バウンド・ドックとは?

バウンド・ドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/11 13:34 UTC 版)

バウンド・ドックBOUND-DOC)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式のロボット兵器「モビルアーマー(MA)」の一つ。初出は、1985年に放映されたテレビアニメ機動戦士Ζガンダム』。「バウンドドック」と中黒なしで表記されることもある。




注釈

  1. ^ 「九尾犬」「弾犬」など。
  2. ^ 開発はニュータイプ研究所本部が担当、そのクローアームの設計からガブスレイの同系統の開発陣の設計が参考にされたと推察した資料もみられる[8]。一方で、グリプス戦役時にティターンズによってまとめられたニュータイプ研究所連合が開発したとする資料もみられる[9]
  3. ^ ジオン公国軍のMAグラブロをベースに開発されているとする資料もある[10]
  4. ^ 設定画稿を参照[6]
  5. ^ 42話でロザミアが搭乗したものや48話でゲーツが単独で搭乗したものはサイコガンダムのコクピット設定画と同様のデザインだが、49話のジェリド搭乗時は42話のゲーツ機(複座式)と同様のデザインになっている。
  6. ^ 厳密にはシナリオモードで配置されているのがジェリドの機体のみになっており、ゲーム自体にもそれに対応して黄色の機体しか存在しない。
  7. ^ 2006年の『Gジェネレーション・ポータブル』には登場するが、これは『GジェネレーションF』から流用されたものである。
  8. ^ 『MS大全集2013』、『MS大全集2015』には黄色の画稿は掲載されていない。
  9. ^ グリップ部分が回転し、ヒートサーベルとビームライフルを切り替える。

出典

  1. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、23頁。
  2. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、22頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム PART3』近代映画社、1986年4月、119頁。
  4. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、63頁。
  5. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、56-57頁。(ISBN 978-4891890186)
  6. ^ a b c d e f 『データコレクション 機動戦士Zガンダム 上巻』角川書店、1997年6月、35-37頁。ISBN 978-4073063025
  7. ^ 『プロジェクトファイル Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2016年9月、58-59頁。(ISBN 978-4797386998)
  8. ^ a b 皆河有伽『総解説ガンダム辞典Ver1.5』講談社、2009年8月、267頁、ISBN 978-4063757958
  9. ^ a b c d e モビルスーツ・イン・アクション バウンド・ドッグ』バンダイ、2006年2月、付属データカード。
  10. ^ 『RAPPORT DELUXE 12 機動戦士Ζガンダム大事典』ラポート、1986年8月、1999年7月(復刻版)、71頁。(ISBN 978-4897993928)
  11. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、107頁。(ISBN 978-4891890186)
  12. ^ a b 『ニュータイプ100%コレクション4 機動戦士Ζガンダム メカニカル編 2』角川書店、1986年11月、49頁。
  13. ^ 『ニュータイプ100%コレクション4 機動戦士Ζガンダム メカニカル編 2』角川書店、1986年11月、88頁。
  14. ^ 『ニュータイプ100%コレクション4 機動戦士Ζガンダム メカニカル編 2』角川書店、1986年11月、1998年8月(復刻版)、88頁。(ISBN 978-4048529815)
  15. ^ 『MJ MATERIAL No.10 機動戦士ガンダムΖΖ&Ζ 保存版設定資料集』バンダイ、1986年6月、42頁。
  16. ^ a b c d e f g h i 『B-CLUB』第4号、バンダイ、1986年3月、48-51頁。
  17. ^ 小林誠のTwitter[1]、2017年5月。
  18. ^ a b 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS PROJECT Ζ』大日本絵画、1986年3月、83頁。
  19. ^ 『ニュータイプ100%コレクション 機動戦士Ζガンダム メカニカル編2』角川書店、1986年11月、48頁。
  20. ^ a b c d e f g h i ガレージキット『1/220 NRX-005 バウンドドック』付属小冊子、多摩工房、1987年。
  21. ^ 『∀ガンダム全記録集2』講談社、2000年6月、56頁。(ISBN 978-4063301014)
  22. ^ 『ニュータイプ100%コレクション41 ∀ガンダムVol.2』角川書店、2001年2月、31頁。(ISBN 978-4048533171)
  23. ^ 『電撃データコレクション20 ∀ガンダム』メディアワークス、2007年7月、50頁。(ISBN 978-4840239677)


「バウンド・ドック」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バウンド・ドック」の関連用語

バウンド・ドックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バウンド・ドックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバウンド・ドック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS