ガンダムF90_(架空の兵器)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ガンダムF90_(架空の兵器)の意味・解説 

ガンダムF90 (架空の兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 08:44 UTC 版)

ガンダムF90(ガンダムエフきゅうじゅう:ガンダムフォーミュラナインティGUNDAM F90: GUNDAM FORMULA NINETY)は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出はプラモデルガンプラ)企画および漫画メディアミックス展開されていた『機動戦士ガンダムF90』。




注釈

  1. ^ 資料によっては諸元に差異(建造年が111年とするものと120年[2])が見られることがある。
  2. ^ 宇宙世紀0111年9月に1号機がロールアウト。オプションのA・D・S・H・Mのパックは本体よりも先行して完成した[5]
  3. ^ コンペティションは宇宙世紀0111年10月に行われた[5]。コンピュータによる一次審査においてMSA-0120は対弾性と出力では勝っていたものの、運用コストと機動戦力比等に優れるF90が総合性能で勝利している。また、二次審査の模擬戦においてはF90が圧勝した[4]。尚、コンペティションを0112年に行ったとする記述もみられる[1]
  4. ^ 搭乗者のウォルフはアステロイドベルトのポイント6381でコア・ファイターからガンダムF90IIIへ換装した際に、「このシステムはF91より後に作られたものでF91の新型であり、この機体を急に動かすことが出来るのは腕利きMSパイロットだけであるから、自分がこの任務に選ばれた」と発言している[21]
  5. ^ 備考としてアナハイム・エレクトロニクス社の同時期のコアファイター搭載型ガンダムタイプであるネオガンダムのロールアウト時期は0123年2月である。
  6. ^ 劇中ではクロスボーン・バンガードの精鋭であるデス・ガンズとの戦闘で、ダブル・ガンズ・シュートをこの分身で避けそれを見たガンマッド少佐は「信じられん速さで移動する」と発言し、直後デナン・ゾンのランサーを一振りして全ての残像をかき消している[21]
  7. ^ 腰に2門のハイパワービームを持つ白いMSであることからガンマッド少佐は、ガンダムF90IIIがザビーネの言っていたラフレシアを倒したF91だと一瞬誤解し、付近にいたクロスボーン・バンガードの追撃部隊も大破したF91が修理され動いているのだと誤解し「亡霊か…!!」と驚いている
  8. ^ 26種類とする資料もみられる[3]
  9. ^ ジェネレーターを高出力のものへ換装したとする資料も見られる[37]

出典

  1. ^ a b モビルスーツハンドブック 1992, p. 14-15.
  2. ^ NT100%コレクションF91 1991.
  3. ^ a b c d e ガンダムF91オフィシャルエディション 1991, p. 62-63.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 1/100 ガンダムF-90 増装ウェポン 1990, p. 組立説明書.
  5. ^ a b c d モビルスーツハンドブック 1992, p. 12.
  6. ^ a b B-CLUB 71号 1991.
  7. ^ Cyber comix No26 1990, p. 26.
  8. ^ Cyber comix No30 1991, p. 179.
  9. ^ Cyber comix No23 1990, p. 19.
  10. ^ ガンダム辞典Ver1.5 2009, p. 123-124.
  11. ^ クロスボーン・ガンダム鋼鉄の7人 1巻 2006, p. 170.
  12. ^ クロスボーン・ガンダム鋼鉄の7人 3巻 2007, p. 165.
  13. ^ HJメカニクス2 2018, p. 6-7.
  14. ^ モビルスーツ・イン・アクションU.C.0123 1991, p. 48-50.
  15. ^ a b c d e f g h B-CLUB 71号 1991, p. 58-59.
  16. ^ a b c d e B-CLUB 71号 1991, p. 60.
  17. ^ 1993年『コミックボンボン増刊号』[要文献特定詳細情報]
  18. ^ データコレクション ガンダムF91 1998, p. 20-21.
  19. ^ ガンダム辞典Ver1.5 2009, p. 309.
  20. ^ a b c d e f 1/100 F90Y クラスターガンダム 1990, p. 組立説明書.
  21. ^ a b c ガンダム短編集2 2006, p. 143-178.
  22. ^ GUNDAM WEAPONS ガンダムF91/クロスボーンガンダム編 2007, p. 53.
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 月刊ガンダムエース2004年9月号 2004, p. 232.
  24. ^ a b データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II] 2010, p. 153.
  25. ^ a b c MS大図鑑PART.8 SPECIALガンダム大鑑 1991, p. 104-111.
  26. ^ a b c d ガンダム辞典Ver1.5 2009, p. 302.
  27. ^ a b c d e MS大図鑑PART.4 MS開発戦争編 1991, p. 52-55.
  28. ^ a b MS大図鑑PART.4 MS開発戦争編 1991, p. 76-77.
  29. ^ a b c B-CLUB 67号 1991, p. 10-11.
  30. ^ MS大全集98 1998, p. 191-193.
  31. ^ クロスボーン・ガンダム鋼鉄の7人 3巻 2007, p. 206.
  32. ^ MS大図鑑PART.8 SPECIALガンダム大鑑 1991, p. 112-115.
  33. ^ 1/100 ガンダムF90II-Lタイプ 1991, p. 組立説明書.
  34. ^ a b c d 1/100 ガンダムF90-Pタイプ 1991, p. 組立説明書.
  35. ^ B-CLUB 68号 1991, p. 20-23.
  36. ^ MS大図鑑PART5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 39.
  37. ^ B-CLUB 68号 1991, p. 20-21.
  38. ^ a b c d e f 1/100 ガンダムF90-Vタイプ 1991, p. 組立説明書.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダムF90_(架空の兵器)」の関連用語

ガンダムF90_(架空の兵器)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガンダムF90_(架空の兵器)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダムF90 (架空の兵器) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS