宇宙戦艦とは? わかりやすく解説

宇宙戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 08:29 UTC 版)

宇宙戦艦(うちゅうせんかん)は、SF作品に登場する、現実の海上艦船の軍艦に近い運用をされる架空兵器の総称や等級を表す呼称で用いられる。




「宇宙戦艦」の続きの解説一覧

宇宙戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 06:23 UTC 版)

スター・ウォーズ登場兵器一覧」の記事における「宇宙戦艦」の解説

ルフレハルク級バトルシップ/ドロイド司令船 (Trade Federation cruiser) ダイアモンドクルーザー (Diamond-class cruiser) テクノ・ユニオン輸送船 (Techno Union Transport) コマース・ギルド支援船 (Commerce Guild support ship) 銀行グループ・フリゲート (Banking Clan frigate) ジオノーシアン・ソーラー・セーラー (Geonosian solar sailer) サブジュゲーター級重クルーザーマレヴォランス クローン大戦初期にグリーヴァス将軍旗艦とした戦艦全長は4800m余りにもなり、同時代のヴェネター級はおろか後年インペリアル級やリサージェント級すら上回る大型艦である。 最大の特徴船体両舷装備され大口径イオン・パルス砲で、これを撃ち込む事で敵艦隊戦闘艦丸ごと機能停止状態に陥らせ後に数百門のターボ・レーザー砲で一方的に殲滅ていった生存者居ない事から「謎の新兵器」として恐れられたが、ジェダイマスタープロ・クーン生還した事で存在明らかとなり、内部に突入したアナキンオビ=ワン航法コンピューター細工され自滅したプロヴィデンスキャリアー/デストロイヤー 別名は分主義勢力ドレッドノート(Separatist dreadnought)。自由ダック義勇工兵隊製。 独立星系連合主力艦後のモン・カラマリ・スター・クルーザーに通じる曲線多用し丸みを帯びた船体しており船体前部艦橋を、船体尾部指揮所設けたタワー備えている重装甲と大火力を併せ持つ艦で、共和国側のスター・デストロイヤーとも渡り合うことが出来た最大の特徴として、モジュラー・コンパートメントを船体に取入れている点が挙げられるこれにより比較簡単に船体修理することが可能だった他、装備容易に換装することによって様々な任務への対応を可能としていた。 インヴィジブル・ハンド エピソード3シスの復讐」の序盤舞台となるコルサントの戦いにおいての独立星系連合艦隊旗艦グリーヴァス将軍旗艦でもあった。艦長ラシュロス・ドファインパルパティーン高議長をグリーヴァス将軍誘拐したのち、将軍はこの艦にパルパティーン高議長を乗せた劇中アナキンオビ=ワン議長救い来た際に、すでに艦は大ダメージ負っており、ドゥークー伯爵死亡した直後コルサントの戦い参戦していたヴェネター級スターデストロイヤー「ガーララ」からの砲撃により、スタビライザー破損しコルサント墜落しかけるも、緊急用ブースターにより墜落逃れるが、グリーヴァス将軍が艦から逃げ際に脱出ポッド全て射出した為、アナキン達は「インヴィジブル・ハンド」でコルサント着陸しなければならなくなり、艦が半分に分裂したり、大気圏突入の際、艦の外から火が出るなどの被害が出るもなんとかコルサント着陸させた。 インヴィンシブル アニメクローンウォーズ」のシーズン2第16話封鎖線突破せよ」に登場したトレンチ提督指揮するクリストフシス封鎖艦隊の旗艦他のプロヴィデンス級とは違い全長2177.35mと、大型モデルになっているまた、自艦から魚雷発射する際にシールド解除する必要があった。 クリストフシス地上にいるベイル・オーガナ議員助ける為、アナキン新兵器のステルス・シップを使い、この艦を攻撃するが、この艦のシールド強く攻撃してシールド防御されてしまったが、トレンチ提督がステルス・シップを追尾魚雷攻撃するためシールド解除し追尾魚雷発射した際、アナキン魚雷引きつけながら<インヴィンシブル>のブリッジ直進しぎりぎりのところで衝突回避したこの時、<インヴィンシブル>はシールド発動しておらず、追尾魚雷は<インヴィンシブル>のブリッジ直撃し艦は破壊された

※この「宇宙戦艦」の解説は、「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の解説の一部です。
「宇宙戦艦」を含む「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の記事については、「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の概要を参照ください。


宇宙戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 06:23 UTC 版)

スター・ウォーズ登場兵器一覧」の記事における「宇宙戦艦」の解説

ルクレハルク級バトルシップ(Lucrehulk-class Battleship)別名:通商連合バトルシップTrade Federation battleship)。ホアシュ=ケッセル・ドライブ社製。 ルクレハルク級LH-3210貨物船改装した大型宇宙戦艦。艦載機上陸船用のハンガーベイを有する欠けたドーナツのような形状をした主船体と、いわゆるドーナツの穴」の中に配される艦橋動力炉収めたコア・パーツ」から構成される。クワッド・ターボレーザー砲塔多数装備し強力なシールドにより並の宇宙戦闘機攻撃寄せ付けないが、ターボレーザー砲塔射角が狭い弱点があり、その際は艦載機ドロイド・スターファイター支援欠かせない。なおターボレーザー砲塔格納式であり、通常の貨物船として使用することができる。 レジェンズでは通商連合保有するルクレハルク級LH-3210貨物船の内1035%をこの艦に改装したとされている。 ルクレハルク級ドロイド司令船(Lucrehulk-class Droid Control Ship)別名:通商連合ドロイド司令船Trade Federation Droid Control Ship)。ホアシュ=ケッセル・ドライブ社製。 ルクレハルク級バトルシップ派生型。「ドロイド司令船」の名の通りルクレハルク級にドロイド管制能力付与したもので、ドロイド管制コンピューターコマンド送信用の通信タワードロイドからの情報受信する16基の受信装置追加装備している他、管制装備へのエネルギー供給のため反応炉追加されている。しかし追加装備された反応炉はハンガー・ベイの脇に無防備に設置されており、主反応炉と相互接続されていたため、もし破壊されれば致命的な損傷を被るという欠点造ることとなった通商連合コア・シップTrade Federation Core Ship)ホアシュ=ケッセル・ドライブ社製。 ルクレハルク級のコア・パーツ分離可能したものこれにより船体宇宙空間待機させたまま乗員兵員惑星地表降下させることが可能でありその場合は荷卸し整備を行うために作られた地上専用格納庫収容されるその役割上原則として軌道上待機している主船体地上との往復を行うだけであり、推進機関イオン・エンジンとリパルサーリフトと軌道上との往復ができる最低限のものを装備している。 C-9979着陸船(C-9979 landing craft)別名:通商連合上陸船(Trade Federation Landing Ship)。ハオア・チョール・エンジニアリング社製。 上下から見ると巨大なH型シルエットをした重装輸送船長い2つの翼と特徴的な荷役タラップ有しており、翼部分はドッキング収容容易にするため取り外すことが可能。飛行時はテンソル・フィールド発生装置によって翼と機体全体一体化を図る他、巨大リパルサーリフト装置によって自重による機体のたわみを防いでいる。

※この「宇宙戦艦」の解説は、「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の解説の一部です。
「宇宙戦艦」を含む「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の記事については、「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の概要を参照ください。


宇宙戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 06:23 UTC 版)

スター・ウォーズ登場兵器一覧」の記事における「宇宙戦艦」の解説

コレリアン・コルベット(Corellian CorvetteネブロンB級エスコート・フリゲート(Nebulon-B Frigate) モン・カラマリ・スター・クルーザー(Mon Calamari Star Cruiser反乱同盟軍のために作られた大型戦艦帝国軍スター・デストロイヤー唯一対抗可能な同盟軍随一大型艦で、スカリフやエンドアでの戦いで艦隊主力艦として参戦し第2デス・スター破壊貢献する建造したのは惑星モン・カラのモン・カラマリという種族であり、この艦のOSインターフェースは、カラマリ人にしか運用できない独自の仕様で、船の操艦運用なども彼らにしか出来ない。このこともあってカラマリ人のアクバー提督ラダス提督同盟軍艦隊総司令官務めている。 この船はスカリフの戦い参加した「プロファンディティ」などのMC-75スター・クルーザーエンドアの戦い参加した「ホーム・ワン」や「リバティ」などのMC-80スター・クルーザー大別されるまた、共和国時代にはMC-85スター・クルーザー後述)も建造されている。 この船はカラマリ同盟軍へと参加する際に提供された。当初は一から建造する予定であったが、完成まで数年上掛かることが判明したため、早急に大型戦艦を必要としていた同盟軍のために、既存遊覧船戦闘艦改装する方針へと変更するそのため、モン・カラマリ・クルーザーの船体それぞれ異なる形状をしている。船の全長1200メートルと、帝国軍主力艦であるインペリアル級スター・デストロイヤーよりもやや小型だが動き素早くシールド発生装置分散され搭載されているため、帝国軍戦艦のように発生装置1つ破壊されただけではシールド完全に消えことはない。さらに約120機の戦闘機搭載することも可能であるエンドアの戦いで、同盟軍艦隊旗艦となった「ホーム・ワン」は最初に完成したクルーザーであり、同盟軍総司令部として永く運用され来た。この戦いで他のカラマリクルーザーも参戦していたが、「リバティ」や「モン・レモンダ」を初めとする多くの艦船は、第2デス・スタースーパーレーザーによって破壊されるが、ネビュラ級共和国スターデストロイヤーインペリアル級が後継艦となったスター・デストロイヤーStar Destroyerネビュラ級共和国スターデストロイヤー (Nebula-class Star Destroyer) リパブリックスター・デストロイヤー (Republic-class Star Destroyer) リジュヴェネイター級スター・デストロイヤー (Rejuvenator-class Star Destroyer) ヴィクトリー級スター・デストロイヤー (Victory-class Star Destroyer) インペリアル級スター・デストロイヤー (Imperial-class Star Destroyer) スーパー・スター・デストロイヤーSuper Star Destroyer)エグゼキューター級スーパー・スター・デストロイヤー (Executor-Class Super Star Destroyer) ※

※この「宇宙戦艦」の解説は、「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の解説の一部です。
「宇宙戦艦」を含む「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の記事については、「スター・ウォーズ登場兵器一覧」の概要を参照ください。


宇宙戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 01:07 UTC 版)

それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」の記事における「宇宙戦艦」の解説

洋子達が活躍する30世紀世界では技術革新結果安全装置高度に進歩したことによって戦争で人の死ぬことが無くなり戦争自体一種のスポーツライクなものになっている。また1500メートルクラスの大型宇宙戦艦であっても1人パイロットのみで操縦可能であるこれらの1人乗り宇宙戦艦は、戦艦というよりも現在のF1マシンに近い性格付けをされており、武装から装甲、はてはカラーリングにいたるまでカスタマイズ施され各艦にはパイロットの名前が冠せられる(そのため本作主役である山本洋子搭乗する艦は「ヤマモト・ヨーコ」という艦名である)。 30世紀相対未来では、戦艦を含む船は一般に宇宙移動するものと定義されているため、「宇宙戦艦」や「宇宙船」といった呼称ナンセンスなものとなっている。そのため、「宇宙戦艦」という用語を使うのは現代人主人公たちとフィッシュチームのみである。 なお、TVアニメ版ではホログラム投影機能が標準装備され、「各艦パイロットの頭身ホログラフが、あたかも生身艦体乗っているかのように表示され言動外部から「一目で分かる」」という演出追加された。

※この「宇宙戦艦」の解説は、「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」の解説の一部です。
「宇宙戦艦」を含む「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」の記事については、「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宇宙戦艦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

宇宙戦艦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宇宙戦艦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙戦艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスター・ウォーズ登場兵器一覧 (改訂履歴)、それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS