ホワイトメランチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > ホワイト > ホワイトメランチの意味・解説 

ホワイトメランチ


30種あり、スリランカインドマラヤインドシナフィリピンボルネオスマトラなどに分布してます。この類木材地方名はかなり違っており、その主なもの挙げる表のようになります。表でもわかるように、ホワイトメランチとホワイトラワンは違います現在ではサバから輸入されることが多いため、この類木材のことをメラピというサバでの呼び名で呼ぶことが多いようです

木材
心材は、淡黄白色、淡白色淡黄褐色などで、辺材はより淡色で、両者の境ははっきりしていません。メランチ類の特徴である同心円状配列する軸方向細胞間道(樹脂道)がありますが、他のメランチ類に比較して出現頻度少ないようですこの類木材特徴は、放射組織細胞中にシリカ小さい塊が含まれていることです。このため木材切削すると、その刃物早く鈍らせます。この木材切削する際には、ステライトという硬い金属を刃につけることが望まれますし、また、刃の交換早めにする必要があります
木材の肌目は、レッドメランチに比較するとやや精です木理交錯してます。気乾比重は0.51~0.84で、樹種によってかなり差があります。耐朽性は高いとはいえません。また、辺材は虫害にかかり易いです

用途
他のメラチンと同様広範囲用途に、とくに淡色ため塗装の色合せ容易なことから内装家具に高い需要あります






ホワイトメランチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ホワイトメランチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホワイトメランチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright

©2022 GRAS Group, Inc.RSS