マツ類とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > マツ類の意味・解説 

マツ類


本州北部から四国九州経て屋久島にまで分布します。クロマツは、一般に海辺に近い処で見られ海岸防風林として広く造林され、アカマツは、一般的にいえば、海辺から離れ地域見られます。また、両者の間の雑種もあり、アイグロマツと呼ばれます。これらの木材性質は、端な例を除けば、ほとんど同じと考えられます。

木材
アカマツクロマツは、マツ類のうちでも重硬で、気乾比重は、0.42~0.52(平均値)~0.62です。心材の色は、やや黄色を帯びた淡桃色からかなり赤褐色を帯びたものまであり、辺材黄白色です。春から夏にかけて、つくられた細胞の形が大きく違っているため、年輪ははっきりし、木材の肌目は粗です。細胞間道樹脂道をもっているため、材面に“やに”がにじみ出てくることが多く木材を使うときには注意なければなりません。未乾燥材は、青変によって、青ないし黒色変色することが多いので、伐採後早乾燥することが必要です。水中に完全に入っている時は耐久性があり、かつては用材大量に用いられたものです。一般に木材の形が良くなかったり、変色したりするので、どちらかといえば表面に出ない構造用に用いられます。

用途
建築主として軸組敷居床板)、坑木枕木経木木毛パルプ材などが知られています。
かつて、パルプ用材として、エゾマツトドマツなどが多く用いられていましたが、当時大量にあったマツ類をパルプ用材として使うために技術開発熱心にすすめられた結果、この類の木材本州などマツ類の多い地域で重要な原料になりました。


球果植物門

(マツ類 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 04:05 UTC 版)

球果植物門(きゅうかしょくぶつもん、学名PinophytaシノニムConiferophyta)は、裸子植物のうち、その種子かさ状の構造に包まれるもの(毬果植物類)を指す。マツ門[1]ともいう[疑問点]スギヒノキマツ類といった、いわゆる針葉樹植物(コニファー)はこのグループに含まれる。現生はすべて木本である[2]


  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plant分類体系表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 2014年1月10日閲覧。
  2. ^ a b 『植物の多様性と系統』加藤雅啓編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房〈バイオディバーシティ・シリーズ〉、1997年。ISBN 4-7853-5825-4
  3. ^ A. Farjon and C. J. Quinn & R. A. Price in the Proceedings of the Fourth International Conifer Conference, Acta Horticulturae 615 (2003)


「球果植物門」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マツ類」の関連用語

マツ類のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マツ類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの球果植物門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS