲覧。
  58. ^ ムロツヨシ、共演者から批判殺到!?「変な芝居する」「うるさいっ」と針のムシロ!”. cinemacafe.net (2015年7月10日). 2015年7月12日閲覧。
  59. ^ “ムロツヨシも山崎育三郎もダメ男に!“異色”サスペンス挑む”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151201/geo15120105050003-n1.html 2015年12月1日閲覧。 
  60. ^ ムロツヨシ、天才犯罪者と対決!?「悪党たちは千里を走る」で主演”. シネマトゥデイ (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  61. ^ “ムロツヨシ:ミュージカルコメディー「トライベッカ」に出演 山崎育三郎ら従え「一瞬センターに」”. WANTANWEB. (2016年6月17日). http://mantan-web.jp/2016/06/17/20160617dog00m200002000c.html 2017年2月21日閲覧。 
  62. ^ 『重版出来!』第7話 ムロツヨシも「思い入れもっちゃいました」 ベテランアシスタントの葛藤・嫉妬・挫折…”. T-SITE NEWS. TSUTAYA (2016年5月25日). 2017年4月16日閲覧。
  63. ^ “妻夫木聡、初の父親役「いつかは自分の子どもを持ちたい」”. ORICON STYLE. (2016年7月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2075711/full/ 2016年7月26日閲覧。 
  64. ^ 山田孝之主演の深夜ドラマに視聴者困惑「出演者が豪華すぎ」「やばいの極み」と話題”. モデルプレス (2017年1月7日). 2017年1月8日閲覧。
  65. ^ “中村倫也「左江内氏」で魅せる軽妙さ ムロツヨシと織りなす「アホとアホ」”. Sponichi Annex. (2017年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/04/kiji/20170204s00041000150000c.html 2017年2月5日閲覧。 
  66. ^ ムロツヨシ、スチャダラパーANI『孤独のグルメ』最終回に出演 原作の久住昌之も”. テレビドガッチ (2017年6月30日). 2017年7月26日閲覧。
  67. ^ “ムロツヨシ:瑛太と「ハロー張りネズミ」で再共演 「バチコンやり合いました」”. MANTANWEB. (2017年6月9日). https://mantan-web.jp/article/20170609dog00m200047000c.html 2017年7月26日閲覧。 
  68. ^ ムロツヨシ演じる“ちょいエロ漫画家” 作画・監修に『ナナとカオル』甘詰留太”. ORICON NEWS. オリコン (2018年1月6日). 2018年1月7日閲覧。
  69. ^ ムロツヨシ、戸田恵梨香と10月連ドラで本格ラブストーリー「本当にOKされてるのか」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年7月26日). 2018年8月5日閲覧。
  70. ^ ムロツヨシ、『今日から俺は!!』で完全に“金八先生”ビジュアル”. マイナビニュース. マイナビ (2018年8月15日). 2019年2月16日閲覧。
  71. ^ “小栗旬主演で山崎豊子原作「二つの祖国」が民放初ドラマ化! “ライバル”役にムロツヨシ”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年12月26日). https://thetv.jp/news/detail/173907/ 2018年12月26日閲覧。 
  72. ^ “ムロツヨシ、満を持してテレ東ドラマ初主演 “日本で一番不幸な男の物語””. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2132510/full/ 2019年3月29日閲覧。 
  73. ^ “「Iターン」ムロツヨシ×古田新太W主演で、“最上の喜劇”に”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年5月9日). https://thetv.jp/news/detail/189192/ 2019年5月10日閲覧。 
  74. ^ 過去の公演”. 劇団たいしゅう小説家 (2006年). 2018年2月7日閲覧。
  75. ^ ユースケ・サンタマリア×ムロツヨシ (2015年1月25日). ユースケ・サンタマリア×ムロツヨシ インタビュー. インタビュアー:水野陽子. TOKYO HEADLINE.. http://www.tokyoheadline.com/vol365/interview.16384.php 2015年6月1日閲覧。 
  76. ^ ムロツヨシと中村倫也が『フル・モンティ』で自慢の肉体を披露!?”. チケットぴあ (2013年7月25日). 2015年6月1日閲覧。
  77. ^ “小栗旬、来夏ミュージカルに初挑戦「歌も踊りも苦手だけど大いに笑いにきて」”. ステージナタリー. (2016年11月29日). http://natalie.mu/stage/news/211089 2017年6月12日閲覧。 
  78. ^ ムロツヨシ、主演舞台の爆笑に「すごい」 堤真一も頭の良さを絶賛”. マイナビニュース. マイナビ (2019年7月6日). 2019年10月2日閲覧。
  79. ^ オーケストラ コンサート “ピーターと狼””. セイジ・オザワ 松本フェスティバル (2019年6月8日). 2019年9月1日閲覧。
  80. ^ 本公演以外にも長野県内の中学校1年生を対象にした公演「子どものための音楽物語」(2019年8月30日、9月2日)にも出演。
  81. ^ 子どものための音楽物語 ピーターと狼”. セイジ・オザワ 松本フェスティバル (2019年6月8日). 2019年9月1日閲覧。
  82. ^ “山崎賢人×百瀬義行監督「二ノ国」声優にムロツヨシ&伊武雅刀 8月23日に公開決定”. 映画.com. (2019年5月24日). https://eiga.com/news/20190524/7/ 2019年5月24日閲覧。 
  83. ^ ムロツヨシ&芳根京子「ボス・ベイビー」で吹替初挑戦!宮野真守、山寺宏一も参加”. 映画ナタリー. 2017年11月22日閲覧。
  84. ^ 内村光良、出世したムロツヨシの変貌にチクリ”. cinemacafe.net (2016年3月17日). 2016年9月9日閲覧。
  85. ^ 本田翼参戦!ムロツヨシ、又吉直樹と即興で物語を披露”. ザテレビジョン (2015年5月31日). 2015年6月1日閲覧。
  86. ^ “ムロツヨシ、新司会に清水ミチコ太鼓判も「役者なんですけど…」”. SANSPO.COM. (2015年4月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150406/geo15040619110016-n1.html 2015年4月7日閲覧。 
  87. ^ ムロツヨシ、生放送MCに初挑戦「流星見ませんか?」”. ザテレビジョン (2016年12月3日). 2017年1月8日閲覧。
  88. ^ ムロツヨシ、紅白&ガキ使W出演 “全力鬼ごっこ”に高評価相次ぐ”. ORICON NEWS. オリコン (2017年12月31日). 2018年1月7日閲覧。
  89. ^ ムロツヨシの“muro式”WOWOWで放送 トーク番組『ムロテレ』もスタート”. ORICON NEWS. オリコン (2017年12月27日). 2018年1月7日閲覧。
  90. ^ 【紅白リハ】ムロツヨシ&嵐・大野『いないいないばあっ!』のワンワンとダンス”. ORICON NEWS. オリコン (2018年12月30日). 2019年1月4日閲覧。
  91. ^ 俳優・ムロツヨシがラジオ初挑戦の文化放送『スパカン!』。初回には中澤裕子と小栗旬がゲスト”. BARKS (2012年4月6日). 2015年4月7日閲覧。
  92. ^ ムロツヨシ WORKS”. OTHER. ASH&Dコーポレーション. 2015年4月12日閲覧。
  93. ^ 東野圭吾のユーモア小説3作品をドラマ化 三上博史・笹野高史・濱田岳主演で3ヶ月連続配信へ”. ORICON NEWS(2012年05月19日). 2017年2月21日閲覧。
  94. ^ 斬新な技法で感動を誘う『ふたりの時計』”. information. 朝日新聞社 (2014年1月24日). 2015年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。
  95. ^ 『朝日新聞』2014年1月25日夕刊(東京本社版)
  96. ^ “笑いの戦争”巻き起こる!ムロツヨシ主演ドラマ配信中”. ザテレビジョン (2016年9月9日). 2016年9月9日閲覧。
  97. ^ 「左江内氏」スピンオフ「小池刑事の鬼の取調室」が撮了!堤真一らも出演していた”. 映画.com (2017年3月17日). 2017年7月26日閲覧。
  98. ^ ムロツヨシ WORKS”. OTHER. ASH&Dコーポレーション. 2014年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。
  99. ^ ムロツヨシ念願の初CMで“深キョン”にデレデレ”. ザテレビジョン (2015年4月7日). 2015年4月9日閲覧。
  100. ^ 西野七瀬、ピザ店長就任”. ORICON (2015年4月20日). 2015年4月21日閲覧。
  101. ^ 「サモンズボード」新テレビCMが7日から放送開始。記念イベントを実施”. 4Gamer.net (2015年11月6日). 2015年11月26日閲覧。
  102. ^ “ムロツヨシさんが「やき おにお」と初共演!『大きな大きな焼きおにぎり』新テレビCM放映のご案内” (プレスリリース), ニッスイ, (2016年5月20日), http://www.nissui.co.jp/news/20160520.html 2017年7月26日閲覧。 
  103. ^ ムロツヨシが3世代の家族を一人四役で熱演!おばあちゃんの姿には“いいね”が一日で10万件突破”. music.jpニュース. エムティーアイ (2017年6月13日). 2017年7月26日閲覧。
  104. ^ 築地一号店物語特設サイト”. Enjoy! 吉野家. 2017年1月19日閲覧。
  105. ^ CMギャラリー”. Panasonic (2017年3月22日). 2017年3月31日閲覧。
  106. ^ ムロツヨシ公式Twitter2017年4月3日の発言
  107. ^ CM・広告情報”. 男性スキンケアのUL・OS(ウル・オス)公式サイト. 大塚製薬 (2017年). 2017年7月26日閲覧。
  108. ^ ムロツヨシの気持ち悪い演技に共演者、スタッフ爆笑”. ザテレビジョン (2017年7月6日). 2017年7月26日閲覧。
  109. ^ CM・動画”. KIRIN (2017年7月24日). 2017年7月25日閲覧。
  110. ^ ムロツヨシ公式Twitter2017年11月1日の発言
  111. ^ 知らない、は、もったいない。”. りそなグループ. りそな銀行 (2017年11月). 2017年11月4日閲覧。
  112. ^ “「みんなMINTIA!」 売上個数&金額No.1※タブレット「MINTIA(ミンティア)」 広告キャラクターに、ムロツヨシさん、満島真之介さん、松岡茉優さん、堀田真由さんを起用!「劇団MINTIA」による新コミュニケーション開始!” (プレスリリース), アサヒグループ食品, (2018年3月1日), http://www.asahi-gf.co.jp/company/newsrelease/2018/0301/ 2018年3月5日閲覧。 
  113. ^ miwa×ハジ→MVは坂口健太郎、高田里穂、ムロツヨシ出演のドラマ仕立て”. 音楽ナタリー (2015年8月15日). 2015年8月16日閲覧。
  114. ^ “ムロツヨシ初の書籍「ムロ本、」発売、全国3都市で握手会も開催”. 映画ナタリー. (2017年2月22日). http://natalie.mu/eiga/news/221489 2017年4月1日閲覧。 
  115. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2018年1月22日閲覧。


「ムロツヨシ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ムロツヨシ」の関連用語

ムロツヨシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ムロツヨシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムロツヨシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS