シン・エヴァンゲリオン劇場版とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > シン・エヴァンゲリオン劇場版の意味・解説 

シン・エヴァンゲリオン劇場版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 02:09 UTC 版)

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』( シン・エヴァンゲリオンげきじょうばん/ EVANGELION:3.0 +1.0 Thrice Upon A Time)は、2020年に公開予定の日本アニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の第4作目にあたる。略称は「シン・エヴァ」。




注釈

  1. ^ 英語版では「After that, and THE END. NOT and ANTI. EVANGELION:3.0+1.0 in production by studio khara」と表記された。
  2. ^ 庵野と配給会社の関係は、東宝が『シン・ゴジラ』以来で『エヴァ』の配給は初めてとなり、東映が『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』以来23年ぶりの配給となる[10]
  3. ^ この場合の「打ち入り」は、作品の製作開始を記念して行う催しを意味する。
  4. ^ 「『エヴァ』は知っているが、観たことがないという若い世代にも、観てもらいたい」という制作サイドの思いから子供の視聴が意識され、『特報2』の最後では「西暦2020年6月公開」と表示されていたテロップが『特報2.5』では「来年 6月公開 お楽しみに!」と柔らかい表現になり、ルビが振られている[28][29]
  5. ^ 英語版では「Bye-bye, all of EVANGELION.」と表記された。
  6. ^ 「市街地を走る単線線路の向こう側の踏切に人が佇む」という構図であるが、線路の分岐や踏切の表示から、庵野の出身地である山口県宇部市のJR宇部線宇部新川駅構内から上り方面(琴芝駅側)を向いた構図とほぼ一致しているとネット上や宇部市関係者の間で言及されている[43]
  7. ^ ジェイムズ・P・ホーガンの長編SF小説『未来からのホットライン英語版』の原題と同名。

出典

  1. ^ a b c 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開延期のお知らせ”. エヴァンゲリオン公式サイト (2020年4月17日). 2020年4月17日閲覧。
  2. ^ “映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』英字ロゴはあの人の手書きだった”. 電撃オンライン (KADOKAWA Game Linkage). (2020年4月22日). https://dengekionline.com/articles/33835/ 2020年4月24日閲覧。 
  3. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』及びゴジラ新作映画に関する庵野秀明のコメント 株式会社カラー。なお、『ゴジラ』新作映画の詳細については『シン・ゴジラ』の記事を参照。
  4. ^ 庵野秀明、エヴァファンに謝罪!『ゴジラ』完成報告で シネマトゥデイ 2016年7月19日
  5. ^ 庵野秀明『シン・ゴジラ』続編どうする?『シン・エヴァ』は「頑張っています」 シネマトゥデイ 2016年9月16日
  6. ^ 株式会社カラー [@khara_inc] (2017年4月5日). "『シン・エヴァ』の打ち合わせ。鋭意制作中です!" (ツイート). Twitterより2018年7月21日閲覧
  7. ^ エヴァ公式サイトに新作のイメージボード 「非、そして反」の意味は? ねとらぼ 2017年7月29日
  8. ^ 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2020年公開 特報解禁 ねとらぼ 2018年7月20日
  9. ^ (株)カラー2号機 [@khara_inc2] (2018年7月20日). "さて。大変お待たせしています。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』2020年公開となりました。業界的な話になりますが、今作は東宝さん東映さんとの共同配給をさせて頂きます。両社のマークを映画冒頭に並べるというのは、庵野の長年の夢だったそうです。叶いました。では特報のネタバレをします🤗" (ツイート). Twitterより2018年7月21日閲覧
  10. ^ 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」特報は8月31日まで上映 東宝、東映、カラーの3社共同配給で2020年公開 ねとらぼ 2018年7月20日
  11. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報公開 エヴァンゲリオン公式サイト 2018年7月20日
  12. ^ ‬『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報を公式サイトにアップしました エヴァンゲリオン公式サイト 2018年7月26日
  13. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報 盗撮行為及びアップロードについて 株式会社カラー公式サイト 2018年7月26日
  14. ^ 7月29日ワンダーフェスティバル2018[夏]「特設 エヴァンゲリオンブース」登場! エヴァインフォ公式サイト 2018年7月29日
  15. ^ エヴァインフォ公式 [@eva_information] (2018年7月29日). "本日開催のワンダーフェスティバル2018、3ホールの特設エヴァンゲリオンブース!!「シン・エヴァンゲリオン劇場版」特報&残テMVを上映。8号機初期形状検討用3D出力模型も特別に展示中!!海洋堂様、突然の展示以来にご対応頂きありがとうございます!!#wf2018" (ツイート). Twitterより2020年4月17日閲覧
  16. ^ 緒方恵美 [@Megumi_Ogata] (2018年10月19日). "「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の、収録についての事前打ち合わせをしに、スタジオカラーさんに来ました。庵野さん、鶴巻さん始めメインスタッフの皆様と、いろいろお話しして来ましたよ(役者は私だけでしたが)。動いてるよ。シンエヴァ。…お楽しみに…!!" (ツイート). Twitterより2018年11月2日閲覧
  17. ^ evangelion_official [@evangelion_co] (2019年1月31日). "シン・エヴァンゲリオン劇場版の打ち入りをおこないました。来てくださった皆様、キャストの皆様、本当にありがとうございます。頑張ってつくります!" (ツイート). Twitterより2019年6月24日閲覧
  18. ^ “「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』アフレコも始まりました」公式が台本の画像とともにツイートし反響”. ガジェット通信. (2019年3月20日). https://getnews.jp/archives/2135002 2020年4月17日閲覧。 
  19. ^ a b 7/6最新映像公開!『シン・エヴァンゲリオン劇場版AVANT1(冒頭10分40 秒00 コマ)0706 版』、世界同時上映決定! #0706作戦”. エヴァ・インフォメーション (2019年6月21日). 2019年6月21日閲覧。
  20. ^ a b 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」アバン10分40秒分を7月6日に世界同時上映”. コミックナタリー (2019年6月21日). 2019年6月21日閲覧。
  21. ^ エヴァ初の公式アプリ『EVA-EXTRA』配信開始!”. エヴァンゲリオン公式サイト (2019年7月1日). 2019年7月1日閲覧。
  22. ^ 0706作戦”. エヴァンゲリオン公式サイト (2019年7月11日). 2020年4月17日閲覧。
  23. ^ #0706作戦 札幌・東京2カ所・名古屋・大阪・博多 日本5都市6会場にて開催!仏ステージに碇シンジ役・緒方恵美さん登壇&日本へ生中継決定!”. エヴァ・インフォメーション (2019年7月1日). 2019年7月6日閲覧。
  24. ^ 0706作戦 実施会場詳細”. エヴァンゲリオン公式サイト (2019年7月6日). 2019年7月6日閲覧。
  25. ^ “『シン・エヴァンゲリオン』アフレコの進行度は? 緒方恵美さんが明かす”. 電撃オンライン (KADOKAWA). (2019年7月8日). https://dengekionline.com/articles/5564/ 2019年7月8日閲覧。 
  26. ^ 2020年6月公開『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2公開中”. エヴァンゲリオン公式サイト (2019年7月19日). 2019年7月19日閲覧。
  27. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』2020年6月公開決定!全国の映画館で“特報2”公開中”. ファミ通.com (2019年7月19日). 2019年7月19日閲覧。
  28. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2.5公開”. エヴァンゲリオン公式サイト (2019年8月9日). 2019年8月10日閲覧。
  29. ^ 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」8号機γの新規カットも収めた“特報2.5””. コミックナタリー (2019年8月9日). 2019年8月10日閲覧。
  30. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭 10 分 40 秒 00 コマ) 0706 版』使用劇伴音楽(BGM)集 映像音源と同フォーマット(ハイレゾ)配信開始!”. エヴァンゲリオン公式サイト (2019年8月28日). 2019年9月16日閲覧。
  31. ^ 「シン・エヴァンゲリオン」冒頭映像の劇伴音楽集をハイレゾ音源で配信”. 音楽ナタリー (2019年8月28日). 2019年9月16日閲覧。
  32. ^ 直筆作文と履歴書で君の“エヴァ愛”を問う!エヴァ愛No.1選手権〜わたしとエヴァンゲリオン〜開催決定!!BS日テレ「NERV購買部第4BS出張所」で開催!”. エヴァ・インフォメーション (2019年9月13日). 2019年9月16日閲覧。
  33. ^ 「シン・エヴァンゲリオン」“なる早”鑑賞権争奪戦!エヴァ愛No.1選手権が開催”. 映画ナタリー (2019年9月13日). 2019年9月16日閲覧。
  34. ^ “『シンカリオン』と『エヴァ』コラボ再び! あの次回予告をオマージュ”. KAI-YOU (カイユウ). (2019年11月22日). https://kai-you.net/article/69473 2019年12月26日閲覧。 
  35. ^ “『シンカリオン』佐倉綾音と『エヴァ』緒方恵美が新録 コラボ第2弾は劇場で”. KAI-YOU (カイユウ). (2019年12月23日). https://kai-you.net/article/70373 2019年12月26日閲覧。 
  36. ^ 大新宿方面作戦・第一弾始動!!シン・エヴァンゲリオン劇場伝言板AR出現計画”. エヴァ・インフォメーション (2019年12月20日). 2019年12月29日閲覧。
  37. ^ ※重要※ ARテキストアート表示機能リリースのお知らせ”. エヴァンゲリオン公式サイト (2019年12月25日). 2019年12月29日閲覧。
  38. ^ エヴァ初号機のアートを新宿ミラノ座跡地で公開、作者が鑑賞ポイント語る”. 映画ナタリー (2019年12月25日). 2019年12月29日閲覧。
  39. ^ “「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は6月27日公開、前売り特典も明らかに”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月27日). https://natalie.mu/eiga/news/361281 2020年4月17日閲覧。 
  40. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開日決定、グッズ付きムビチケカードが予約開始”. エヴァ・インフォメーション (2019年12月27日). 2019年12月29日閲覧。
  41. ^ 「シン・エヴァ」公開日は2020年6月27日に 3万6000円の新2号機フィギュア付き前売り券など予約受付”. ITmedia NEWS (2019年12月25日). 2019年12月29日閲覧。
  42. ^ 緒方恵美 [@Megumi_Ogata] (2020年2月25日). "【本日】「シン・エヴァンゲリオン劇場版」、本編すべての収録終了!…といいつつそのまま大団円じゃない。リテイクもいろいろあるらしいし、それにもまして私個人には未体験の試練が残されることに。それも含めて、やっぱり #エヴァ 。公開の、最後の瞬間までベストを尽くします。待ってて下さい。" (ツイート). Twitterより2020年3月17日閲覧
  43. ^ “エヴァンゲリオン新作に宇部市?公式ビジュアル似てると話題 「登場あれば」地元期待”. 山口新聞. (2020年5月11日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/e-yama/articles/9852 2020年5月19日閲覧。 
  44. ^ “『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開延期…公式サイトに新ビジュアル&サブタイ”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2020年4月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115470 2020年4月17日閲覧。 
  45. ^ “「シン・エヴァ」新ビジュ&スタッフ情報公開、庵野秀明「不撓不屈の精神で」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年4月17日). https://natalie.mu/comic/news/375881 2020年4月18日閲覧。 


「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の関連用語

シン・エヴァンゲリオン劇場版のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シン・エヴァンゲリオン劇場版のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシン・エヴァンゲリオン劇場版 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS