ジェガンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ジェガンの意味・解説 

ジェガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/01 17:03 UTC 版)

ジェガン (JEGAN) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1988年公開の劇場用アニメ機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。




注釈

  1. ^ 12,700kg×1、9,200kg×2、8,800kg×2の場合の合計。
  2. ^ 「地上軍にはほとんど配備されていない」という資料がみられる[21]
  3. ^ 『ムーンガンダム』でメカデザインを務めている形部一平は、「νガンダムやサザビーが携行する大型ライフルに連なることを意図してデザインした」と語っている[25]
  4. ^ 『B-CLUB』第29号掲載の模型作例(出渕版)では、テレビアニメ『戦闘メカ ザブングル』に登場するウォーカー・ギャリアのライフルが流用され、シールドとビーム・サーベルはガンダムMk-IIのものが装備されていた。
  5. ^ 記事の作例を担当したモデラーによれば、先行する書籍には『B-CLUB』第29号掲載のRGM-88Xと、『ハイ・ストリーマー』に登場するジェダを同一の機体であると断定しているものはなく、TCG『ガンダムウォー』の記載があったのみであったとしている[30]
  6. ^ 原作小説のこの場面ではスタークジェガンという名称は明示されないものの、RGM-89Sという型式番号や増加装備の内容など、スタークジェガンの特徴が描写されている。OVA版では公式サイトなどで機体名が明示されている。
  7. ^ アニメ版や原作小説にはパイロットがどのような人物であるのかという描写はない。ただし、プラモデルの解説書に掲載された読み物では、このパイロットは対サイコミュMS戦についての知識があるという言及がされているうえ、アクシズを押し返したνガンダムを見た経験もあることが示唆されている[45]
  8. ^ コールサインはジュリエット6、パイロットはマコ中尉。
  9. ^ アニメ版『ガンダムUC』本編episode1冒頭でクシャトリヤと交戦したスタークジェガンの戦術や、同場面の構図をなぞる演出となっているが、パイロットの名前や所属は明かされず、『ガンダムUC』本編に登場したキャロット所属機との関連性は明かされない。エピソードの登場人物であるドゥーエ・イスナーンダニー・セケンドに労いやアドバイスの言葉を残して去り、自分を「偽りのエース」と卑下するドゥーエから「あれが本物の撃墜王」と賞賛される。
  10. ^ 小説「不死鳥狩り」では、イアゴは「ラプラス事変」の最中に戦死するが、アニメ版では時系列などが変更されており、「ラプラス事変」後や『NT』の結末でも生存している。
  11. ^ ただし、それ以前に『Gジェネレーション』シリーズなどに出演したときにも、装備を追加する仕様の機体として現在のスタークジェガンに近いかたちに再デザインされており、そちらは現在ではCCA-MSV版としてあつかわれている。分かりやすいデザインの違いとしては、CCA-MSV版は3連装ミサイル・ポッドと共に大型ミサイル2基(核弾頭装備可能)が付いており、腰に通常のジェガンと同様のグレネードが残っている。
  12. ^ A2型以降で装備される新型シールド左右の武装と推測される。『ミサイルランチャー』とされるなど表記ゆれがある。
  13. ^ このビーム・ライフルは、OVA版『UC』のepisode6の終盤(RE:0096では第18話の冒頭)にある、バンシィ・ノルンとリゼルとの対決シーンで数カットだが登場する。プレミアムバンダイ限定『ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)』のプラモデルキットにも、説明書に言及がないがサービスパーツ扱いで入っている。
  14. ^ 『UC』のepisode6(RE:0096の18話)にて、ネェル・アーガマから発進したリゼルの1機が、バンシィ・ノルンに斬りかかる際にこれを左腕に装備しており、銃口からビーム・サーベルのようなビームを発振する。

出典

  1. ^ 公式HPより
  2. ^ @gakky1967 (2012年5月25日). "で、なんでジェガンを僕が担当することになったかというと(まだ大河原さんのラフがなかったので)試しにヘビーガンをベースにしたジェガンとの間の子的ラフを描いたところ、だったら最後までやってみろ、みたいな感じだったかと。" (ツイート) – via Twitter.
  3. ^ 『B-CLUB SPECIAL 機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション』バンダイ、1991年4月、53頁。(ISBN 978-4891891558)
  4. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、52-53頁。ISBN 4-89189-019-3
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x プラモデル『1/144 RGM-89 ジェガン』付属説明書、バンダイ、1988年3月。
  6. ^ a b c 『B-CLUB SPECIAL15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、83頁。ISBN 4-89189-336-2
  7. ^ 『ガンダムメカニクス4』ホビージャパン、1999年8月。ISBN 4-89425-208-2
  8. ^ a b c d e f g h i j k プラモデル『HGUC No.97 RGM-89 ジェガン』付属説明書、バンダイ、2009年8月。
  9. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、132頁。
  10. ^ a b A.O.Z Re-boot Vol.23 RMS-154 バーザム - 電撃ホビーウェブ。2016年5月、2016年10月28日閲覧。
  11. ^ a b 『B-CLUB』29号、バンダイ、1988年3月、66頁。ISBN 4-89189-409-1
  12. ^ 『機動戦士ガンダムUCメカニック&ワールド ep1-3』双葉社、2012年7月、47頁。(ISBN 978-4575464665)
  13. ^ 『機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス』角川書店、2010年8月、122頁。(ISBN 978-4047153608)
  14. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』角川書店、1998年8月15日初版発行、15-17頁。(ISBN 4-8402-0912-X)
  15. ^ a b c d 『総解説 ガンダム辞典ver1.5』講談社、2009年8月、298頁。(ISBN 978-4063757958)
  16. ^ a b c d e 『B-CLUB Vol.70』バンダイ、1991年9月、46頁。ISBN 4-89189-450-4
  17. ^ 『決定版 ガンダム武器・防具伝』PHP研究所、2012年4月、89頁。(ISBN 978-4569803913)
  18. ^ 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 劇場版』学習研究社別冊アニメディア〉、1988年4月10日、70,76,79頁。
  19. ^ a b 小黒祐一郎 (2010年10月8日). “アニメ様365日 第467回 νガンダムは伊達じゃない!”. Webアニメスタイル. スタジオ雄. 2018年9月24日閲覧。
  20. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムUC』アスキー・メディアワークス、2014年12月、50頁。ISBN 978-4-04869-155-0
  21. ^ プラモデル『HGUC 1/144 ゼータプラス(ユニコーンver.)』バンダイ、2014年7月、付属説明書。
  22. ^ テレビアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』、第2話。
  23. ^ モビルスーツ・バイブル & No.8, pp. 6-9,15.
  24. ^ a b c d プラモデル『マスターグレード RGM-89 ジェガン』付属説明書、バンダイ、2018年7月。
  25. ^ a b c d e f g h i j 形部一平「ムーンガンダム メカニカルワークス Vol.15」『ガンダムエース』2019年6月号、KADOKAWA、40頁-41頁。
  26. ^ a b c d e f g h i j 『B-CLUB』第29号、バンダイ、1988年3月、66頁。
  27. ^ 徳間デュアル文庫『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー1 アムロ篇』246頁 ISBN 4-19-905125-2
  28. ^ a b 岡崎昭行『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編 II]』角川書店、2010年6月、99頁。
  29. ^ 徳間デュアル文庫『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー1 アムロ篇』31-34頁。ISBN 4-19-905125-2
  30. ^ TAZ. “RGM-88X ジェダ”. あたたかな水の中で身をまるめていた. 2018年9月25日閲覧。
  31. ^ モビルスーツ・バイブルNo.8, p. 14.
  32. ^ 葛木ヒヨン『機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン』第4巻、KADOKAWA、2016年7月、3頁。(ISBN 978-4041045466)
  33. ^ プレミアムバンダイ - HGUC 1/144 RGM-89 ジェガン(バーナム所属機)
  34. ^ a b 『ホビージャパン別冊 機動戦士ガンダム「新世代へ捧ぐ」』1988年8月、51頁。
  35. ^ PC-98用ソフト『機動戦士ガンダム リターン・オブ・ジオン』付属データブック、ファミリーソフト、1993年4月、47頁。
  36. ^ HGUC 1/144 RGM-89A2 ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)」プレミアムバンダイ、2016年5月7日閲覧。
  37. ^ ガンダムデュエルカンパニー 公式WEBサイト
  38. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE.46 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.7 デラーズ紛争編〈下〉】』バンダイ、1992年6月、135頁。
  39. ^ プラモデル『HGUC No.123 RGM-89De ジェガン(エコーズ仕様)』付属説明書、バンダイ、2011年4月。
  40. ^ 『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep7』双葉社、2014年10月、46-47頁。(ISBN 978-4575464825)
  41. ^ a b c d e f g 竹内清人『小説 機動戦士ガンダムNT』KADOKAWA、2018年11月26日、4頁。
  42. ^ メカニカル”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年8月16日閲覧。
  43. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下巻)』角川スニーカー文庫、2010年2月、27頁。(ISBN 978-4044748067)
  44. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上巻)』角川スニーカー文庫、2010年2月、83-84頁。(ISBN 978-4044748050)
  45. ^ a b 『HGUC No.104 RGM-89S スタークジェガン』付属説明書、バンダイ、2010年2月。
  46. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 8 宇宙と惑星と』角川スニーカー文庫、2011年11月、21頁。(ISBN 978-4044748302)
  47. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 9 虹の彼方に(上巻)』角川スニーカー文庫、2011年3月、35・77頁。(ISBN 978-4044748364)
  48. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス』角川書店、2010年8月。(ISBN 978-4047153608)
  49. ^ 『B-クラブスペシャル15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、106頁。(ISBN 978-4891893361)
  50. ^ a b ガンダムエース増刊『ガンダムユニコーンエースVol.2』での明貴美加インタビューより[要ページ番号]
  51. ^ a b 『月刊ガンダムエース』2014年8月号、角川書店、28頁。
  52. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムUC』メディアワークス、2014年12月、138頁。(ISBN 978-4048691550)
  53. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムUC』メディアワークス、2014年12月、121頁。
  54. ^ @t_kotobuki (2014年6月6日). "漫画用に考えたカイメモ版EWACジェガン" (ツイート) – via Twitter.
  55. ^ 松浦まさふみ『機動戦士ガンダム ムーンクライシス 上巻』メディアワークス、1997年、85頁。ISBN 978-4-8402-0733-1
  56. ^ @matsuurama (2016年9月7日). "ESMジェガンさんは、両肩のステレオカメラで光学観測するやつな。電子情報索敵機のくせに超アナログ化したアホの子だよ!" (ツイート) – via Twitter.
  57. ^ @matsuurama (2016年9月6日). "ESMジェガンさん補足。円筒形ポットは各種電子センサー。複数電子観測で干渉する場合は右左使い分けでロスタイムの無い優れもの。左右アームがフリーなのでバズーカみたいな超望遠光学レンズも使用可能。 アームは振動防止強化した狙撃機種と共用" (ツイート) – via Twitter.
  58. ^ a b @matsuurama (2016年9月7日). "ESMジェガンさんはステレオカメラで距離測定も出来るので、ミノ粉悪天候でもレーダー同様の情況把握が出来る。元ネタは海軍艦の測距儀なのは言うまでも那須塩原。暇な時はデブリ観測に借りだれているのでフルタイム使いっぱなし。" (ツイート) – via Twitter.
  59. ^ 松浦まさふみ『機動戦士ガンダム ムーンクライシス 上巻』メディアワークス、1997年、76・77・82 - 85頁。ISBN 978-4-8402-0733-1
  60. ^ a b c d e 講談社 『総解説 ガンダム辞典ver1.5』286頁 皆河有伽 ISBN 978-4-06-375795-8
  61. ^ a b 『データコレクション7 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』メディアワークス、1998年8月、17頁。
  62. ^ @matsuurama (2019年9月8日). "元々開示してない情報ですから、誤情報でもなんでもないです。創作のリレーなので観測者が断言すればそれでいいと思いますよ。謎ジェガンは多分ジェガンキャノン。Z乗りと仲の悪い海兵隊使用機。" (ツイート) – via Twitter.
  63. ^ 『ラポートデラックス 機動戦士ガンダムF91』ラポート、1991年6月[要ページ番号]
  64. ^ 『グレートメカニックスペシャル RGM-79 ジムBOOK』双葉社、2010年5月、68頁。(ISBN 978-4575464511)
  65. ^ 『総解説 ガンダム辞典ver1.5』講談社、2009年8月、299頁。(ISBN 978-4063757958)
  66. ^ 「第2章「陽動」」『エムジェイ』1992年7月号、バンダイ。
  67. ^ a b c d e f g h i j k 『B-CLUB the PLASTIC 1 機動戦士ガンダム作例集』バンダイ、1992年7月、62頁。 ISBN 4-89189-232-3
  68. ^ a b c d 『B-CLUB the PLASTIC 1 機動戦士ガンダム作例集』バンダイ、1992年7月、107頁。


「ジェガン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェガン」の関連用語

ジェガンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジェガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS