ポンデローサパインとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > ポンデローサパインの意味・解説 

ポンデローサパイン


北米西部では蓄積多く、また分布範囲が広いので、優勢マツといえます。太平洋岸の山地ロッキー山系、さらに、メキシコ北部わたって分布しています。日本輸入されているロッジポールパイン分布範囲が重なることもあるので、その中に混じって輸入されてくることも考えられます。

木材
心材辺材の色の差があります心材黄色、淡赤あるいは褐色を帯び、辺材淡黄色を帯びています。板目面をみると、ロッジポールパイン程ではありませんが、ディンプルグレインがありますが、心材の色がずっと濃いことで区別されます。年輪幅が狭いと、年輪どちらかというとソフトパインのようであまりはっきりとはしていません。木理通直で、肌目はやや粗で、ほぼ均一です。木材はやや軽軟で、気乾比重は0.45です。

用途
木材が軽軟で、色が淡く、釘やねじを入れても裂けることがなく、よく保持し、必要な程度強さがあり、とくに匂いをもつことがないので、箱、包装用材等として使われます。窓枠ドアスクリーンなど、軟らかいことと木理均一なことが必要な用途によく使われます。その他一般建築用材としての用途広くまた、家具も作られます。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ポンデローサパインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポンデローサパインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS