残響散歌/朝が来るとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 残響散歌/朝が来るの意味・解説 

残響散歌/朝が来る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 08:25 UTC 版)

残響散歌/朝が来る』(ざんきょうさんか / あさがくる)は、2022年1月12日SACRA MUSICより発売されたAimer両A面シングル。表題曲はそれぞれテレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』のOPテーマ、EDテーマに起用されている。CDリリースに先駆け、2021年12月6日に「残響散歌」が先行配信された。


  1. ^ Hot 100”. Billboard Japan (2021年12月15日). 2021年12月17日閲覧。
  2. ^ Streaming Songs”. Billboard Japan (2021年12月15日). 2021年12月17日閲覧。
  3. ^ Download Songs”. Billboard Japan (2021年12月15日). 2021年12月17日閲覧。
  4. ^ Hot 100”. Billboard Japan (2022年1月19日). 2022年1月22日閲覧。
  5. ^ Streaming Songs”. Billboard Japan (2022年1月19日). 2022年1月22日閲覧。
  6. ^ Download Songs”. Billboard Japan (2022年1月19日). 2022年1月22日閲覧。
  7. ^ オリコン週間 シングルランキング 2022年01月24日付”. oricon ME. 2022年1月19日閲覧。
  8. ^ テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編はLiSA、遊郭編はAimerがOP・EDテーマ担当”. 音楽ナタリー (2021年9月25日). 2021年12月6日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g LiSAからAimerへ、『鬼滅の刃』遊郭編に引き継がれた作品愛 「残響散歌」から紐解く”. Real Sound|リアルサウンド (2021年12月11日). 2022年1月3日閲覧。
  10. ^ 【ビルボード】Aimer「残響散歌」ダウンロード、ストリーミング1位で総合首位獲得 King Gnu「一途」は総合4位に初登場”. Billboard Japan (2021年12月15日). 2021年12月17日閲覧。
  11. ^ 【ビルボード】JO1「僕らの季節」516,603枚を売り上げ、総合首位獲得”. Billboard JAPAN (2021年12月22日). 2021年12月22日閲覧。
  12. ^ 【ビルボード】Aimer「残響散歌」ストリーミングと動画再生1位で総合首位に返り咲き back number「クリスマスソング」総合7位に”. Billboard JAPAN (2022年1月5日). 2022年1月7日閲覧。
  13. ^ 1/24付週間シングルランキング1位はAimerの「残響散歌/朝が来る」”. ORICON NEWS (2022年1月21日). 2022年1月26日閲覧。
  14. ^ 【ビルボード】Aimer「残響散歌」総合ソング首位奪還でV3達成”. Billboard JAPAN (2022年1月19日). 2022年1月22日閲覧。
  15. ^ 2021年度デジタルシングル最高初動
  16. ^ 1月度ダウンロード認定~Aimer「残響散歌」、SPYAIR「RAGE OF DUST」がプラチナ認定に”. PR TIMES (2022年2月11日). 2022年2月19日閲覧。
  17. ^ a b 週間デジタルシングル 2022/02/21付”. you大樹 (2022年2月16日). 2022年2月21日閲覧。


「残響散歌/朝が来る」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  残響散歌/朝が来るのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

残響散歌/朝が来るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



残響散歌/朝が来るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの残響散歌/朝が来る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS