ア・バオア・クーとは?

ア・バオア・クー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 17:48 UTC 版)

ア・バオア・クーA BAOA QU)は、アニメ機動戦士ガンダム』『機動戦士Ζガンダム』などに登場する架空宇宙要塞である。元々はルナツーソロモンと同様、資源採掘用にアステロイド・ベルトから運ばれ、ラグランジュポイントのL2に配置された小惑星だったが、一年戦争前にジオン公国の手によってさらにもう1つの小惑星と結合され、半年後に宇宙要塞化工事が完了した。円盤状と錘状を結合させた、キノコとも開いた傘ともつかぬ独特の形状を成す[1]




  1. ^ a b c d 講談社『機動戦士ガンダム 公式百科事典U.C.0079~0083』ISBN 4063301109 「ア・バオア・クー」の項
  2. ^ 本作は宇宙世紀中の再現映像という体裁である。
  3. ^ しかし『ガンダムフロント東京』の展示にはヨーツンヘイムの姿はない。
  4. ^ 『機動戦士ガンダム MS IGLOO-黙示録0079-』第3話、カスペン大佐の発言より。
  5. ^ ギレンは、作戦開始前に和平交渉のためレビル将軍との会見に赴いた父デギン公王を、ソーラ・レイの発射により、もろともに葬っている。
  6. ^ テレビ版ではマゼラン級、劇場版ではサラミス級の砲撃による。
  7. ^ 『Ζガンダム』第39話の冒頭ナレーションより。
  8. ^ ただし、正確にはグリプスとア・バオア・クー及びその間の空域の総称がゼダンの門であるとされることが多い。また、『Ζガンダム』第27話では、ガディ・キンゼーマウアー・ファラオに「ガゼンの門」と呼ばれている。
  9. ^ 『Model Graphix Special Edition "GUDAM WARSIII" GUNDAM SENTINEL』ISBN 4499205301


「ア・バオア・クー」の続きの解説一覧

ア・バオ・ア・クゥー

(ア・バオア・クー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 07:34 UTC 版)

ア・バオ・ア・クゥーA Bao A Qu)とは、作家ホルヘ・ルイス・ボルヘス1957年に発表した『幻獣辞典』に登場する幻獣


  1. ^ ボルヘス、マルガリータ・ゲレロ『幻獣辞典』柳瀬尚紀訳、晶文社〈晶文社クラシックス〉、1998年、17-18頁
  2. ^ ボルヘス、マルガリータ・ゲレロ『幻獣辞典』柳瀬尚紀訳、晶文社〈晶文社クラシックス〉、1998年の訳註による。
  3. ^ アルベルト・マングウェル、ジアンニ・グアダルーピ著、『完訳 世界文学にみる架空地名大事典』337頁
  4. ^ リチャード・フランシス・バートン卿、『アラビアン・ナイト・エンターテインメント』の訳注より、ロンドン、1885年-1888年[要検証]


「ア・バオ・ア・クゥー」の続きの解説一覧

アバオアクー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/14 15:59 UTC 版)

アバオアクー

脚注






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ア・バオア・クー」の関連用語

ア・バオア・クーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ア・バオア・クーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのア・バオア・クー (改訂履歴)、ア・バオ・ア・クゥー (改訂履歴)、アバオアクー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS