恋_(星野源の曲)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 恋_(星野源の曲)の意味・解説 

恋 (星野源の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/05 10:17 UTC 版)

」(こい)は、日本のシンガーソングライター星野源の楽曲。2016年10月5日にSPEEDSTAR RECORDSより9枚目のシングルとして発売された。楽曲は自身が出演したTBS系テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌としても使用。




  1. ^ “Billboard JAPAN、2017年年間チャート発表 星野源、欅坂46ら“ロングヒット”目立つ結果に”. Real Sound. (2017年12月8日). http://realsound.jp/2017/12/post-136702.html 2017年12月8日閲覧。 
  2. ^ 「恋」もスタンバイ…行進曲の録音完了”. 毎日新聞. (2017年1月31日)2017年2月24日閲覧。
  3. ^ a b “星野源 逃げ恥「恋」ターニングポイントはトイレ”. 日刊スポーツ. (2017年4月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1807470.html 2017年4月17日閲覧。 
  4. ^ a b c 星野源が語る“イエローミュージック”の新展開「自分が突き動かされる曲をつくりたい」”. リアルサウンド. p. 2 (2016年10月7日). 2016年11月26日閲覧。
  5. ^ a b “星野源、「恋」制作の重圧明かす 「次ヒットしなかったら一発屋と…」”. デイリースポーツ. (2017年4月14日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/14/0010094725.shtml 2017年4月17日閲覧。 
  6. ^ a b 星野 源「恋」レコチョクランキング1位、宇多田ヒカル『Fantome』アルバムランキング首位獲得〜レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2016年10月度発表~”. ORICON (2016年11月4日). 2016年11月10日閲覧。
  7. ^ a b 星野源、ニューシングル「恋」の詳細が解禁に!”. okmusic (2016年9月6日). 2016年11月26日閲覧。
  8. ^ a b 星野源、新曲「恋」が自身出演のTBS系火曜ドラマ主題歌に”. Musicman-NETInformation (2016年8月17日). 2016年8月31日閲覧。
  9. ^ 星野源、ニューシングル『恋』ジャケ写など詳細が発表! 次回の「星野源のオールナイトニッポン」にて初オンエア決定! - T-SITEニュース エンタメ[T-SITE]”. T-SITEニュース (2016年9月6日). 2016年11月10日閲覧。
  10. ^ a b 星野源、シングル「恋」出演ドラマの初回放送に合わせて本日より楽曲配信”. Musicman-NET (2016年10月11日). 2016年12月11日閲覧。
  11. ^ a b 恋/星野源 レンタルCD”. TSUTAYA. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2017年2月5日閲覧。
  12. ^ a b 森朋之 (2016年10月4日). “星野源が新曲「恋」で打ち出した“新たな恋愛観” 10月5日発売の注目新譜5選”. リアルサウンド. 2017年2月6日閲覧。
  13. ^ a b c “「逃げ恥」恋ダンスは、北朝鮮の律動体操っぽい【大ヒットの法則】”. 日刊SPA!. (2016年12月3日). https://joshi-spa.jp/627084 2016年12月13日閲覧。 
  14. ^ a b c 小池宏和 (2016年10月3日). “今週の一枚 星野源『恋』”. RO69. ロッキング・オン. 2016年11月26日閲覧。
  15. ^ a b 最も新しい“歌謡曲”の意味〜宇多田ヒカル「花束を君に」と星野源「恋」”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年1月1日). 2017年2月5日閲覧。
  16. ^ a b c 大森治幸 (2017年1月28日). “選抜高校野球 華やかに会心の「恋」…行進曲もスタンバイ”. 毎日新聞. 2017年1月30日閲覧。
  17. ^ 楽譜: 恋 / 星野源”. ぷりんと楽譜. ヤマハミュージックメディア. 2016年12月20日閲覧。
  18. ^ ヒット続く星野源、下積みが作った自信の理由「ポッと出ではない」”. ORICON NEWS (2018年2月27日). 2018年2月27日閲覧。
  19. ^ a b c 黒田隆憲 (2017年1月14日). “星野源の音楽はなぜ“キャッチーでマニアック”なのか? 「ひらめき」から「恋」まで楽曲分析”. リアルサウンド. pp. 2. 2017年2月5日閲覧。
  20. ^ a b c ジェーン・スー (2016年12月9日). “【逃げ恥】星野源の「恋」が、同性も異性もそれ以外も含んだ、新時代のラブソングである理由”. TBSラジオ. 2016年12月20日閲覧。
  21. ^ 星野源、新垣結衣の魅力は…楽曲「恋」歌詞作りの裏側も明かす”. MusicVoice (2017年4月9日). 2017年4月17日閲覧。
  22. ^ 柴那典 (2016年11月8日). “星野源、Shiggy Jr.、ACC、GOODWARP…「解像度の高い歌詞」を持つJ-POPたち”. リアルサウンド. p. 1. 2017年2月6日閲覧。
  23. ^ 兵庫慎司 (2016年10月4日). “うれしいものだけでできている”. RO69. ロッキング・オン. 2016年11月26日閲覧。
  24. ^ a b c 恋 / 星野源|CHART insight|Billboard JAPAN”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2016年11月26日閲覧。
  25. ^ 【ビルボード】Hi-STANDARD『ANOTHER STARTING LINE』、星野源・セカオワを抑えて1位獲得”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年10月11日). 2016年11月29日閲覧。
  26. ^ 【ビルボード】星野源、ダウンロードと動画再生増で関ジャニ∞を抑え、JAPAN HOT100総合首位 全米77位のピコ太郎、動画再生2,200万回超えで総合3位”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年10月19日). 2016年11月26日閲覧。
  27. ^ 【ビルボード】星野源「恋」、2週連続JAPAN HOT100総合首位”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年10月26日). 2016年11月26日閲覧。
  28. ^ 【ビルボード】Hey!Say!JUMP「Fantastic Time」、27万枚超セールスで星野源とピコ太郎を破りJAPAN HOT100総合首位”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年11月2日). 2016年11月29日閲覧。
  29. ^ 【ビルボード】ピコ太郎急伸、星野源とKinKi Kidsを押さえ、とうとうJAPAN HOT100総合首位獲得”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年11月9日). 2016年11月29日閲覧。
  30. ^ a b 【ビルボード】星野源「恋」4冠でモー娘。を抑えJAPAN HOT100総合首位に返り咲き”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年11月30日). 2016年11月30日閲覧。
  31. ^ a b 【ビルボードジャパン年間チャート 2016】様々な話題があった2016年の音楽シーンをチャートで振り返る”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年12月8日). 2016年12月11日閲覧。
  32. ^ 小池宏和 (2017年1月24日). “星野源×ブルーノ・マーズ、対談を観た! 自身のルーツや共通点など、その内容は濃かった”. ロッキング・オン. 2017年2月6日閲覧。
  33. ^ 【ビルボード】欅坂46「二人セゾン」508,479枚セールスでJAPAN HOT100総合首位 星野源がピコ太郎の週間動画再生回数を抜き同指標1位”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年11月30日). 2016年11月30日閲覧。
  34. ^ a b Billboard Japan Hot 100|Charts|Billboard JAPAN”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年12月14日). 2016年12月14日閲覧。
  35. ^ 【ビルボード】星野源「恋」、21.7万枚セールスの関ジャニを抑え、5冠で4度目のJAPAN HOT100総合首位獲得”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年12月14日). 2016年12月14日閲覧。
  36. ^ a b c 【ビルボード】星野源「恋」勢い止まらず、25.3万枚セールスのHey!Say!JUMPを抑え、再び5冠でJAPAN HOT100総合首位V5達成”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年12月21日). 2016年12月25日閲覧。
  37. ^ a b c d 【ビルボード】星野源「恋」3度目の5冠でJAPAN HOT100総合首位V6獲得”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2016年12月28日). 2017年1月3日閲覧。
  38. ^ 【ビルボード】星野源「恋」なんと6冠で年末年始のJAPAN HOT100総合首位を制す”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年1月6日). 2017年2月8日閲覧。
  39. ^ 【ビルボード】星野源「恋」、舞祭組と仮面女子を抑え5週連続でJAPAN HOT100総合首位獲得”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年1月11日). 2017年2月8日閲覧。
  40. ^ 【ビルボード】星野源「恋」、ミスチルを抑え6週連続でJAPAN HOT100総合首位獲得”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年1月18日). 2017年2月8日閲覧。
  41. ^ a b 【ビルボード】星野源「恋」7週連続でJAPAN HOT100総合首位、「キセキ」2曲がチャート・イン”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年1月25日). 2017年1月30日閲覧。
  42. ^ a b 【ビルボード】星野源「恋」、UVERworldとA.B.C-Zを抑え、JAPAN HOT100総合首位返咲きでV11達成”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年1月6日). 2017年2月8日閲覧。
  43. ^ a b 星野源の9thシングル「恋」が週間2位獲得、表題曲は本日放送開始のドラマ「逃げ恥」主題歌”. music.jp. オリコン (2016年10月11日). 2016年11月26日閲覧。
  44. ^ a b 星野源の9thシングル「恋」が週間2位獲得、表題曲は本日放送開始のドラマ「逃げ恥」主題歌”. オリコン. pp. 4. 2016年12月25日閲覧。
  45. ^ a b 星野源「恋」 日本レコード協会 2016年12月ゴールドディスク認定”. 日本レコード協会 (2017年1月10日). 2017年1月30日閲覧。
  46. ^ a b 星野源「恋」 日本レコード協会 2016年12月有料音楽配信認定”. 日本レコード協会 (2017年1月20日). 2017年1月30日閲覧。
  47. ^ a b 星野源、10/5リリースのニュー・シングル表題曲「恋」のMV公開”. Skream (2016年9月20日). 2016年11月26日閲覧。
  48. ^ a b c 星野源、“恋”MVが公開2ヶ月待たず2000万再生を突破!”. ロッキング・オン (2016年11月8日). 2016年12月20日閲覧。
  49. ^ a b ガッキーの“恋ダンス”がかわいすぎる!ネット上で話題沸騰、視聴率異例のアップ : スポーツ報知”. スポーツ報知 (2016年10月23日). 2016年11月10日閲覧。
  50. ^ 星野源、“恋”MVが公開からわずか1ヶ月で1000万再生を突破!”. ロッキング・オン (2016年10月25日). 2016年12月20日閲覧。
  51. ^ 「逃げ恥恋ダンス」 星野源の「恋」MVが3000万回再生を突破!”. スポニチアネックス (2016年11月20日). 2016年12月20日閲覧。
  52. ^ 星野源、『逃げ恥』主題歌“恋”MVが5000万再生を突破”. ロッキング・オン (2016年12月15日). 2016年12月20日閲覧。
  53. ^ 木村博史 (2016年12月27日). “「逃げ恥ロス」でも恋ダンスが残り続ける理由”. 東洋経済. 2017年1月20日閲覧。
  54. ^ a b 星野源「恋」MV、YouTube再生数が1億回を突破 公開から4ヶ月スピード達成”. オリコン (2017年2月11日). 2017年3月10日閲覧。
  55. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」最優秀アーティストはRADWIMPS! アレキ、星野らも受賞”. ロッキング・オン (2017年2月27日). 2017年3月8日閲覧。
  56. ^ a b “「逃げるは恥だが役に立つ」エンディング「恋ダンス」を図解してしみた「浸透力半端な〜い!」”. エキサイトニュース]]. (2016年11月2日). http://www.exCite.co.jp/News/reviewmov/20161102/E1478052084400.html 2016年12月2日閲覧。 
  57. ^ a b c d “「逃げ恥」ガッキーの“恋ダンス”が悶絶級「ポッキー以来の衝撃」「可愛すぎるなんてもんじゃない」”. モデルプレス]]. (2016年10月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1623161 2016年12月2日閲覧。 
  58. ^ “「逃げ恥」小ネタにも全力「恋ダンス」は星野源と制作陣が思い合致”. スポーツニッポン. (2016年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/01/kiji/K20161101013641030.html 
  59. ^ 「逃げ恥」恋ダンスフルver.再公開、TBS公式YouTube再生記録更新 音楽ナタリー 2016年10月20日
  60. ^ 『逃げ恥』勢いが止まらない! 恋ダンス再生数5000万回突破”. RO69. ロッキング・オン (2016年11月29日). 2016年12月2日閲覧。
  61. ^ “絶好調の「逃げ恥」安住アナ、石田ゆり子、羽生結弦…みんなが“恋ダンス”で盛り上がり、最終回に向けラストスパート”. 産経ニュース]]. (2016年12月16日). p. 1. http://www.sankei.com/west/news/161216/wst1612160046-n1.html 2016年12月20日閲覧。 
  62. ^ 播磨谷拓巳 (2016年11月27日). “逃げ恥「恋ダンス」新バージョン公開! 真野恵里菜、藤井隆らが踊る!!”. BuzzFeed. https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/koi-dance 2016年12月2日閲覧。 
  63. ^ “藤井隆&真野恵里菜らの“キレキレ恋ダンス”が325万再生突破「ハッピーになれる」の声”. モデルプレス. (2016年11月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1640360 
  64. ^ a b “「さすがキレキレ」 藤井隆さんなどの“恋ダンス”、公開1日で300万再生突破”. ITmediaニュース]]. (2016年11月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/28/news115.html 
  65. ^ a b ““恋ダンス”、派遣切り、高齢童貞、パロディー…「逃げ恥」絶好調の要因”. 産経ニュース]]. (2016年12月12日). p. 4. http://www.sankei.com/west/news/161212/wst1612120002-n4.html 2016年12月13日閲覧。 
  66. ^ ““恋ダンス”、派遣切り、高齢童貞、パロディー…「逃げ恥」絶好調の要因”. 産経ニュース]]. (2016年12月12日). p. 3. http://www.sankei.com/west/news/161212/wst1612120002-n3.html 2016年12月13日閲覧。 
  67. ^ 楡田利克 (2016年11月13日). “日本にも浸透し始めたダンスを楽しむ文化 その魅力とは?”. JIJICO. 2016年12月2日閲覧。
  68. ^ 「逃げ恥」新垣結衣&星野源が踊る“恋ダンス”大反響で急遽フル公開 - 音楽ナタリー”. ナタリー (ニュースサイト) (2016年10月13日). 2016年11月10日閲覧。
  69. ^ “「恋ダンス」と「PPAP」、2016年「忘年会」の余興でみんなが “踊ってみた” のはどっち!?”. 時事通信 (ワイズワークスプロジェクト). (2016年12月21日). http://www.jiji.com/jc/article?k=000000009.000013091&g=prt 2017年2月6日閲覧。 [リンク切れ]
  70. ^ a b c d e f “「恋ダンス」異常人気が拡大中 ケネディ大使動画は100万回”. J-CAST]]. (2016年12月21日). http://www.j-cast.com/2016/12/21286688.html?p=all 2016年12月25日閲覧。 
  71. ^ a b c “「逃げ恥」“恋ダンス”踊ってみた動画が一大ブーム キレキレのプロ、完全パロディ…個性溢れる再現続々”. モデルプレス]]. (2016年10月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1628618 2016年12月13日閲覧。 
  72. ^ “「逃げ恥」恋ダンス?千鳥・ノブのざっくりコピーが面白い「ガッキーがやるけぇ可愛いんじゃ!」”. モデルプレス. (2016年11月22日). https://mdpr.jp/news/detail/1638158 2016年12月13日閲覧。 
  73. ^ “話題の“恋ダンス”がアイドルシーンに波及!早くも「うますぎる」と話題の動画が出現”. M-ON!MUSIC. (2016年10月19日). http://www.m-on-music.jp/0000164553/ 2016年12月13日閲覧。 
  74. ^ “【恋ダンス】乃木坂46井上小百合×堀未央奈の「逃げ恥」恋ダンスが可愛い!「めっちゃ癒された」の声”. モデルプレス. (2016年11月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1638933 2016年12月13日閲覧。 
  75. ^ ““恋ダンス”に菊地亜美&大川藍が挑戦!「さすが元アイドル」「2人とも息ピッタリ」と反響”. モデルプレス. (2016年12月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1643586 2016年12月13日閲覧。 
  76. ^ “吉本新喜劇バージョン“恋ダンス”が話題「めっちゃ笑った」「完成度高い」”. モデルプレス. (2016年12月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1643580 2016年12月13日閲覧。 
  77. ^ “夏目三久 「逃げ恥」の「恋ダンス」披露も、失敗し陳謝”. livedoorニュース. (2016年11月1日). http://news.livedoor.com/article/detail/12224096/ 
  78. ^ “羽生結弦選手も「恋ダンス踊ってみた」 織田信成さん、Twitterで動画公開”. ITmedia. (2016年11月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/28/news153.html 2016年12月13日閲覧。 
  79. ^ “安住アナ、石田ゆり子と一緒に「恋ダンス」を披露!”. RBB TODAY. (2016年12月9日). http://www.rbbtoday.com/article/2016/12/09/147795.html 2016年12月13日閲覧。 
  80. ^ “『逃げ恥』の「恋ダンス」、日産ミスフェアレディが踊ってみた(動画)”. ハフィントンポスト. (2016年12月11日). http://www.huffingtonpost.jp/autoblog-japan/koi-dance-nissan_b_13560340.html 2016年12月13日閲覧。 
  81. ^ “「恋ダンス」動画で観光アピール 三島、伊豆両市”. 中日新聞. (2016年12月20日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20161220/CK2016122002000022.html 2016年12月20日閲覧。 
  82. ^ “まさかのアメリカ大使館バージョンの「恋ダンス」 きっかけを聞きました”. BuzzFeed Japan]]. (2016年12月21日). p. 1. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00010005-bfj-int 2016年12月25日閲覧。 
  83. ^ “最終回当日、ケネディ米大使が「恋ダンス」公開!なんと、くまモンも登場!”. RBB TODAY. (2016年12月20日). http://www.rbbtoday.com/article/2016/12/20/148126.html 2016年12月25日閲覧。 
  84. ^ 在日米海兵隊、恋ダンス動画をツイートし「海兵隊さんたち可愛い」「愛すべきダメリカ」と評される”. ねとらぼ. ITMedia (2016年1月27日). 2017年2月6日閲覧。
  85. ^ a b 「恋ダンス」の勢いが止まらない!キティ、ぐでたまらの動画が「可愛すぎ」と話題。ふなっしーも「逃げ恥」ファン!?”. ねとらぼ. ITMedia (2016年12月16日). 2016年12月25日閲覧。
  86. ^ 「逃げ恥」で話題の“恋ダンス” 踊ってみた動画をYouTubeで公開したい人へ向けレーベル側が楽曲使用を許可”. ねとらぼ. ITMedia (2016年11月23日). 2016年12月2日閲覧。
  87. ^ 逃げ恥「恋ダンス」踊ってみた動画が大ブーム ついに公式が楽曲使用を許諾”. KAI-YOU (2016年11月22日). 2017年4月17日閲覧。
  88. ^ 「逃げ恥」“恋ダンス”踊ってみた動画、星野源の楽曲使用に公式コメント 対応に称賛集まる”. モデルプレス (2016年11月23日). 2017年4月17日閲覧。
  89. ^ “恋ダンス踊ってみた動画 ⇒ 星野源の所属レコード会社「削除して」”. ハフィントン・ポスト. (2017年9月1日12時12分). http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/31/koi-dance_a_23193080/ 2017年9月1日閲覧。 
  90. ^ 村上幸将 (2017年2月2日). “星野源、逃げ恥恋ダンス「踊っていない」一問一答”. 日刊スポーツ. 2017年2月5日閲覧。
  91. ^ “TSUTAYA2016年間レンタルランキング発表、アルバム1位はback number「シャンデリア」”. エキサイトニュース (Musicman-NET). (2016年12月1日). http://www.exCite.co.jp/News/music/20161201/Musicman_business63445.html 2016年12月2日閲覧。 
  92. ^ 星野源「恋」がレコチョク週間ランキング10週連続1位を獲得、「アナ雪」超えの最長記録を更新”. Musicman-NET Information (2016年12月21日). 2017年2月6日閲覧。
  93. ^ 星野 源『恋』が3か月連続でレコチョクランキング1位を獲得”. @Dime. p. 1 (2017年1月14日). 2017年2月5日閲覧。
  94. ^ 臼井孝 (音楽マーケッター) (2017年1月13日). “春のセンバツ効果で星野源「恋」はどこまで伸びる? 星野源「恋」がピンク・レディーやチャゲアス級のヒットに”. 日経トレンディ. pp. 2. 2017年1月30日閲覧。
  95. ^ 星野源、“恋“で「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」を受賞!”. ロッキング・オン (2017年2月27日). 2017年3月10日閲覧。
  96. ^ 星野源だけじゃなく意外なアノ人の楽曲も? 春のセンバツ・行進曲の“編曲の妙””. オリコン. 2016年1月25日閲覧。
  97. ^ 〜春の高校野球大会期間中、甲子園駅限定〜「星野 源」の「恋」が 列車接近メロディになります (PDF)”. 阪神電気鉄道 (2017年3月15日). 2017年3月15日閲覧。
  98. ^ “chay、星野源「恋」など名曲をカバー 大阪で初の試み”. モデルプレス. (2017年1月26日). https://mdpr.jp/music/detail/1658501 2017年2月1日閲覧。 
  99. ^ 星野源が話題の『逃げ恥』主題歌を初披露&大トリを務めた“ビクターロック祭り”、「MBS SONG TOWN」で放送”. music.jp (2016年10月27日). 2016年12月13日閲覧。
  100. ^ 渡辺満理奈 (2016年10月15日). “星野源、セカオワら出演! 昨日のMステが最高だったのでレポートします”. RO69. ロッキング・オン. 2016年12月13日閲覧。
  101. ^ 〈速報〉「逃げ恥」星野源、Mステ特番で「恋ダンス」生披露”. 朝日新聞デジタル (2016年12月23日). 2016年12月25日閲覧。
  102. ^ “【紅白】「逃げ恥」コンビ再会 ガッキーはにかみながら「恋ダンス」披露「やるしかないと…」”. スポーツ報知. (2017年1月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170101-OHT1T50103.html 2017年1月7日閲覧。 
  103. ^ 小池宏和 (2017年2月2日). “【完全レポ】星野源、2017年初ライブ「YELLOW PACIFIC」のすべてを振り返る!”. ロッキング・オン. 2017年2月5日閲覧。
  104. ^ a b mora. “恋/星野源”. レーベルゲート. 2016年12月2日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「恋_(星野源の曲)」の関連用語

恋_(星野源の曲)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

30形

センダイムシクイ

大石家先祖追善法要

FM 11AD2+

チェーンステッチ

リフレックス

鉄鉱石船

清水灯台





恋_(星野源の曲)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恋 (星野源の曲) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS