課金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 課金 > 課金の意味・解説 

か‐きん〔クワ‐〕【課金】

読み方:かきん

[名](スル)支払課すること料金費用引き受けさせること。「通信料が—される」

[補説] 近年、「今月オンラインゲーム課金しすぎた」のように、料金など支払う意で用いられることがある


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 23:01 UTC 版)

課金(かきん)とは、料金を課することである。




「課金」の続きの解説一覧

課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 06:43 UTC 版)

ニンテンドーeショップ」の記事における「課金」の解説

ニンテンドーeショップ配信されるソフトのほとんどが有料となっており、決済方法は以下の流れとなっている。 ニンテンドーeショップ起動するトップ画面の残高追加」を選択する本体適当な額の残高追加する500円~1,000単位のみ)。 ソフトを選び購入する本体に既に追加されている残高からソフトの代金分が引かれる残高追加方法以下の通り以下で記述されている価格全て消費税込み表記)。 クレジットカードを利用して追加 追加できる残高単位500円・1,000円・3,000円・5,000円の4種類。ただし後述の方に限って細かく追加することができる。 また、WiiDSiとは違い一度利用したクレジットカード情報本体登録することができ、以後パスワードのみで決済可能となる3回連続パスワード間違えた場合登録され情報削除される3DSでは、このパスワード登録機追加当初は数字のみ入力可能だったが、本体バージョンVer.4.2.0-9Jより英語の入力可能になった。この関係で、このバージョンへの更新時に登録されクレジットカード情報は一旦削除されている。 ニンテンドー3DSシリーズ又はWii Uでは2022年1月18日(火)午前9時以降よりクレジットカードでの追加出来なくなった。またこれによりNew ニンテンドー3DSNew ニンテンドー3DS LLNew ニンテンドー2DS LLではインターネットブラウザーフィルタリング機能があったがクレジットカード認証出来なくなる関係上、2022年1月18日(火)午前9時以降より、フィルタリング機能設定が解除できなくなったその他にカラオケ JOYSOUND for Wii Uにて利用券クレジットカード使用する事により自動継続購入することが可能だったが、2021年10月26日以降よりチケット自動継続購入終了それに伴い自動継続に付随するサービスYouTubeへの投稿機能など)も利用できなくなったニンテンドープリペイドカードを購入して追加 任天堂製品販売店やコンビニエンスストア販売されている「ニンテンドープリペイドカード」を購入し裏面スクラッチ部分書かれている番号入力することにより、購入した金額分の残高追加される通常のカード額面2022年2月現在、1,500円・3,000円・5,000円・9,000円の4種類過去に通常のカードにあった1,000円・2,000円分が必要な場合は、後述プリペイド番号購入入手可能カード種類上記の他、一部店舗期間限定デザイン3DS本体カメラ撮影して遊べるいっしょにフォト』や、特定のゲーム専用アイテム入手できる付録あるものなど、バリエーションが多数存在する。 ニンテンドープリペイド番号コンビニ購入して追加 コンビニエンスストアで「ニンテンドープリペイド番号」を購入し用紙などに書かれている番号入力することにより、購入した金額分の残高追加される。 ニンテンドープリペイド番号販売しているコンビニチェーンは以下の通りセブン-イレブン ローソン ファミリーマート サークルK サンクス ミニストップ デイリーヤマザキ セイコーマート北海道埼玉県茨城県のみ) ニンテンドープリペイド番号オンラインショップ購入して追加 オンラインショップで、ニンテンドープリペイド番号販売行っているweb上で購入し通知され番号ニンテンドーeショップ入力することにより、購入した金額分の残高追加される決済携帯電話・スマートフォンaudocomoSoftBank)の利用料金およびウェブマネークレジットカードで可能。 かつては携帯電話サイトにて専用の「ソフトショップ」が開設され番号購入可能であった(現在は終了)。 本体保存できる残高最大70,000円まで。 ただし、2011年5月以前に販売されていた「ニンテンドーポイントプリペイドカード」や、2011年6月1日以前に販売されていた「ニンテンドーポイントプリペイド番号」は3DSWii USwitchへの残高追加使用することはできない。なお、WiiニンテンドーDSiチャージされているニンテンドーポイント3DSWii USwitch移行することはできない交通系電子マネーによる決済 Wii UNewニンテンドー3DS以降のSwitchを除く全ての機種では残高追加交通系電子マネーKitacaSuicaPASMOTOICAmanacaICOCAnimocaSUGOCAはやかけんの9種類)のカード使用できた(但しPiTaPa使えない)。なおSuica決済した場合200円につき1JREポイント貯まった。この機能2022年1月18日(火)午前9時よりサービス終了した残高不足分の追加 商品選択した後、残高商品の価格満たない場合限り不足額追加することが可能。 支払い方法クレジットカードまたはPayPal

※この「課金」の解説は、「ニンテンドーeショップ」の解説の一部です。
「課金」を含む「ニンテンドーeショップ」の記事については、「ニンテンドーeショップ」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 16:44 UTC 版)

グランド・セフト・オートV」の記事における「課金」の解説

GTAオンライン内にゲーム内通貨GTAマネー)を増加させるための課金システム存在する。課金名は「シャークマネーカード」である。なお、オフラインには反映されないGTAオンラインに対する課金の売上オンラインゲーム史に残るほど実績残しており、新規パッケージ購入約数十倍売上出している。GTAオンライン世界的な大成功により、ロックスター親会社であるテイクツー他作品おいてもゲーム内課金システム重要視する発表された

※この「課金」の解説は、「グランド・セフト・オートV」の解説の一部です。
「課金」を含む「グランド・セフト・オートV」の記事については、「グランド・セフト・オートV」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 15:21 UTC 版)

エクスタス・オンライン」の記事における「課金」の解説

魔王ヘルシャフト(堂巡駆流)だけが使えるシステム。課金することで強力なアイテム使えるが、現実世界借金増えていく鬼畜システム

※この「課金」の解説は、「エクスタス・オンライン」の解説の一部です。
「課金」を含む「エクスタス・オンライン」の記事については、「エクスタス・オンライン」の概要を参照ください。


課金(料金体系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 18:41 UTC 版)

ニンテンドーDSiウェア」の記事における「課金(料金体系)」の解説

無料で配信されているソフト(DSiウェア無料)のほか、有料ソフトも配信されている。 DSiウェア有料ソフトの支払いには、ニンテンドーポイントニンテンドーDSiポイント)を使用する料金体系次の通りDSiウェア200200ポイント台) DSiウェア500500ポイント台) DSiウェアプレミアム(800ポイント以上) DSiウェア200DSiウェア500は、かつてはそれぞれ価格200ポイント500ポイントのソフトで統一されていたが、2014年消費税率改定時に価格改定行ったソフトがあるため以降は価格混在している。 なお、2008年12月24日から2010年3月31日までの間に、『ニンテンドーDSiショップ』に接続すると、1台DSiにつき1回限り自動的に1000ポイントプレゼントされるニンテンドーDSiウェアおためしキャンペーン」が実施されていた。

※この「課金(料金体系)」の解説は、「ニンテンドーDSiウェア」の解説の一部です。
「課金(料金体系)」を含む「ニンテンドーDSiウェア」の記事については、「ニンテンドーDSiウェア」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 07:14 UTC 版)

ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事における「課金」の解説

"コイン購入"より、価格同じだけのコイン購入できるコインゲーム内有料コンテンツ使用できる

※この「課金」の解説は、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の解説の一部です。
「課金」を含む「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事については、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:16 UTC 版)

ファンタジーアース ゼロ」の記事における「課金」の解説

課金は10円=1オーブ100円10オーブ、1,000円=100オーブ1万円=1,000オーブ。(実際には3000以上の額面からはオーブボーナスがつく。)イベントの時はオーブボーナスが増える時がある。オーブ消費アイテムルーレットプレイする為のコイン装備品経験値リングブーストアイテムエンチャント高性能回復アイテム購入でき、低レベル段階から最高性能武具購入装備でき、早期に前線戦うことができるようになるまた、無課金アイテム比較して様々なデザインの物が存在し耐久度が高い。最終的に無課金アイテムとのステータス数値での性能差は付かないが、最高性能にたどり着くまでの時間大幅に短縮できる等のメリットを得る事ができる。エンチャント一部ではあるオーブ限定の物が存在し回復アイテムについてもゴールド購入するものより高性能なものが販売されている。

※この「課金」の解説は、「ファンタジーアース ゼロ」の解説の一部です。
「課金」を含む「ファンタジーアース ゼロ」の記事については、「ファンタジーアース ゼロ」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 02:22 UTC 版)

Battle of Titans」の記事における「課金」の解説

基本無料であるが、ECプレミアムアカウント課金機体・武器購入することができる。

※この「課金」の解説は、「Battle of Titans」の解説の一部です。
「課金」を含む「Battle of Titans」の記事については、「Battle of Titans」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 01:07 UTC 版)

タワー オブ アイオン」の記事における「課金」の解説

アイオンでは課金が時間従量制日数無制限制の2つ分かれている。30日間接続可能時間100 - 300時間までの従量制課金と、最大90日間接続無制限の2種類従量制課金は100時間300時間2種類選べるこのうち予約決済という形で決済可能なのは90日間無制限の方で、従量制課金では予約決済出来ない決済全てplayncサービス共通のカイモ決済行われる

※この「課金」の解説は、「タワー オブ アイオン」の解説の一部です。
「課金」を含む「タワー オブ アイオン」の記事については、「タワー オブ アイオン」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 03:22 UTC 版)

富士通Habitat」の記事における「課金」の解説

課金は管理費300円+ニフティサーブ利用料金1分10円+サーチャージ1分6円(10時3600円上限。10時1分以降のサーチャージ課金されない)の従量制課金となっていた。これは10時間利用する300円+6000円+3600円=9900円となり、1分あたり16.5円に相当する当時NTTテレホーダイなどの割引もなかったため、かなり高額であった。それでもこのチャット魅了されファン多かったその後ニフティサーブの課金の夜間割引スタートし午前3時から午前6時までは1分8円になったため、ログインしなおす人も見られた。管理費後に500円値上げされニフティサーブの課金は1分8円に値下げされた。サーチャージ後に廃止されたが、固定課金制は設定されなかった。これが設定されたのはJ-チャット1999年12月に、月2000円固定課金になってからである多くのオンラインゲーム固定課金を採用していく最中HabitatIIはその対応を行わずニフティサーブ50時間まで5000円の半固定制を採用したときも、HabitatIIは更に1分6円の追加料金となったため、ニフティサーブフォーラム多数利用者から失望書き込みがあった。ただし固定課金は会員数増加はなっても、サービスの質下げるという反対の声一部にあったが、固定性を大多数人達望んでいたことは間違いないことである。 富士通HabitatHabitatIIエリシウムオラクルは、課金の一部自分へ収入になることは、オラクル自身認めていた。当時ニフティサーブシスオペそうであったようにオラクル同等であれば妥当である富士通Habitat専用ソフト購入必要であったため会員数多くなかったか、無償化されHabitatIIエリシウムになってから会員数急増した。しかし、HabitatIIの上限のない課金で月に2万円以上を支払う人が続出し中には10万円以上払う人もいた。これを「課金死」と呼び多くの人HabitatII辞めていった。オラクル会員数減少とともに主催イベント増やしていたが、迷路経路途中で変えたりすることもあり、かえって反発招いた1997年12月31日から、翌年元旦にかけてHabitatIIエリシウムオラクルが誰1人としてエリア現れないという事態が起こったそれまでオラクル年末年始には姿を見せカウントダウンなどを行っていたのである1998年2月からHabitatIIグレースビルが始まったが、エリシウムオラクルアコライトとして採用された1人のみであった。他は新たに別の人を採用している。課金はHabitatIIグレースビルは1分6円であり、J-チャット開始時1999年9月から12月24日までは同額であったが、12月25日から2000円固定性が採用されたHabitatIIエリシウムサービス開始前に運営側富士通からニフティサーブフォーラムにおいて、アバター借りられる部屋家賃当初、月4800トークン発表されたトークンチャット内の仮想通貨で、1時間ログインして60トークン自動的に得られたが、1分8円の課金であったため、1時間ログインしていると480円、4800トークンを得るためには80時間ログイン必要で、38400円の課金を払う必要があった。部屋複数アバター共用できるため、運営側トークン支払い部屋共用薦めたが、プライベートな部屋持ちたいという理由からフォーラム内で反対意見相次ぎ、エリシウム開始直前当時のWoldsAway(現VZONES)と同じ月995トークン家賃下げると発表になり、サービス開始された。J-チャットになってからは課金は定額制になったため、部屋キャラクター放置してトークン貯める様子見られた。 J-チャット運用開始当時から現在に至るまで、月2000円固定課金または、管理費700+1分6円の従量制いずれかが選択できたが、これは結局10年間変更されなかった。 インターネット2004年3月から、電話回線使った完全定額制高速のADSLサービス始まりフレッツISDNテレホーダイなどは終焉向かいJ-チャット軽々と動作するようになったサンリオJ-チャット版権用いた、サンリオワールドというサービスもあったが、これは1キャラクター500円固定であった2007年3月サービス終了している。

※この「課金」の解説は、「富士通Habitat」の解説の一部です。
「課金」を含む「富士通Habitat」の記事については、「富士通Habitat」の概要を参照ください。


課金(料金体系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 05:36 UTC 版)

バーチャルコンソール」の記事における「課金(料金体系)」の解説

Wiiバーチャルコンソール有料ソフト購入支払いには、Wiiポイント使用した一度購入手続き行いダウンロードしたソフトは、削除して無料でダウンロードすることができる。

※この「課金(料金体系)」の解説は、「バーチャルコンソール」の解説の一部です。
「課金(料金体系)」を含む「バーチャルコンソール」の記事については、「バーチャルコンソール」の概要を参照ください。


課金(料金体系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 05:36 UTC 版)

バーチャルコンソール」の記事における「課金(料金体系)」の解説

3DSバーチャルコンソール有料ソフト購入支払いには、ニンテンドープリペイドを使用するWiiと同様一度購入手続き行いダウンロードしたソフトは、削除して無料でダウンロードすることができる。ただし、ダウンロードしたソフトを引っ越し機能別の3DSシリーズ本体に引っ越した場合ニンテンドーネットワークIDおよび、購入権利ご利用記録、アンバサダー・プログラム)も引っ越し先引き継ぐため、引っ越し元の3DSシリーズ本体は初期化され、その本体でソフトを再ダウンロードする場合買い直す必要がある

※この「課金(料金体系)」の解説は、「バーチャルコンソール」の解説の一部です。
「課金(料金体系)」を含む「バーチャルコンソール」の記事については、「バーチャルコンソール」の概要を参照ください。


課金(料金体系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 05:36 UTC 版)

バーチャルコンソール」の記事における「課金(料金体系)」の解説

Wii Uバーチャルコンソール有料ソフト購入支払いには、ニンテンドープリペイドを使用する。ソフトの価格機種ごとに概ね固定されているが、ソフトによっては若干上下することもある。 バーチャルコンソール元のソフトとエミュレータ環境セット一つソフトウェアとなっているため、Wii版バーチャルコンソールソフトとWii U版バーチャルコンソールソフトでは同一タイトルであっても別ソフト扱いとなる。ただし、Wiiからソフトとデータ引っ越しをしている場合、およびWii U本体WiiメニューからWiiショッピングチャンネルWii版バーチャルコンソールソフトを直接購入済みの場合、同一タイトルWii U版バーチャルコンソールソフトを優待価格購入可能。

※この「課金(料金体系)」の解説は、「バーチャルコンソール」の解説の一部です。
「課金(料金体系)」を含む「バーチャルコンソール」の記事については、「バーチャルコンソール」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/23 09:53 UTC 版)

IPマルチメディアサブシステム」の記事における「課金」の解説

オフライン課金は、ユーザー定期的例えば、月末ごと)に支払いをする場合である。オンライン課金プリペイドサービスリアルタイムのクレジット制御によるポストペイドサービスで使われる同一セッション両方適用されることもある。 オフライン課金 全てのSIPネットワーク実体(P-CSCF, I-CSCF, S-CSCF, BGCF, MRFC, MGCF, AS)は、DIAMETERRfインタフェース使って同一ドメイン内のCharging Collector Function (CCF) に課金情報を送る。CCFはそれらを集めCall Detail Record (CDR) を作り、そのドメインの「課金システム; Billing System」(BS)に送る。 各セッションにはユニークな識別子として IMS Charging Identifier (ICID) が振られている。Inter Operator Identifier (IOI) パラメータ始点ネットワーク終点ネットワーク定義している。 各ドメインそれぞれの課金ネットワークがある。異なドメイン課金システム間でも情報交換されており、それによってローミング可能となるオンライン課金 S-CSCFは、普通のSIPアプリケーションサーバのように見える Session Charging Function (SCF) とやり取りするセッション中にユーザークレジット上限達するとSCFはS-CSCFにセッション中断すべきということ通知する。ASとMRFCはDIAMETERRoインタフェース使って Event Charging Function (ECF) とやり取りするImmediate Event Charging (IEC) を使う場合ECFによってユーザー口座から即座に必要なクレジット引かれ、MRFCまたはASがサービス提供認可する十分なクレジット口座ない場合サービス認可されないEvent Charging with Unit Reservation (ECUR) を使う場合ECFユーザー口座から必要なクレジット予約し、MRFCまたはASが認可するサービス完了すると、実際に使ったクレジット報告され口座から引かれる。そして予約したクレジットクリアされる。

※この「課金」の解説は、「IPマルチメディアサブシステム」の解説の一部です。
「課金」を含む「IPマルチメディアサブシステム」の記事については、「IPマルチメディアサブシステム」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 07:47 UTC 版)

Azure IoT」の記事における「課金」の解説

2015年12月現在、IoT Hubユニットごとに1日の処理メッセージの上限のみが制限され形で使用可能になっている。 プランメッセージ数上限(1日あたり)Free 8000 低頻度(S1) 40 高頻度(S2) 600 S1およびS2プランでは4KBを超えるメッセージは4KBに分割した場合メッセージ数としてカウントされる(実際の1メッセージの最大サイズは256KB) IoT HUBにつながるIoTデバイス頻度高くメッセージを出す場合メッセージ数上限の関係で1ユニットサポート可能デバイス数が少なくなることになる。各デバイスが4KB以内メッセージ1分間一つみ送出する場合低頻度プランでは277台、高頻度プランでは 4166台のサポート可能なことになる。(実際には余裕が必要) 「10万台のデバイス接続可能」という記述は、500台のデバイスを1ユニット接続しこのようなユニット200ユニット契約することで実現可能となる。

※この「課金」の解説は、「Azure IoT」の解説の一部です。
「課金」を含む「Azure IoT」の記事については、「Azure IoT」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 02:33 UTC 版)

みんなで早押しクイズ」の記事における「課金」の解説

課金により、ボタンスタンプ手に入れたり、広告消したりすることに使用できるポイント購入できる

※この「課金」の解説は、「みんなで早押しクイズ」の解説の一部です。
「課金」を含む「みんなで早押しクイズ」の記事については、「みんなで早押しクイズ」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 07:44 UTC 版)

PlayStation Home」の記事における「課金」の解説

クラブ開設者はリーダーとなり、30日毎に500円開設料が掛かる。なお、開設購入自動引き落とし無く更新期限までに継続手続き支払い無ければ自動的に解散となる。ただし、継続課金については現在は見送られている。クラブ課金形態については引き続き検討し決定次第課金開始まで90日の猶予を持って公表される

※この「課金」の解説は、「PlayStation Home」の解説の一部です。
「課金」を含む「PlayStation Home」の記事については、「PlayStation Home」の概要を参照ください。


課金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:02 UTC 版)

メイプルストーリー」の記事における「課金」の解説

2003年12月3日の正式運用以来通常プレイ無料である。特殊なアイテムのみに課金するアイテム課金形態サービス開始当初から計画実施しており、またアイテム課金そのもの先駆けとなったゲームでもある前述のアバター要素用いポイントアイテムのほか、拡声器ワールドの全PC話し掛ける)や、一定期間取得経験値増加させるチケット(サクサクチケット・サクサクミニ)、またアイテムドロップ率を増加させるチケット(ザクザクチケット)、ガシャポンランダムアイテム得られるシステム用のチケット他にもフリーマーケット店を出す営業許可書や、幽霊になって経験値減らないお守り、テレポストーン(登録したマップ移動できるシステム)など、追加機能が課金の対象である。その他、他のPCポイントアイテム贈答する、MTSにてアイテム交換するなどができる。また、ペットも課金制で、ゲーム内ペット引き連れて移動しペット種類によってはメルアイテム拾わせたりすることもできるペット自発的に拾いにいくものとキャラクター通った後のアイテムを拾うものがある。これらポイントアイテム購入できるポイントショップ2003年11月18日プレオープンゲームの正式運用に合わせて2003年12月3日正式オープンした。 ウェブマネークレジットカード引き落としなどで現金と「ネクソンポイント」を交換し、ネクソンポイントでアイテムなど購入する仕組みがとられている。ネクソンポイントは、ネクソン運営している他のオンラインゲームでも共通に使えるポイントシステムである。

※この「課金」の解説は、「メイプルストーリー」の解説の一部です。
「課金」を含む「メイプルストーリー」の記事については、「メイプルストーリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「課金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「課金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



課金と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



課金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ課金の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの課金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニンテンドーeショップ (改訂履歴)、グランド・セフト・オートV (改訂履歴)、エクスタス・オンライン (改訂履歴)、ニンテンドーDSiウェア (改訂履歴)、ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い (改訂履歴)、ファンタジーアース ゼロ (改訂履歴)、Battle of Titans (改訂履歴)、タワー オブ アイオン (改訂履歴)、富士通Habitat (改訂履歴)、バーチャルコンソール (改訂履歴)、IPマルチメディアサブシステム (改訂履歴)、Azure IoT (改訂履歴)、みんなで早押しクイズ (改訂履歴)、PlayStation Home (改訂履歴)、メイプルストーリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS