ボルネオカンファーウッドとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > ボルネオカンファーウッドの意味・解説 

カプール


一般的によく知られているのは、上述の7種で、スマトラマラヤボルネオ、などに分布していますが、フィリピン分布がないのが特徴です。ボルネオカンファーウッドという奇妙な名前がついていますが、これは木材に、樟脳様の強い芳香があるためです。かって、フタバガキ科を、龍脳香料と呼んだこともありました。この類の木材から得られた高い芳香をもった樹脂龍脳香と呼んで漢方薬用いています。このため上述科名考えられたのでしょういずれにしても木材新しいときの芳香強烈で、気持ち悪くなることもありますこれだけで、この類の木材は他からはっきりと区別出来ます

木材
心材は淡赤褐色ないし濃赤褐色で、辺材はやや桃色を帯びた淡黄褐色で、しばしば黄色部分ありますメランチ類と同じように同心円状配列する軸方向細胞間道樹脂道)がありますが、横断面でみると、その部分濃色の“やに”が滲み出ていることがあります放射組織中にシリカ小さい塊を含んでいます。したがって、製材加工の際、硬い金属の刃物を使った上で、刃の交換早くする必要があります水分のある処で、接触していると濃色汚染が出ることがあります保存性はとくに高いとはいえません。気乾比重は、0.74~0.18(D.aromatica)、0.56~0.83 (D.lanceolata)などで、重硬な木材といえます。そのためクルインと同じような用途に用いられています。

用途
建築床板車両構造物家具合板など広い用途に使われています。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボルネオカンファーウッド」の関連用語

1
56% |||||

ボルネオカンファーウッドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボルネオカンファーウッドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS