メルクシマツとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > メルクシマツの意味・解説 

メルクシマツ


ビルマからインドシナさらにフィリピンスマトラにかけて分布しています。二葉松の類です。木材日本産のアカマツ等によく似ています。かって天然のものがカンボジアからかなりの日本市場輸出されていました。その時はカンボジアマツという名で呼ばれていましたので、ご記憶の方もあるでしょう造林されることもあり、スマトラ山地にある造林地がよく知られています。近年、この造林地からの木材日本輸出されていますが、その材質現在のところあまりよいとはいえません。

木材
心材辺材境界はとくにはっきりとはしていません。心材の色は黄褐色赤褐色で、日本アカマツなどの類とほとんど同じです。年輪はかなりはっきりとしていますが、造林木の場合、とくに幼齢の木材年輪それほどではありません。このため、かって天然木は高く評価されましたが、造林木からの木材はあまり評価が高いとはいえません。気乾比重は0.39-0.63です。保存性は低いでしょういずれにしてもアカマツなどの日本産のマツ類材質的にはよく似ています。

用途
天然産のもので、とくに樹齢の高いものは、化粧的な価値があるため、ベニヤにされて、建築内装などに使われます。それ以外は建築造作パレット、箱、パルプなどに使われます。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メルクシマツ」の関連用語

1
8% |||||


3
2% |||||

メルクシマツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メルクシマツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS