マゼラン_(ガンダムシリーズ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マゼラン_(ガンダムシリーズ)の意味・解説 

マゼラン (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 01:48 UTC 版)

マゼランMAGELLAN)は、『ガンダムシリーズ』のうち、宇宙世紀を舞台にした作品に登場する架空の兵器。初出は、1979年に放送されたテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。「マゼラン級」とクラス名になったのは『モビルスーツバリエーション』の文字設定より[1]




  1. ^ 『講談社ポケット百科シリーズ33 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション2 ジオン軍MS・MA編』講談社、1984年4月、172頁。ただし『機動戦士ガンダム超百科』立風書房、1980年3月、64頁では既に「マゼラン」をマゼラン・タイプの1番艦としている。
  2. ^ 『機動戦士ガンダム MS IGLOO 完全設定資料集』エンターブレイン、2007年5月、150頁。
  3. ^ a b c d e f 『ファンタスティックコレクション・スペシャル 機動戦士ガンダム・マニュアル』(大河原邦男・松崎健一監修、朝日ソノラマ、1981年3月)
  4. ^ a b 『ロマンアルバム・エクストラ35 機動戦士ガンダム』(徳間書店、1980年7月)127頁。
  5. ^ グワラン隊はソーラ・システムの照射を免れ、ティアンム艦隊に砲撃を仕掛けているが「応答なし」となった。またティアンム旗艦「タイタン」がモビルスーツ隊発進命令を出したのはグワラン撃破後である。
  6. ^ カタパルトは装備されていないが、一年戦争時代にカタパルトを有した軍艦は両軍通じてもペガサス級とチベ級のみであるため、マゼラン級が劣るわけではない。
  7. ^ 『機動戦士Ζガンダム A New Translation』においてレーダー表示でティターンズにマゼラン改が1隻確認できる。また、リメイク版の漫画『機動戦士Ζガンダム Define』では、ティターンズ・連邦軍において多数が運用され、一部はエゥーゴに寝返っている。
  8. ^ バンダイの1/1200スケールを除く。
  9. ^ 但し、両作品とも本艦級の全長は327mとされ、初期のTV版と劇場版では265mとなっており、サイズの観点からみれば整合性はある。
  10. ^ 艦名は映像では不明だが、書籍『「機動戦士ガンダム/逆襲のシャア」戦闘記録集(バトルドキュメント)』(1999年発行、旭屋出版)ではレナウン、『アウターガンダム』ではゴルテウスとされる。
  11. ^ ただしこの当時、カタパルトを搭載した軍艦はペガサス級とチベ級のみである。
  12. ^ SDガンダム GGENERATION-ZERO』では、ネレイドも緑一色とされる。機動戦士ガンダムに登場したマゼラン級の色違い艦としては、第4話に登場した全面グレー塗装で機関部後端が黒色の艦がある。
  13. ^ 『アナザー・センチュリー・クロニクル Vol.1 機動戦士ガンダム 一年戦争全史 U.C.0079-0080【上】』学習研究社、2007年3月、カバー裏背表紙。
  14. ^ 機動戦士ガンダム 光芒のア・バオア・クー』116頁。
  15. ^ 艦名は『戦略戦術大図鑑』から。
  16. ^ DVD『機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版』英文字幕、バンダイビジュアル、2000年12月。
  17. ^ a b 『MSVコレクションファイル【宇宙編】』講談社、1999年11月。
  18. ^ 第3〜6巻
  19. ^ 第6巻本編ディスク日本語・英語各字幕および「Blu-ray Disc Collector's Edition」同梱「絵コンテ集&設定資料集」71頁


「マゼラン (ガンダムシリーズ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マゼラン_(ガンダムシリーズ)」の関連用語

マゼラン_(ガンダムシリーズ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マゼラン_(ガンダムシリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマゼラン (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS