ベニマツとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > ベニマツの意味・解説 

ベニマツ


日本本州中部の亜高山地帯にも分布していますが、市場取扱われているものは、ソ連産のベニマツと呼ばれるものです。中国東北部朝鮮シベリアなどに分布しています。このマツ種子大きく食用になり、デパートなどのナッツ売場におかれていることがあります。ベニマツは、マツ類を硬と軟にわけるときには、軟グループに入れられます。日本産のものとしては、ヒメコマツが同グループ入ります。硬類に比較すると、年輪のなかの細胞の形の違い少なくそのため年輪はずっと見分けにくくなり、木材は軽軟です。日本市場ではソ連産の針葉樹なかでもっとも高い評価をうけています。しかし、残念なことに、この樹種は、幹の中心部がの害をうけ易く、ほとんどといってよい程丸太空洞になっています。したがって、木材として利用する場合には外側部分が使われます。

木材
心材の色は淡黄赤色ないし淡紅色で、辺材淡黄白色です。一般に年輪の幅は、せまいこと多く、したがって、肌目は精です。気乾比重の値は、0.34~0.41 (平均値)~0.51で、軽軟な木材といえます。 耐久性は、中庸で、加工し易く、割り易く、乾燥が容易です。この類の木材は寸度の安定性があるため、古くから木型用材として使われる木材代表的なものの一つになっています。軸方向細胞間道樹脂道)があり、そこから滲み出る“やに”で材面が汚くなっていることが普通です。

用途
鋳物用の木型建具建築彫刻器具などが知られいます。朝鮮では食用のため種子採取目的とした林業あります



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベニマツ」の関連用語

ベニマツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベニマツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS