ペルポックとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > ペルポックの意味・解説 

ペルポック


ペルポックはインドインドシナマレイシアインドネシア経てニューギニア分布しています。日本ではペルポックという名前がよく知られていますが、これはマレイシアインドネシアの名前です。この木材は、ボルネオからの木材日本市場に目立つようになった頃から少量ですが、一定して輸入されています。

木材
心材辺材の色の差はあまりはっきりとはしていません。心材一般的に桃色を帯びた淡灰褐色ないし淡褐色ですが、時間がたつと、褐色を帯びるようになります辺材どちらかといえば白色です。この木材特徴は、幅の広い柔組織の帯が横断面でみると、規則的同心円状配列していることです。このため板目面をみると、丁度針葉樹木材のように、年輪様の模様が出てきます。多分このことが、好まれて家具などに使われるのでしょう木理通直ないしやや交錯しています。木材はやや軽軟ないし重硬です。その気乾比重は0.39~0.64です。耐久性は低いです。

用途
比較比重が低く、加工もし易く、取り扱いやすい木材なので、とくに強さや耐朽性が要求されるのでなければ、広い範囲用途使える木材といえます。日本では、主として家具用に使われています。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ペルポックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ペルポックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2020 All Rights Reserved, Copyright

©2020 Weblio RSS