メキシカンサイプレスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > メキシカンサイプレスの意味・解説 

メキシカンサイプレス


メキシコ、あるいはグァテマラなどが天然産地として知られています。そのことよりも、むしろ、世界熱帯地域高地広く植栽されていることで有名になっています南米各地に造林地があります東アフリカ比較的高い地域には、成功した造林地がかなりあり、地域人々にとっては、数少ない針葉樹ですから、重要な木材一つとなってます。他のヒノキ科樹種同じような美し樹形をもっていますのでになると大変見事といえます
ヒノキ科樹種ですが、この属の樹木日本では庭園木としては知られていますが、造林地はありませんどちらかというと馴染み少な木材一つです。しかし、ときどき、木材見本が、あちこちでみられますので、あるいは知らずに使っているかも知れません

木材
この属の木材は、ヒノキ類に似ていますが、大きな違いは、ヒノキサワラのような強い芳香がなく、ほとんど無臭なことです。それと、色が黄褐色淡褐色桃色で、しかも均一でないので、どちらかというと、材面の色は汚れている感じをもってます。木理通直あるいは不規則で、肌目は均一で精です気乾比重は0.51とされています。手工具機械、いずれでも、加工はし易く良く仕上ります。釘打ちはし易く塗装良く出来ます

用途
一般には、針葉樹材使われる用途広く用いられます。など、家具一般建築などが知られています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

メキシカンサイプレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メキシカンサイプレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright

©2022 GRAS Group, Inc.RSS