マンソニアとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > マンソニアの意味・解説 

マンソニア


西アフリカ各地アイボリーコーストガーナナイジェリアなどが産地です。かって、アフリカから色々な樹種輸入されて、日本市場を賑わし、家具建物内装に使われたことがありました。多数商品名が使われ、一時それらの木材正体分かりにくいことがありました。これも色々な名前で呼ばれた木材一つです。

木材
心材辺材の色の差ははっきりとしています。前者の色は灰褐色褐色、濃褐色などで、一般に紫色を帯びていることが多いです。肌目はやや精で、木理通直です。気乾比重は0.60-0.70で、やや重硬な木材といえます。加工は容易で、よく仕上がります。加工をしているときにこの木材の細かい粉を吸いこむと、炎症をおこすので、一時大きな問題になったことがありました。わが国では、ベニヤとして化粧用に使うことが普通です。保存性はかなりあります。

用途
上述商品名があることでも分かるように、ブラックウオルナットの代替品としての用途あります家具キャビネット内装などに主としてベニヤの形で使われます。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マンソニア」の関連用語

マンソニアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マンソニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS