ガンダムF90_(架空の兵器)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ガンダムF90_(架空の兵器)の意味・解説 

ガンダムF90 (架空の兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 06:32 UTC 版)

ガンダムF90GUNDAM FORMULA 90[1] )は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ (MS)」のひとつ。初出はプラモデル企画および漫画メディアミックス展開された『機動戦士ガンダムF90』。




注釈

  1. ^ デザインは異なるが、ドッキング方式はのちにデザインされたクラスターガンダムと共通する。
  2. ^ 完成を0120年とする資料もある[18]
  3. ^ 0112年とする資料もある[20]。ただし同資料の別頁では0111年10月[17]
  4. ^ 量産検討のための技術立証用として2機が試作されたとする資料もある[21]
  5. ^ ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズのゲーム中のCG映像では、1号機の最後の一撃(ビーム・ライフル)を胴体に受けている。
  6. ^ 漫画「フォーミュラ91の亡霊」でも、パイロットのウォルフが本機のシステムがF91よりあとに作られたものであると判断している[50]
  7. ^ 27種類が計画されているとする資料もある[11]
  8. ^ a b 「Destroyed Type もしくは Destroied Type」とする資料もある[9]
  9. ^ a b 「接近・制圧戦仕様」とする資料もある[60]
  10. ^ a b 「砂漠戦用浮上走行仕様」とする資料もある[63]
  11. ^ "Reconnaissance Type" とする資料もある[65]
  12. ^ 「リーコノイタ」と表記する資料もある[66]
  13. ^ F99 レコードブレイカーとのつながりを記述する資料もある[67]
  14. ^ a b c d e 組立図より。
  15. ^ ただしプラモデル『1/100 ガンダムF90 タイプA. D. S. 3点セット』では、機動ユニットと干渉するため両肩のハードポイントのカバーは取り外すが、肩部に機動ユニットは固定されない[11][注 14]
  16. ^ 190,800kgとする資料もある[78]
  17. ^ 総推力を141,300kgとする資料もあるが[78]、ノーマル・バックパックを含む本体とミッションパックの合計値であり、Mタイプはバックパックを交換するタイプである。
  18. ^ 「F90 A to Z PROJECT」以前の設定では「コンバットナイフ」とのみ表記[79]
  19. ^ 計算上の総推力は197,960kgとなる。また、122,470kgとする資料もある[78]
  20. ^ 200ミリを超える大口径キャノン砲、とする資料もある[11]
  21. ^ スペック表では「4連装ビーム・キャノン」だが[10][21]、機体解説では「レールキャノン」とする資料も多い[11][22]。また、「ハンド・キャノン砲」とするものもある[11]
  22. ^ ただし『1/100 ガンダムF90 タイプA. D. S. 3点セット』および『MG ガンダムF90用ミッションパック Eタイプ&Sタイプ』では、Aタイプ同様両肩のハードポイントのカバーは外すが、メガ・ビーム・キャノンのユニットには固定されない[11][注 14]
  23. ^ 758,500kgとする資料もある[78]

出典

  1. ^ EBデラーズ紛争下 1992, p. 139.
  2. ^ a b F91オフィシャルエディション 1991, p. 48-58.
  3. ^ F91パーフェクトファイル 1991, p. 54-55.
  4. ^ GUNDAM DESIGN WORKS 1999, p. 54-55.
  5. ^ HJメカニクス2 2018, p. 6-7.
  6. ^ GUNDAM DESIGN WORKS 1999, p. 72-73.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab F91オフィシャルエディション 1991, p. 62-63.
  8. ^ 漫画F90 1991, p. 14.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v AtoZメカニカル 2020.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r EB MS開発戦争編 1991, p. 52-53.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as 1/100F90A.D.S 1990.
  12. ^ EB SPガンダム大鑑 1993, p. 54.
  13. ^ MSハンドブック 1992, p. 15.
  14. ^ ガンダム辞典1.5 2009, p. 121.
  15. ^ サイバーコミックス24 1990, p. 3.
  16. ^ a b ガンダム作例集 1992, p. 108.
  17. ^ a b c d MSハンドブック 1992, p. 12.
  18. ^ NT100% F91 1991, p. 92-93.
  19. ^ EB MS開発戦争編 1991, p. 61.
  20. ^ MSハンドブック 1992, p. 14-15.
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj AtoZメカニカル 2019.
  22. ^ a b c d EB MS開発戦争編 1991, p. 62-65.
  23. ^ SD CLUB17 1990, p. 176.
  24. ^ 漫画F90 1991, p. 74.
  25. ^ 漫画F90 1991, p. 178.
  26. ^ B-CLUB71 1991.
  27. ^ 漫画F90 1991, p. 68, 184.
  28. ^ 漫画F90 1991, p. 19.
  29. ^ ガンダム辞典1.5 2009, p. 123-124.
  30. ^ a b c d MG F90 2019.
  31. ^ EB MS開発戦争編 1991, p. 64.
  32. ^ 鋼鉄の7人1 2006, p. 170-171.
  33. ^ a b 鋼鉄の7人3 2007, p. 206.
  34. ^ ガンダムエース1908 2019, p. 25-30.
  35. ^ ガンダムマガジン5 1991, p. 58-65.
  36. ^ a b c d e f g 1/100F90Vタイプ 1991.
  37. ^ MSインアクション0123 1991, p. 48-50.
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ガンダム辞典1.5 2009, p. 302-307.
  39. ^ a b c d MS大全集2013 2012, p. 333-335.
  40. ^ データコレクションF91 1998, p. 9.
  41. ^ a b c d e f g B-CLUB71 1991, p. 58-59.
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 新MS大全集3 1992, p. 149-151.
  43. ^ a b c d e B-CLUB71 1991, p. 60.
  44. ^ a b c d e f g h i j ガンダム作例集 1992, p. 108-113.
  45. ^ a b 新訳MS大全集 2020, p. 84-85.
  46. ^ a b ガンダム辞典1.5 2009, p. 309.
  47. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 1/100クラスター 1993.
  48. ^ MS大全集2013 2012, p. 337.
  49. ^ データコレクションF91 1998, p. 20-21.
  50. ^ a b c d ボンボン増刊Vガンダム 1993, p. 144-150.
  51. ^ a b c ボンボン増刊Vガンダム 1993, p. 118-119.
  52. ^ パーフェクトファイル123 2014.
  53. ^ GW F91クロスボーン編 2007, p. 53.
  54. ^ B-CLUB74 1991, p. 38.
  55. ^ a b NEW MSVハンドブック1 1993, p. 26.
  56. ^ 模型情報169 1993.
  57. ^ a b AtoZ 2019.
  58. ^ a b c d e ガンダムエース0409 2004, p. 232.
  59. ^ a b c d e f g h i j k ウェブMG B&Kタイプ 2019.
  60. ^ a b c d e ウェブMG D&Gタイプ 2020.
  61. ^ a b c d e ウェブMG E&Sタイプ 2019.
  62. ^ a b c d e f g ウェブMG F&Mタイプ 2019.
  63. ^ a b c d e EB SPガンダム大鑑 1993, p. 25-27.
  64. ^ a b c d e f g h i j k ウェブMG O&Uタイプ 2020.
  65. ^ a b c d e f g AtoZメカニカル 2021.
  66. ^ a b c d ウェブMG R&Vタイプ 2021.
  67. ^ データガンダムII 2010, p. 153.
  68. ^ スーパーMJ 1992, p. 82.
  69. ^ a b c d e f g h i MS大全集2003 2003, p. 88-89.
  70. ^ a b EB MS開発戦争編 1991, p. 72-77.
  71. ^ ガンダム作例集 1992, p. 48.
  72. ^ a b c d e f g h i 新訳MS大全集 2020, p. 86-87.
  73. ^ ガンダム作例集 1992, p. 52.
  74. ^ a b データコレクションF91 1998, p. 72-74.
  75. ^ ガンダムマガジン1 1990, p. 140-144.
  76. ^ a b EB MS開発戦争編 1991, p. 76-77.
  77. ^ MJ141 1991, p. 33.
  78. ^ a b c d e f g h EB SPガンダム大鑑 1993, p. 104-111.
  79. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ガンダムマガジン6 1991, p. 118-119.
  80. ^ ガンダムマガジン5 1991, p. 51.
  81. ^ a b c d e f g B-CLUB74 1991, p. 42-43.
  82. ^ a b c データコレクションF91 1998, p. 4-11.
  83. ^ a b ウェブMG Iタイプ 2020.
  84. ^ 新訳MS大全集 2020, p. 125-126.
  85. ^ a b B-CLUB74 1991, p. 44-45.
  86. ^ 新訳MS大全集 2020, p. 150.
  87. ^ a b c d e f g h i j k l 1/100F90II Lタイプ 1991.
  88. ^ ガンダム作例集 1992, p. 42.
  89. ^ クロスボーン1 1995, p. 137-148.
  90. ^ B-CLUB67 1991, p. 10-11.
  91. ^ ガンダム作例集 1992, p. 54.
  92. ^ a b c d e f g h 1/100F90Pタイプ 1991.
  93. ^ EB MS開発戦争編 1991, p. 68-77.
  94. ^ B-CLUB70 1991, p. 44-47.
  95. ^ EB CV建国戦争編 1991, p. 39.
  96. ^ ボンボン増刊Vガンダム 1993, p. 110-111.
  97. ^ MG F&Mタイプ 2019.


「ガンダムF90 (架空の兵器)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダムF90_(架空の兵器)」の関連用語

ガンダムF90_(架空の兵器)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガンダムF90_(架空の兵器)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダムF90 (架空の兵器) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS