モンキーポッドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 観賞用樹木 > モンキーポッドの意味・解説 

モンキーポッド


この樹種は、元来熱帯アメリカのものですが、熱帯アジア太平洋地域の国々にいくと、庭園や、街路樹に植えられており、熱帯景観一つになっています。レインツリーとも呼ばれています。広い庭園孤立して植えると張り方は対象的で、広いので、大変美しくなります。この木材は、かなり以前から細工物にされ、かつてはさかんにハワイ土産物ボウル人形などにされたものでした。その後、同じようなものがフィリピンで作られ、東京辺のデパートフィリピン物産展などで、よくアカシアという名で売られてきました。このモンキーポッドを、細工物にすることは、最近では、アジア熱帯地域ではかなり広くみられるようになりました。多分これは、この樹種人里に近い処に植えられているため、材料として入手し易いことがあったことから、このような細工物にされるようになったのではないでしょうか
かつて、どの位の期間だったかはっきりしませんが、日本でもこのモンキーポッドを加工していたことがあったようです。

木材
心材の色は褐色、金褐色などで、ときどき濃色の條がみられます。このような材面をもつことが、細工物にされた大きな理由一つでしょう。やや軽軟ないしやや重硬で、気乾比重は0.53~0.61とされています。肌目は粗いといえます。木理著しく交錯するため、加工は十分注意しないと、材面が毛羽立ったり、粗くなったりするでしょう

用途
木理変化と、濃色の條があることによって出来美しい材面を利用した用途広くあります。しかし、やや軽軟なため、出来上った製品はとくに高価であるとはいえません。細工物家具キャビネット彫刻絃楽器の胴などがあります


モンキーポッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 06:26 UTC 版)

モンキーポッド(学名:Albizia saman、シノニムSamanea saman)は、熱帯アメリカ原産のマメ科ネムノキ亜科[1]ネムノキ属の常緑高木。別名、レインツリーアメリカネムノキ(亜米利加合歓木)。サマネア属 (Samanea) に分類されることもあるが、サマネア属全体をネムノキ属に含める学説もある。 




「モンキーポッド」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モンキーポッド」の関連用語

モンキーポッドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モンキーポッドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2020 All Rights Reserved, Copyright
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモンキーポッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS