トップをねらえ!とは?

トップをねらえ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 01:49 UTC 版)

トップをねらえ!』(Aim for the Top GunBuster)は、1988年ガイナックスにより1話30分、全6話のOVAとして製作・販売されたSFロボットアニメである。第21回(1990年度)星雲賞メディア部門受賞。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。




注釈

  1. ^ ただし眠田は本名を公開していない。
  2. ^ 実在しない架空の学校である。企画の岡田斗司夫の出身校が、一文字違いの大阪市立三稜中学校であった。
  3. ^ 後に離婚。ただし岡田が夫婦と言う関係の意義について、フロン執筆時に意識の転換を行ったため。
  4. ^ 漫画『アストロ球団』に登場するジャコビニ流星打法に由来。
  5. ^ ただし、アマノはオオタとのデュエットで「男と女のラブゲーム」を第3話のアバンタイトルで披露しており、その時の歌唱力は普通に巧かった。
  6. ^ 原理は不明だが、音波を浴びた宇宙怪獣は踊りながら逃げていく。
  7. ^ 建造中止された同型艦と言うと、3番艦用の船体を使用しているととれる表記となるが、確定している事はヱルトリウム級が最低2隻建造された事と、14282年に稼動可能なように見える同型の艦が発見されている事だけである。コミックにおいてアレクシオンが起動する前の段階で、既に地球の科学技術は衰退しており、単素粒子船体の製造技術は失われている。シリウスを目的地として出発しており、後の時代に搭載されていたグレートガンバスターがシリウスに到着している事が確認されている。
  8. ^ トップ世界では、後述の架空の惑星と共に冥王星も惑星として認められており、更に惑星の判定基準は新旧いずれの現実世界での基準とも厳密には異なる。具体的には、トップ2では、天然の旧雷王星は残存核と呼ばれ、ブラックホールエグゼリオが新惑星とされている。従って「木星」と言う名前の(太陽公転)軌道都市なのではなく、ヱルトリウム級の艦体を利用した軌道都市は、木星である。
  9. ^ 同名の組織が『新世紀エヴァンゲリオン』にも登場している。
  10. ^ 後部から見ると、ヱクセリオン級は船殻が半円状になっているが、ツインヱクセリオン級は左右非対称な菱形となっている。
  11. ^ 現実世界では2012年CERNによって存在が確認された。
  12. ^ a b 岡田は名義を貸し実際には山賀が執筆。
  13. ^ 『トップをねらえ! Vol.3』のVHS/レーザーディスク版に映倫マークがついているのはこのため。
  14. ^ 【例】劇場版の「科学講座」では「『宇宙船』や『アニメージュ』を創刊から廃刊まで揃えています」となっていたものが、テープメディア/レーザーディスク版では「廃刊まで」が削除されている。

出典

  1. ^ a b c オトナアニメ』vol.21、洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年8月8日、44-45,111頁。ISBN 978-4-86248-772-8
  2. ^ 『オタク学入門』粋の眼 -3 美少女キャラの文脈”. 未来編集研究所. 2016年1月15日閲覧。
  3. ^ クイック・ジャパン』Vol.18、太田出版、1998年3月。ISBN 4-87233-374-8
  4. ^ 第4話。
  5. ^ 第5話。
  6. ^ a b 最終話。
  7. ^ 最終話での彼の墓標が映るシーンより。
  8. ^ 公式設定資料集「コンプリートガンバスター」より。
  9. ^ BSアニメ夜話における考案者の岡田斗司夫の発言から。
  10. ^ イは左右反転





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トップをねらえ!」の関連用語

トップをねらえ!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トップをねらえ!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトップをねらえ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS