メルサワとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > メルサワの意味・解説 

メルサワ


13種があり、ビルマタイカンボジアベトナムマラヤスマトラボルネオジャワスラウェシモルッカニューギニアにかけて分布します。フタバガキ科のなかで、もっとも東にまで分布している属です。各産地によって名前が違っており、その国別の一覧表示しました。

木材
心材辺材の色の違いはあまりなく、黄白色ないし淡黄褐色ですが、桃色の縞をもっています。このような色の木材は大変珍しく、一度覚えれば忘れないでしょう。この黄白色の地に桃色の縞があるという特徴を活かしてスライスドベニヤにすることもありました。しかし、大気中に長くさらされていると、この桃色の縞は褐色化してゆき、やや他より色の濃い縞となりますので、化粧的な価値はなくなってしまいます。散在する軸方向細胞間道樹脂道)があり、そのことが特徴となって他から区別出来ます放射組織中にはシリカ小さい塊があり、その量も多いので、加工のための刃物には、硬い金属をつけた上で刃物交換早めにするなどする必要があります。肌目は粗く木理交錯します。気乾比重は0.53~0.61(A.aurea)、0.64~0.70 (A.cochin-chinensis)などで、重硬な木材です。耐朽性は低いので、接地しての利用にはむきません。

用途
建物内装用として広い用途あります建築床板家具キャビネット(かってテレビキャビネット用に用いられました)。合板用(パプアニューギニアで、かなり大量合板がつくられました)。装飾用にスライスドベニヤとして、大量利用されましたが、現在ではあまりないようです

産地による呼び名(地方名)の違い



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

メルサワのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メルサワのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS