ソニー・コンピュータエンタテインメントとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 港区 (東京都)の企業 > ソニー・コンピュータエンタテインメントの意味・解説 

ソニー・コンピュータエンタテインメント

別名:株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
【英】Sony Computer Entertainment, SCE, SCEI

ソニー・コンピュータエンタテインメントとは、家庭用ゲーム関連開発販売を行っている企業の名称である。正式名称は「株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント」で、一般的には「SCEI」や「SCE」の略称で呼ばれている。家庭用ゲーム機PlayStationシリーズメーカーとして特に有名である。

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、ソニー・ミュージッエンタテインメントの関係者らによって1993年11月設立された。1994年12月3日初代機「PlayStation」を発売して記録的成功収め比較後発参入ながらトップシェアを争う企業となった。

その後2000年3月に「PlayStation 2」を発売し、2006年11月には「PLAYSTATION 3」を発売した。抜群本体性能充実したソフトウェアの展開などによって、世界的大きな影響力を持つようになっている

1999年より代表取締役就任している久夛良木 健(くたらぎけん)は、今日では「プレイステーションの父」と称されている。ソニー・コンピュータエンタテインメントは、アメリカヨーロッパをはじめ世界中に展開する一大企業となっている。


参照リンク
Sony Computer Entertainment, Inc.

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

(ソニー・コンピュータエンタテインメント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 15:33 UTC 版)

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント: Sony Interactive Entertainment Inc.、略称: SIEI[3]SIE Inc[4])は、家庭用ゲーム機PlayStationシリーズ)、ならびにゲームソフトの開発、製造、販売などを行うソニーグループ企業。旧称、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) 。




注釈

  1. ^ 2013年1月に北米リサーチ会社IDCからPS3の世界販売台数が7700万台となり、Xbox360の7600万台を追い越したとの統計が発表になった。Wiiの世界販売台数(2013年3月31日時点)は(“任天堂株式会社 連結販売実績数量推移表 Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.)によると9984万台。

出典

  1. ^ SIE 会社概要”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2017年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 平成30年度決算公告、2019年(令和元年)6月19日付「官報」(号外第41号)90頁。
  3. ^ ソニー株式会社から株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントへの会社分割(簡易吸収分割・略式吸収分割)に関するお知らせ (PDF)”. ソニー (2017年2月24日). 2017年3月22日閲覧。
  4. ^ a b 社名変更およびコーポレートサイトURL変更のお知らせ”. ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC (2016年4月1日). 2017年3月22日閲覧。
  5. ^ 第48回 丸山 茂雄氏”. musicman-net. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.. 2014年11月28日閲覧。
  6. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月26日閲覧。
  7. ^ PSP「プレイステーション・ポータブル」専用タイトル開発環境をさらに強化~PSP向けグラフィック描画ツールを今春より提供開始~” (日本語). ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010年3月10日). 2013年2月2日閲覧。
  8. ^ “ゲームソフトウェア開発力のさらなる強化に向け、米国Sucker Punch Productionsを買収” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment, (2011年8月2日), https://www.sie.com/corporate/release/2011/110802.html 2014年5月26日閲覧。 
  9. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア 「中国語ローカライズセンター」を台北にて本格稼働開始” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア, (2012年5月24日), https://www.sie.com/corporate/release/2012/120524.html 2014年11月20日閲覧。 
  10. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国Gaikai Inc.を買収” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment Inc., (2012年7月2日), https://www.sie.com/corporate/release/2012/120702.html 2014年11月20日閲覧。 
  11. ^ PlayStation延長保証サービス公式サイト”. SCE (2013年1月15日). 2013年3月25日閲覧。
  12. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメント「プレイステーション 4」(PS4™)発表” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment Inc., (2013年2月21日), https://www.sie.com/corporate/release/2013/130221c.html 2014年11月20日閲覧。 
  13. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントとユニティ・テクノロジーズ、戦略的提携について合意「プレイステーション」向け「Unity」の提供を通じ、あらゆる開発者様の効率的なコンテンツ開発をサポート” (プレスリリース), SCE, (2013年3月22日), https://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20130322_unity.html 
  14. ^ “人事・組織変更のお知らせ” (プレスリリース), SCE, (2013年4月1日), https://www.sie.com/corporate/release/2013/130401.html 
  15. ^ “PS4本体の発売日やローンチタイトル情報など,今後の展開が大々的に発表された「SCEJA Press Conference 2013」詳報”. 4Gamer.net (Aetas, Inc.). (2013年9月9日). https://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130910065/ 2014年11月20日閲覧。 
  16. ^ a b 2014 International CES(国際家電ショー)オープニングキーノート”. Sony. 2014年11月20日閲覧。
  17. ^ “ソニーが中国でプレステ販売へ、上海貿易試験区に合弁2社設立”. ロイター. トムソン・ロイター. (2014年5月26日). https://jp.reuters.com/article/sony-idJPKBN0E604R20140526 2014年5月26日閲覧。 
  18. ^ 上海东方明珠(集团)股份有限公司 关于与索尼(中国)成立合资公司的提示性公告 (PDF)” (中国語(簡体字)). 上海东方明珠(集团)股份有限公司 (2014年5月26日). 2014年5月26日閲覧。
  19. ^ “ソニー・ネットワークエンタテインメントとソニー・コンピュータエンタテインメント 革新的なテレビの視聴体験を実現するクラウドベースの新しいテレビサービス「プレイステーション ヴュー」概要発表” (プレスリリース), Sony Computer Entertainment Inc., (2014年11月13日), https://www.sie.com/corporate/release/2014/141113b.html 2014年11月20日閲覧。 
  20. ^ 2014年1月のCES 2014で同様のサービスの提供予定を発表済み[16]
  21. ^ 「ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC」 設立のお知らせ”. ソニー・コンピュータエンタテインメント、ソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナル (2016年1月26日). 2017年3月22日閲覧。
  22. ^ “社名変更のお知らせ” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2016年1月26日), https://www.sie.com/corporate/release/2016/160126b.html 2016年1月26日閲覧。 
  23. ^ 2015年度有価証券報告書 (PDF)”. ソニー. 2017年3月22日閲覧。
  24. ^ 株式会社フォワードワークス 設立のお知らせ
  25. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新経営体制について”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017年10月3日). 2017年10月5日閲覧。
  26. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新経営体制について (PDF)”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019年2月12日). 2019年4月5日閲覧。
  27. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Insomniac Gamesを買収へ”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2019年10月5日閲覧。
  28. ^ 「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売 | PlayStation.Blog” (日本語). 「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売 | PlayStation.Blog. 2019年10月9日閲覧。
  29. ^ 次世代コンソールゲーム機 「プレイステーション 5」に名称決定 2020年年末商戦期に発売”. www.sie.com. 2019年10月9日閲覧。
  30. ^ 後藤弘茂 (2011年6月9日). “SCEがE3で発表した次世代携帯ゲーム機「PS Vita」の戦略”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  31. ^ a b 後藤弘茂 (2013年6月18日). “PS4とXbox Oneのアーキテクチャはなぜ似通ったのか”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  32. ^ 後藤弘茂 (2012年9月21日). “スリムになったPS3に見える半導体チップの状況の変化”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  33. ^ 「プレイステーション 2」(SCPH-75000シリーズ以降のモデル)における「プレイステーション」および「プレイステーション 2」規格ソフトウェアの互換性についてのお知らせ” (日本語). ソニー・コンピュータエンタテインメント (2005年10月20日). 2013年2月2日閲覧。
  34. ^ 後藤弘茂 (2013年2月22日). “PlayStation 4のCPUコアはなぜ「Jaguar」なのか”. 後藤弘茂のWeekly海外ニュース. Impress Watch Corporation. 2014年5月26日閲覧。
  35. ^ Sony Japan|会社沿革”. Sony Corporation. 2014年11月28日閲覧。
  36. ^ a b プレステ初期の躍進を支えた音楽業界の経験”. 東洋経済新報社 (2014年7月16日). 2014年11月28日閲覧。
  37. ^ The making of PlayStation, Edge magazine, 200th issue, Future, 2009, pp.129-130.
  38. ^ ascii.jp (1998年11月11日). “開発者インタビュー『プレイステーションと連携して楽しむ携帯ゲーム機です。』” (日本語). 2012年10月27日閲覧。 しかし、携帯ゲーム機という言葉の意味するものがSCE広報とそれ以外で違っている。
  39. ^ 奥谷海人 (2013年1月11日). “PlayStation 3の出荷台数が世界累計で7700万台を超え,Xbox 360を上回る。北米のリサーチ会社の最新レポートで明らかに”. 4Gamer.net. https://www.4gamer.net/games/000/G000000/20130111033/ 2013年7月10日閲覧。 
  40. ^ PS3「売上台数」は1Qで71万台 ソニー、「生産出荷」から変更”. ITmedia (2007年7月26日). 2007年7月26日閲覧。 同じ管轄であるアジア含むと表記した上での発表なので、日本国内での出荷台数は厳密には不明。
  41. ^ 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010年8月9日). “本社移転のお知らせ” (日本語). 2010年9月5日閲覧。
  42. ^ dengeki.com (2010年2月24日). “ソニーが4月に組織再編、ネット事業を切り離した新SCEが誕生” (日本語). 2013年3月29日閲覧。
  43. ^ SIE ビジネス経緯 | ソニー・インタラクティブエンタテインメント”. www.sie.com. 2019年8月3日閲覧。
  44. ^ PlayStation 4 Becomes Fastest Console to Sell 100 Million” (英語). Geek.com (2019年7月30日). 2019年8月3日閲覧。
  45. ^ a b c d e f 和田剛明「家庭用テレビゲームソフトの流通―リスクとリターンの構造と市場への影響―」『赤門マネジメント・レビュー』第2巻第11号、特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)、2003年11月、 563-580頁。
  46. ^ セガ・ミューズの立ち入り検査、とうとう打ち切りに!!”. FAMITSU.com (2000年11月1日). 2014年5月26日閲覧。
  47. ^ 平成 10年 (ワ) 6979号 著作権侵害行為差止請求事件 平成 10年 (ワ) 9774号 著作権侵害行為差止請求事件”. 著作権判例データベース. アスタミューゼ株式会社. 2014年5月26日閲覧。
  48. ^ 最高裁判所第一小法廷平成 13年 (受) 952号 著作権侵害行為差止請求事件
  49. ^ SCEに聞く、家庭用ゲームDL販売の現状と今後”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2013年2月9日). 2014年5月26日閲覧。
  50. ^ “SCE、Immersionとのフィードバックコントローラ特許訴訟で敗訴”. ITmedia (ITmedia Inc.). (2005年3月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0503/28/news023.html 2014年11月27日閲覧。 
  51. ^ SCE、米社とのコントローラー訴訟で和解, NIKKEI NET IT+PLUS, 2007年3月2日(2009年2月12日時点のアーカイブ
  52. ^ “振動機能を追加した「DUALSHOCK 3」を発表――「東京ゲームショウ2007」開幕”. ITmedia (IT media Inc.). (2007年9月20日). http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0709/20/news029.html 2014年11月27日閲覧。 
  53. ^ cnetjapan (2010年2月25日). “ソニー、SCEのネットワーク部門を吸収合併”. 2014年7月5日閲覧。
  54. ^ a b n-seikei.jp (2012年6月28日). “ソニー (株)SCE/▲943億円の大赤字で債務超過転落”. 2013年6月24日閲覧。
  55. ^ a b c 官報号外第133号”. 国立印刷局 (2013年6月24日). 2013年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月24日閲覧。
  56. ^ a b c d 平成26年6月24日官報号外第140号”. 国立印刷局 (2014年6月24日). 2014年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月24日閲覧。


「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソニー・コンピュータエンタテインメント」の関連用語

ソニー・コンピュータエンタテインメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソニー・コンピュータエンタテインメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソニー・コンピュータエンタテインメントの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソニー・インタラクティブエンタテインメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS