One_Last_Kissとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > One_Last_Kissの意味・解説 

One Last Kiss

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 16:51 UTC 版)

One Last Kiss』(ワン・ラスト・キス)は、2021年3月9日に、配信限定シングルとしてリリースされた宇多田ヒカルの楽曲。同年3月10日に発売された同名のEPにも収録された。本楽曲は、2021年3月8日に公開されたアニメ映画シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』のテーマソングに起用された。また、イギリスレーベルPC Music英語版の設立者で、チャーリー・XCXらとの作品でも知られる音楽プロデューサーA. G. Cook英語版が共同プロデュースで参加している。レコーディングミキシングのエンジニアは、スティーヴ・フィッツモーリスが務めた。




  1. ^ [宇多田ヒカル] 映画版ヱヴァに新曲主題歌を提供”. 音楽ナタリー (2007年6月29日). 2020年12月9日閲覧。
  2. ^ eiga.com (2009年6月29日). “「ヱヴァンゲリヲン:破」公開。新宿は徹夜組も出て大盛況!”. 2009年6月30日閲覧。
  3. ^ 宇多田ヒカル、久々の新曲は「ヱヴァQ」テーマソング”. ナタリー. ナターシャ (2012年11月17日). 2012年11月17日閲覧。
  4. ^ 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2021年1月23日公開! (1/2)”. ねとらぼ (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  5. ^ hikki_staffのツイート(1336325821259075586 )
  6. ^ 宇多田ヒカルの新曲流れる「シン・エヴァンゲリオン劇場版」本予告公開”. 音楽ナタリー (2020年12月25日). 2020年12月26日閲覧。
  7. ^ 宇多田ヒカル 1月27日発売「One Last Kiss」発売延期のお知らせ”. Hikaru Utada Official Website (2021年1月14日). 2021年1月14日閲覧。
  8. ^ 「エヴァ」公開日と宇多田ヒカルの新曲発売日が決定”. 音楽ナタリー (2021年2月26日). 2021年2月26日閲覧。
  9. ^ utadahikaruのツイート(1378156202069229569)
  10. ^ 宇多田ヒカルの新曲にA.G.クックが参加”. 音楽ナタリー (2021年3月8日). 2021年3月8日閲覧。
  11. ^ 宇多田ヒカル「One Last Kiss」の共同プロデューサー、A. G. Cookとはどんな人物なのか? その正体に迫る”. block.fm (2021年3月24日). 2021年4月1日閲覧。
  12. ^ 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」予告編、初号機と13号機が“槍”を手に戦うシーンが激アツ過ぎ”. ねとらぼ (2020年12月25日). 2021年2月1日閲覧。
  13. ^ a b c d e Hikaru Utada Gives 'Evangelion' One Last Kiss”. MuuMuse (2021年3月9日). 2021年2月1日閲覧。
  14. ^ a b c 走馬灯のような、餞のような”. rockin'on.com (2021年3月31日). 2021年4月1日閲覧。
  15. ^ yuma yamaguchi、坂本真綾×堂島孝平、安田レイ feat. H ZETTRIO、宇多田ヒカル……Mikiki編集部員が今週オススメの邦楽曲”. Mikiki (2021年3月9日). 2021年2月1日閲覧。
  16. ^ 宇多田ヒカル「One Last Kiss」、庵野秀明が手掛けたミュージックビデオが公開”. SPICE (2021年3月11日). 2021年2月1日閲覧。
  17. ^ a b 宇多田ヒカル、新曲「One Last Kiss」MV公開後約12時間で100万回再生 夏に海外盤LPリリース”. Billboard Japan (2021年3月9日). 2021年3月9日閲覧。
  18. ^ a b 宇多田ヒカル、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマ・ソング“One Last Kiss”複数配信サービスにて総合ランキング1位獲得。世界18ヶ国/地域のランキングでも自己最高記録を更新”. TOWER RECORDS (2020年3月11日). 2021年2月1日閲覧。
  19. ^ hikki_staffのツイート(1371452893962727425)
  20. ^ 宇多田ヒカル、エヴァ主題歌が初登場1位! 番組33年で3曲目の快挙【最新チャート】”. radiko news (2021年3月24日). 2021年4月1日閲覧。
  21. ^ 『エヴァ』×宇多田ヒカルの14年を辿る 「One Last Kiss」が告げる美しい世界の終幕”. Real Sound (2021年3月21日). 2021年4月1日閲覧。
  22. ^ a b c d 宇多田ヒカル、自身初のデジタル2部門同時1位 ともに今年度最高週間DL数を記録【オリコンランキング】”. オリコンニュース (2021年3月17日). 2021年2月1日閲覧。
  23. ^ a b 【ビルボード】KAT-TUN「Roar」196,322枚を売り上げ初登場総合首位、宇多田ヒカル「One Last Kiss」総合2位に初登場”. Billboard Japan (2021年3月17日). 2021年2月1日閲覧。
  24. ^ a b 宇多田ヒカル「One Last Kiss」、2週連続デジタル2部門同時1位【オリコンランキング】”. オリコンニュース (2021年3月24日). 2021年4月1日閲覧。
  25. ^ 【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」約10年4か月ぶりに総合首位に”. Billboard Japan (2021年3月24日). 2021年4月1日閲覧。
  26. ^ 【ビルボード】宇多田ヒカル「One Last Kiss」DLソング3週連続No.1、スピッツ「紫の夜を越えて」初登場2”. Billboard Japan (2021年3月31日). 2021年4月1日閲覧。
  27. ^ “「シンエヴァ」総監督・庵野氏が手掛ける「One Last Kiss」MVがYouTubeで公開”. GAME Watch (インプレス). (2021年3月9日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1310699.html 2021年3月9日閲覧。 
  28. ^ 宇多田ヒカル「戦慄」長男も撮影のPVが2千万回超”. 日刊スポーツ (2021年3月28日). 2021年3月28日閲覧。
  29. ^ khara_incのツイート(1371457958735794180)
  30. ^ 【YouTubeチャート】レミオロメン「3月9日」卒業式の定番曲がTOP30入り”. オリコンニュース (2021年3月17日). 2021年2月1日閲覧。
  31. ^ 宇多田ヒカルSTAFF ツイート”. Twitter (2021年3月31日). 2021年4月1日閲覧。
  32. ^ Hot 100 [ 2021/03/29 付け ]”. Billboard Japan. 2021年4月1日閲覧。
  33. ^ Download Songs [ 2021/03/29 付け ]”. Billboard Japan. 2021年4月1日閲覧。
  34. ^ Streaming Songs [ 2021/03/22 付け ]”. Billboard Japan. 2021年4月1日閲覧。
  35. ^ Hot Animation [ 2021/03/29 付け ]”. Billboard Japan. 2021年4月1日閲覧。
  36. ^ 【ビルボード HOT BUZZ SONG】宇多田ヒカル「One Last Kiss」が首位 YOASOBI「優しい彗星」が急上”. Billboard Japan (2021年3月20日). 2021年4月1日閲覧。
  37. ^ One Last Kiss - Hikaru Utada”. Billboard. 2021年4月1日閲覧。
  38. ^ One Last Kiss - Hikaru Utada”. Billboard. 2021年4月1日閲覧。
  39. ^ One Last Kiss - Hikaru Utada”. Billboard. 2021年4月1日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「One_Last_Kiss」の関連用語

One_Last_Kissのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



One_Last_Kissのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのOne Last Kiss (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS