ソニー・コンピュータエンタテインメントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 港区 (東京都)の企業 > ソニー・コンピュータエンタテインメントの意味・解説 

ソニー・コンピュータエンタテインメント

別名:株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
【英】Sony Computer Entertainment, SCE, SCEI

ソニー・コンピュータエンタテインメントとは、家庭用ゲーム関連の開発・販売行っている企業の名称である。正式名称は「株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント」で、一般的にはSCEI」や「SCE」の略称で呼ばれている。家庭用ゲーム機PlayStationシリーズメーカーとして特に有名である

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、ソニー・ミュージッエンタテインメントの関係者らによって1993年11月設立された。1994年12月3日初代機PlayStation」を発売して記録的な成功収め比較後発参入ながらトップシェアを争う企業となった

その後2000年3月に「PlayStation 2」を発売し2006年11月には「PLAYSTATION 3」を発売した抜群の本体性能充実したソフトウェアの展開などによって、世界的に大きな影響力を持つようになっている

1999年より代表取締役に就任している久夛良木 健(くたらぎけん)は、今日ではプレイステーションの父」と称されている。ソニー・コンピュータエンタテインメントは、アメリカ、ヨーロッパをはじめ世界中に展開する一大企業となっている。


参照リンク
Sony Computer Entertainment, Inc.

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

(ソニー・コンピュータエンタテインメント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 13:34 UTC 版)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント: Sony Interactive Entertainment 略称: SIE)は、日本多国籍コングロマリットであるソニーグループの多国籍ビデオゲーム・デジタルエンタテインメント企業である。


注釈

  1. ^ 2013年1月に北米リサーチ会社IDCからPS3の世界販売台数が7700万台となり、Xbox360の7600万台を追い越したとの統計が発表になった。Wiiの世界販売台数(2013年3月31日時点)は(“任天堂株式会社 連結販売実績数量推移表 Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.)によると9984万台。

出典

  1. ^ a b c SIE 会社概要”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2017年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 令和3年度決算公告、2022年(令和4年)6月29日付「官報」(号外第140号)233頁。
  3. ^ a b SIE Company Profile”. Sony Interactive Entertainment Inc.. 2019年8月3日閲覧。
  4. ^ Ritsuko Kawai (2016年1月28日). “何故ソニーはゲーム部門の拠点を欧米へ移したのか、スマホの波に飲み込まれた国内市場のコンソール離れ”. AUTOMATON. 株式会社アクティブゲーミングメディア. 2022年2月10日閲覧。
  5. ^ a b 「ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC」 設立のお知らせ”. ソニー・コンピュータエンタテインメント、ソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナル (2016年1月26日). 2017年3月22日閲覧。
  6. ^ Introducing the 500 Million Limited Edition PS4 Pro, Commemorating 500 Million Systems Sold” (2018年8月9日). 2021年1月25日閲覧。
  7. ^ 第48回 丸山 茂雄氏”. musicman-net. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.. 2014年11月28日閲覧。
  8. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年5月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年12月26日閲覧。
  9. ^ PSP「プレイステーション・ポータブル」専用タイトル開発環境をさらに強化~PSP向けグラフィック描画ツールを今春より提供開始~” (日本語). ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010年3月10日). 2013年2月2日閲覧。
  10. ^ バンダイナムコは子会社社長を降格、SCEは実質解体 惨状を極めるゲーム業界の未来を考える”. ダイヤモンド・オンライン (2010年4月5日). 2022年5月1日閲覧。
  11. ^ “ゲームソフトウェア開発力のさらなる強化に向け、米国Sucker Punch Productionsを買収” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment, (2011年8月2日), https://www.sie.com/corporate/release/2011/110802.html 2014年5月26日閲覧。 
  12. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア 「中国語ローカライズセンター」を台北にて本格稼働開始” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア, (2012年5月24日), https://www.sie.com/corporate/release/2012/120524.html 2014年11月20日閲覧。 
  13. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国Gaikai Inc.を買収” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment Inc., (2012年7月2日), https://www.sie.com/corporate/release/2012/120702.html 2014年11月20日閲覧。 
  14. ^ PlayStation延長保証サービス公式サイト”. SCE (2013年1月15日). 2013年3月25日閲覧。
  15. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメント「プレイステーション 4」(PS4™)発表” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment Inc., (2013年2月21日), https://www.sie.com/corporate/release/2013/130221c.html 2014年11月20日閲覧。 
  16. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントとユニティ・テクノロジーズ、戦略的提携について合意「プレイステーション」向け「Unity」の提供を通じ、あらゆる開発者様の効率的なコンテンツ開発をサポート” (プレスリリース), SCE, (2013年3月22日), https://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20130322_unity.html 
  17. ^ “人事・組織変更のお知らせ” (プレスリリース), SCE, (2013年4月1日), https://www.sie.com/corporate/release/2013/130401.html 
  18. ^ “PS4本体の発売日やローンチタイトル情報など,今後の展開が大々的に発表された「SCEJA Press Conference 2013」詳報”. 4Gamer.net (Aetas, Inc.). (2013年9月9日). https://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130910065/ 2014年11月20日閲覧。 
  19. ^ a b 2014 International CES(国際家電ショー)オープニングキーノート”. Sony. 2014年11月20日閲覧。
  20. ^ “ソニーが中国でプレステ販売へ、上海貿易試験区に合弁2社設立”. ロイター. トムソン・ロイター. (2014年5月26日). https://jp.reuters.com/article/sony-idJPKBN0E604R20140526 2014年5月26日閲覧。 
  21. ^ 上海东方明珠(集团)股份有限公司 关于与索尼(中国)成立合资公司的提示性公告 (PDF)” (中国語(簡体字)). 上海东方明珠(集团)股份有限公司 (2014年5月26日). 2014年5月26日閲覧。
  22. ^ “ソニー・ネットワークエンタテインメントとソニー・コンピュータエンタテインメント 革新的なテレビの視聴体験を実現するクラウドベースの新しいテレビサービス「プレイステーション ヴュー」概要発表” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment Inc., (2014年11月13日), https://www.sie.com/corporate/release/2014/141113b.html 2014年11月20日閲覧。 
  23. ^ 2014年1月のCES 2014で同様のサービスの提供予定を発表済み[19]
  24. ^ “社名変更のお知らせ” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2016年1月26日), https://www.sie.com/corporate/release/2016/160126b.html 2016年1月26日閲覧。 
  25. ^ 2015年度有価証券報告書 (PDF)”. ソニー. 2017年3月22日閲覧。
  26. ^ 株式会社フォワードワークス 設立のお知らせ
  27. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新経営体制について”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017年10月3日). 2017年10月5日閲覧。
  28. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新経営体制について (PDF)”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019年2月12日). 2019年4月5日閲覧。
  29. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Insomniac Gamesを買収へ”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2019年10月5日閲覧。
  30. ^ 「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売 | PlayStation.Blog” (日本語). 「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売 | PlayStation.Blog. 2019年10月9日閲覧。
  31. ^ 次世代コンソールゲーム機 「プレイステーション 5」に名称決定 2020年年末商戦期に発売”. www.sie.com. 2019年10月9日閲覧。
  32. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメントとeスポーツ事業を営む RTSがThe Evolution Championship Series(Evo)を共同買収”. 2022年7月25日閲覧。
  33. ^ a b “ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Housemarque社を買収” (プレスリリース), ソニー・インタラクティブエンタテインメント, (2021年6月29日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2021/210629.html 2021年6月29日閲覧。 
  34. ^ a b “ソニー・インタラクティブエンタテインメント、NIXXES社を買収” (プレスリリース), ソニー・インタラクティブエンタテインメント, (2021年7月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2021/21070101.html 2021年7月2日閲覧。 
  35. ^ “親会社変更に関するお知らせ” (プレスリリース), 株式会社フォワードワークス, (2021年8月3日), https://forwardworks.com/news/20210803-01/ 2022年2月4日閲覧。 
  36. ^ a b “ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Firesprite社を買収” (プレスリリース), ソニー・インタラクティブエンタテインメント, (2021年9月8日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2021/210908.html 2021年9月12日閲覧。 
  37. ^ a b ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Bluepoint Games社を買収へ” (日本語). SIE.COM. 2021年10月1日閲覧。
  38. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメント、VALKYRIE ENTERTAINMENT社を買収へ” (日本語). SIE.COM. 2021年12月11日閲覧。
  39. ^ ソニー、米ゲーム会社買収 4100億円、稼ぎ頭の強化へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年2月2日閲覧。
  40. ^ “ソニー・インタラクティブエンタテインメント、世界有数の独立系ゲーム開発会社であるBungie社を買収へ” (プレスリリース), ソニー・インタラクティブエンタテインメント, (2022年2月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2022/220201.html 2022年2月4日閲覧。 
  41. ^ ソニー、ロシアでPS5など出荷停止…「プレイステーションストア」も : 経済 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年3月10日). 2022年3月10日閲覧。
  42. ^ a b “ソニー・インタラクティブエンタテインメント、カナダ拠点のゲーム開発スタジオHaven Entertainment Studios社を買収へ” (プレスリリース), ソニー・インタラクティブエンタテインメント, (2022年3月22日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2022/220322.html 2022年3月23日閲覧。 
  43. ^ ソニーが世界最大のeスポーツトーナメントプラットフォームのひとつ「Repeat.gg」を買収”. 2022年7月25日閲覧。
  44. ^ Sony Japan|会社沿革”. Sony Corporation. 2014年11月28日閲覧。
  45. ^ a b プレステ初期の躍進を支えた音楽業界の経験”. 東洋経済新報社 (2014年7月16日). 2014年11月28日閲覧。
  46. ^ The making of PlayStation, Edge magazine, 200th issue, Future, 2009, pp.129-130.
  47. ^ ascii.jp (1998年11月11日). “開発者インタビュー『プレイステーションと連携して楽しむ携帯ゲーム機です。』” (日本語). 2012年10月27日閲覧。 しかし、携帯ゲーム機という言葉の意味するものがSCE広報とそれ以外で違っている。
  48. ^ 奥谷海人 (2013年1月11日). “PlayStation 3の出荷台数が世界累計で7700万台を超え,Xbox 360を上回る。北米のリサーチ会社の最新レポートで明らかに”. 4Gamer.net. https://www.4gamer.net/games/000/G000000/20130111033/ 2013年7月10日閲覧。 
  49. ^ PS3「売上台数」は1Qで71万台 ソニー、「生産出荷」から変更”. ITmedia (2007年7月26日). 2007年7月26日閲覧。 同じ管轄であるアジア含むと表記した上での発表なので、日本国内での出荷台数は厳密には不明。
  50. ^ 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010年8月9日). “本社移転のお知らせ” (日本語). 2010年9月5日閲覧。
  51. ^ dengeki.com (2010年2月24日). “ソニーが4月に組織再編、ネット事業を切り離した新SCEが誕生” (日本語). 2013年3月29日閲覧。
  52. ^ SIE ビジネス経緯 | ソニー・インタラクティブエンタテインメント”. www.sie.com. 2019年8月3日閲覧。
  53. ^ PlayStation 4 Becomes Fastest Console to Sell 100 Million” (英語). Geek.com (2019年7月30日). 2019年8月3日閲覧。
  54. ^ SIE ダイバーシティ | ソニー・インタラクティブエンタテインメント” (日本語). SIE.COM. 2022年7月18日閲覧。
  55. ^ プライド月間を祝福” (日本語). SIE Blog (Japan) (2021年6月23日). 2022年7月18日閲覧。
  56. ^ 後藤弘茂 (2011年6月9日). “SCEがE3で発表した次世代携帯ゲーム機「PS Vita」の戦略”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  57. ^ a b 後藤弘茂 (2013年6月18日). “PS4とXbox Oneのアーキテクチャはなぜ似通ったのか”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  58. ^ 後藤弘茂 (2012年9月21日). “スリムになったPS3に見える半導体チップの状況の変化”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  59. ^ 「プレイステーション 2」(SCPH-75000シリーズ以降のモデル)における「プレイステーション」および「プレイステーション 2」規格ソフトウェアの互換性についてのお知らせ” (日本語). ソニー・コンピュータエンタテインメント (2005年10月20日). 2013年2月2日閲覧。
  60. ^ 後藤弘茂 (2013年2月22日). “PlayStation 4のCPUコアはなぜ「Jaguar」なのか”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  61. ^ 後方互換性:PS5でプレイできるPS4ゲーム (日本)”. www.playstation.com. 2021年12月11日閲覧。
  62. ^ 柳島雄太 (2020年5月13日). “SIE、新ブランド「PlayStation Studios」を発表”. GAME Watch(Impress Watch. 株式会社インプレス. 2022年2月20日閲覧。
  63. ^ 社名変更およびコーポレートサイトURL変更のお知らせ
  64. ^ SIE会社概要
  65. ^ https://www.sie.com/jp/corporate/release/2019/190820.html
  66. ^ https://www.audiokinetic.com/ja/about/news/sony-interactive-entertainment-to-acquire-audiokinetic/
  67. ^ a b c d e f 和田剛明「家庭用テレビゲームソフトの流通―リスクとリターンの構造と市場への影響―」『赤門マネジメント・レビュー』第2巻第11号、特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)、2003年11月、 563-580頁。
  68. ^ セガ・ミューズの立ち入り検査、とうとう打ち切りに!!”. FAMITSU.com (2000年11月1日). 2014年5月26日閲覧。
  69. ^ 平成 10年 (ワ) 6979号 著作権侵害行為差止請求事件 平成 10年 (ワ) 9774号 著作権侵害行為差止請求事件”. 著作権判例データベース. アスタミューゼ株式会社. 2014年5月26日閲覧。
  70. ^ 最高裁判所第一小法廷平成 13年 (受) 952号 著作権侵害行為差止請求事件
  71. ^ SCEに聞く、家庭用ゲームDL販売の現状と今後”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2013年2月9日). 2014年5月26日閲覧。
  72. ^ “SCE、Immersionとのフィードバックコントローラ特許訴訟で敗訴”. ITmedia (ITmedia Inc.). (2005年3月28日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0503/28/news023.html 2014年11月27日閲覧。 
  73. ^ SCE、米社とのコントローラー訴訟で和解, NIKKEI NET IT+PLUS, 2007年3月2日(2009年2月12日時点のアーカイブ
  74. ^ “振動機能を追加した「DUALSHOCK 3」を発表――「東京ゲームショウ2007」開幕”. ITmedia (IT media Inc.). (2007年9月20日). https://nlab.itmedia.co.jp/games/articles/0709/20/news029.html 2014年11月27日閲覧。 
  75. ^ cnetjapan (2010年2月25日). “ソニー、SCEのネットワーク部門を吸収合併”. 2014年7月5日閲覧。
  76. ^ a b n-seikei.jp (2012年6月28日). “ソニー (株)SCE/▲943億円の大赤字で債務超過転落”. 2013年6月24日閲覧。
  77. ^ a b c 官報号外第133号”. 国立印刷局 (2013年6月24日). 2013年6月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月24日閲覧。
  78. ^ a b c d 平成26年6月24日官報号外第140号”. 国立印刷局 (2014年6月24日). 2014年6月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月24日閲覧。


「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」の続きの解説一覧

ソニー・コンピュータエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 05:57 UTC 版)

NetFront Browser」の記事における「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説

PlayStation BB Unit - PlayStation 2専用モデムにもバンドルされていた

※この「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説は、「NetFront Browser」の解説の一部です。
「ソニー・コンピュータエンタテインメント」を含む「NetFront Browser」の記事については、「NetFront Browser」の概要を参照ください。


ソニー・コンピュータエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 05:39 UTC 版)

CPU製品一覧」の記事における「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説

Emotion EnginePlayStation 2CPU東芝共同開発MIPS系Cell - (PlayStation 3CPU東芝IBM共同開発Power系)

※この「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説は、「CPU製品一覧」の解説の一部です。
「ソニー・コンピュータエンタテインメント」を含む「CPU製品一覧」の記事については、「CPU製品一覧」の概要を参照ください。


ソニー・コンピュータエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 18:47 UTC 版)

アダルトゲーム」の記事における「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説

第5世代機においてPlayStationコンシューマゲーム市場主導権握ったSCEも「ソニーチェック」と俗称される表現に対する厳しい独自規制を敷くなど、サードパーティー管理表現規制について多かれ少なかれ任天堂類似した手法基準用いていた。 また、原作ゲーム同一タイトルつけること認めない」というルール制定され著作権表示元のブランド表記がない作品が多い。これによりONE 〜輝く季節へ〜』が移植されるとき『輝く季節へ』へと改題されている。 しかし性表現制限次第寛容になっており、逆に積極的な利用をする例も見受けられるようになった携帯ゲーム機であるPSP向けにUMDPGというPSP専用規格作っており一部メーカーがこれに沿ったアダルトゲーム発売している。また、サービスショット満載!!悩殺ゲーム特集』 のようにギャルゲーとアダルトゲーム区別がつけにくいソフトの広告も行うようになっているこれらの規制によりアダルトゲームギャルゲー化は作品販路拡大メディアミックスの手法として定着していく。だがこれは、単に家庭用ゲーム機性的表現盛り込むことをソフトメーカー放棄したともいえ、年を追う毎にアダルトゲームギャルゲーとの境界線あいまいなものになっていった。 各ソフトウェアメーカーの動きとしては、メインストリームPlayStation 3移行してPlayStation 2シェア大きく衰退していった時期でも、PlayStation 3ソフトウェアの開発費の恒常的な高コスト体質などの問題からPlayStation 2プラットフォーム制作発売されるケース多かったが、次第PlayStation PortableマイクロソフトXbox 360PlayStation 3PlayStation Vitaなど時代に合ったプラットフォーム移行していった。

※この「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説は、「アダルトゲーム」の解説の一部です。
「ソニー・コンピュータエンタテインメント」を含む「アダルトゲーム」の記事については、「アダルトゲーム」の概要を参照ください。


ソニー・コンピュータエンタテインメント(移植の実例)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 18:47 UTC 版)

アダルトゲーム」の記事における「ソニー・コンピュータエンタテインメント(移植実例)」の解説

PlayStationについては上述の「ソニーチェック」によりアダルトゲーム移植自体少なかった。ただし、原作性的描写抑えたカットされる形、(『アイドル雀士スーチーパイ Limited』『アイドル雀士スーチーパイII Limited』のようにタイトルに「Limited」がつき、脱衣シーン水着差し替えている。)いわゆるギャルゲー化することで移植果たした同級生2』(1997年バンプレスト)、『To Heart』(1999年アクアプラスのような実例存在するPlayStation 2時代には、タイトル過去に他のハードウェア移植されていないタイトルでもサブタイトル付いている程度(もともとサブタイトルがあるタイトルでもサブタイトル部分変更されている)であり、原作者表記についてブランド名でなく法人名コンシューマゲーム機向けに用意された別のブランド名表記されていたケースがあったが全般的なものではなくPlayStation時代に比べれば緩和されている。中にはパッケージ裏に原作者ロゴ表示されているものも存在するほどである。 だが、過去規制名残でPlayStationでもタイトル完全に変わっている作品があるほか、形式上他機種からの移植といえる状況発生しなくなった今日ではWindows版同名発売されるケースはない。PlayStation 3への移植は、アクアプラスから『WHITE ALBUM 綴られる冬の想い出』、GN Softwareから『涼風のメルト』が発売されている。

※この「ソニー・コンピュータエンタテインメント(移植の実例)」の解説は、「アダルトゲーム」の解説の一部です。
「ソニー・コンピュータエンタテインメント(移植の実例)」を含む「アダルトゲーム」の記事については、「アダルトゲーム」の概要を参照ください。


ソニー・コンピュータエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 03:01 UTC 版)

オンラインゲーム」の記事における「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説

ソニー・コンピュータエンタテインメントはPlayStation 2オプションPlayStation BB Unit追加することでPlayStation BBというサービス展開していた。以降の次世代機ではPlayStation Network (PSN) が標準装備として引き継がれている。また一部ゲーム基本的にオンラインには非対応であるが、ネットワークアダプターLAN回線による通信には対応するゲーム)では海外開発されXlink Kaiというツール使ってオンラインゲーム楽しユーザーもいる。

※この「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説は、「オンラインゲーム」の解説の一部です。
「ソニー・コンピュータエンタテインメント」を含む「オンラインゲーム」の記事については、「オンラインゲーム」の概要を参照ください。


ソニー・コンピュータエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 23:52 UTC 版)

EDTV」の記事における「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説

プレイステーション2いくつかのゲーム480p出力対応している

※この「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の解説は、「EDTV」の解説の一部です。
「ソニー・コンピュータエンタテインメント」を含む「EDTV」の記事については、「EDTV」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ソニー・コンピュータエンタテインメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソニー・コンピュータエンタテインメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソニー・コンピュータエンタテインメントの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソニー・インタラクティブエンタテインメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNetFront Browser (改訂履歴)、CPU製品一覧 (改訂履歴)、アダルトゲーム (改訂履歴)、オンラインゲーム (改訂履歴)、EDTV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS