カプールとは?

カプール


一般的によく知られているのは、上述の7種で、スマトラマラヤボルネオ、などに分布していますが、フィリピン分布がないのが特徴です。ボルネオカンファーウッドという奇妙な名前がついていますが、これは木材に、樟脳様の強い芳香があるためです。かって、フタバガキ科を、龍脳香料と呼んだこともありました。この類の木材から得られた高い芳香をもった樹脂龍脳香と呼んで漢方薬用いています。このため上述科名考えられたのでしょういずれにしても木材新しいときの芳香強烈で、気持ち悪くなることもありますこれだけで、この類の木材は他からはっきりと区別出来ます

木材
心材は淡赤褐色ないし濃赤褐色で、辺材はやや桃色を帯びた淡黄褐色で、しばしば黄色部分ありますメランチ類と同じように同心円状配列する軸方向細胞間道樹脂道)がありますが、横断面でみると、その部分濃色の“やに”が滲み出ていることがあります放射組織中にシリカ小さい塊を含んでいます。したがって、製材加工の際、硬い金属の刃物を使った上で、刃の交換早くする必要があります水分のある処で、接触していると濃色汚染が出ることがあります保存性はとくに高いとはいえません。気乾比重は、0.74~0.18(D.aromatica)、0.56~0.83 (D.lanceolata)などで、重硬な木材といえます。そのためクルインと同じような用途に用いられています。

用途
建築床板車両構造物家具合板など広い用途に使われています。


カプール

名前 KapoorKapur

カプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/15 10:27 UTC 版)

カプール (CAPULE) は、テレビアニメ機動戦士ガンダムΖΖ』および『機動戦士ガンダムUC』に登場する架空の有人式ロボット兵器




注釈

  1. ^ 設定画や第49話で登場した時はツノは無かったが、最終話ではツノがついていた。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』学習研究社、1987年3月、86頁。
  2. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダムMS大図鑑 【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、54-55頁。
  3. ^ 漫画『機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う』第1巻より。
  4. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、122頁。(ISBN 978-4891890186)
  5. ^ 機動戦士ガンダムΖΖ外伝 ジオンの幻陽』上巻、2008年10月、156頁。
  6. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダムΖΖダブルゼータ』角川書店、1997年12月、33頁。(ISBN 978-4073075721)
  7. ^ a b 株式会社ムービック『出渕裕メカニカルデザインワークス1』31頁。
  8. ^ 『模型情報』1986年5月号、バンダイ、10頁。
  9. ^ a b c d e f g h 『電撃データコレクション ∀ガンダム』メディアワークス、2007年7月、16-17頁、ISBN 978-4840239677
  10. ^ 『電撃データコレクション ∀ガンダム』メディアワークス、2007年7月、68頁、ISBN 978-4840239677
  11. ^ 『THE MEMORY OF FIRST WIND 「∀ガンダム」全記録集1』講談社、2000年1月、109頁。ISBN 978-4-06-330088-8
  12. ^ 『1/144 モビルカプル』バンダイ、1999年6月、組立説明書。
  13. ^ a b c d e f g h i 『機動戦士ガンダム MS大全集2015』メディアワークス、2015年6月発売、463頁。(ISBN 978-4048650960)
  14. ^ 『ニュータイプ100%コレクション41 ∀ガンダム Vol.2』角川書店、2000年6月、31頁。ISBN 978-4-04-853317-1


「カプール」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カプール」の関連用語

カプールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カプールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2020 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカプール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS