メルバウとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > メルバウの意味・解説 

メルバウ


この木材日本でも古くから名前がよく知られています。太平洋鉄木という名前は、日本製です。一番目の種は東南アジアから太平洋地域一帯広く分布し、一番西はマダカスカル島で、一番東はサモア島に及んで生育しています二番目の種の分布は重なっていますが、範囲はより狭いです。パプアニューギニアではクウイラと呼ばれています。両者良く似ていて区別するのは難しでしょう

木材
心材辺材の色の違いははっきりとしています心材の色は、褐色、金褐色赤褐色などで、不規則現われる濃色の条がでることが多いです。辺材淡黄白色です。肌目は粗で、木理交錯しています。材面に油のような感じあります縦断面を見ると、道管の溝のなかに黄白色のチョークのような物質が含まれています。湿った状態で触れていると、腐食させるとともに、材面が黒く汚れてきますので、この木材を使うときには乾燥した態でが好ましいです。重硬で、気乾比重は0.74~0.90です。耐久性は高いですが、防腐剤注入難しいです

用途
強さ耐久性の必要な用途適した木材です。橋梁土台床板構造物枕木用材として使われてきました。最近では丁寧に仕上げて、イスのような家具用材としても注目されるようになっています




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メルバウ」の関連用語

メルバウのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メルバウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright

©2022 GRAS Group, Inc.RSS