ガンダムF90_(架空の兵器)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ガンダムF90_(架空の兵器)の意味・解説 

ガンダムF90 (架空の兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 23:02 UTC 版)

ガンダムF90GUNDAM FORMULA 90[1] )は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ (MS)」のひとつ。初出はプラモデル企画および漫画メディアミックス展開された『機動戦士ガンダムF90』。


注釈

  1. ^ また一見して特徴になるような特殊な武装を付けてほしいという要望があり、これがのちにヴェスバーとして結実した[4]
  2. ^ デザインは異なるが、ドッキング方式はのちにデザインされたクラスターガンダムと共通する。
  3. ^ 完成を0120年とする資料もある[21]
  4. ^ 0112年とする資料もある[23]。ただし同資料の別頁では0111年10月[20]
  5. ^ 量産検討のための技術立証用として2機が試作されたとする資料もある[24]
  6. ^ ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズのゲーム中のCG映像では、1号機の最後の一撃(ビーム・ライフル)を胴体に受けている。
  7. ^ 漫画「フォーミュラ91の亡霊」でも、パイロットのウォルフが本機のシステムがF91よりあとに作られたものであると判断している[53]
  8. ^ 27種類が計画されているとする資料もある[14]
  9. ^ a b 「Destroyed もしくは Destroied」とする資料もある[12]
  10. ^ a b 「接近・制圧戦仕様」とする資料もある[65]
  11. ^ a b 「砂漠戦用浮上走行仕様」とする資料もある[68]
  12. ^ a b 「F90 A to Z Project」以前は「迎撃仕様」とされていた[68]
  13. ^ "Reconnaissance" とする資料もある[71]
  14. ^ F9シリーズの末尾が9に到達したあとには、新たなコード "F01" から始まるとされる[74]
  15. ^ a b c d e 組立図より。
  16. ^ ただしプラモデル『1/100 ガンダムF90 タイプA. D. S. 3点セット』では、機動ユニットと干渉するため両肩のハードポイントのカバーは取り外すが、肩部に機動ユニットは固定されない[14][注 15]
  17. ^ 190,800kgとする資料もある[84]
  18. ^ 総推力を141,300kgとする資料もあるが[84]、ノーマル・バックパックを含む本体とミッションパックの合計値であり、Mタイプはバックパックを交換するタイプである。
  19. ^ 「F90 A to Z PROJECT」以前の設定では「コンバットナイフ」とのみ表記[85]
  20. ^ 計算上の総推力は197,960kgとなる。また、122,470kgとする資料もある[84]
  21. ^ 200ミリを超える大口径キャノン砲、とする資料もある[14]
  22. ^ スペック表では「4連装ビーム・キャノン」だが[13][24]、機体解説では「レールキャノン」とする資料も多い[14][25]。また、「ハンド・キャノン砲」とするものもある[14]
  23. ^ ただし『1/100 ガンダムF90 タイプA. D. S. 3点セット』および『MG ガンダムF90用ミッションパック Eタイプ&Sタイプ』では、Aタイプ同様両肩のハードポイントのカバーは外すが、メガ・ビーム・キャノンのユニットには固定されない[14][注 15]
  24. ^ 758,500kgとする資料もある[84]

出典

  1. ^ EBデラーズ紛争下 1992, p. 139.
  2. ^ a b 封入特典「F91 ドキュメントコレクション」収録インタビュー冒頭公開”. 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公式サイト. 株式会社サンライズ (2018年5月25日). 2021年5月8日閲覧。
  3. ^ a b c 『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション (B‐CLUB SPECIAL)』バンダイ、1991年5月、48-58頁。ISBN 978-4891891558
  4. ^ GUNDAM DESIGN WORKS 1999, p. 54-55.
  5. ^ 『グレートメカニックG 2018WINTER』双葉社、2018年12月、38-42頁。ISBN 978-4575465136
  6. ^ 『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション (B‐CLUB SPECIAL)』バンダイ、1991年5月、40頁。ISBN 978-4891891558
  7. ^ a b GUNDAM DESIGN WORKS 1999, p. 72-73.
  8. ^ a b HJメカニクス2 2018, p. 6-7.
  9. ^ F91パーフェクトファイル 1991, p. 54-55.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab F91オフィシャルエディション 1991, p. 62-63.
  11. ^ 漫画F90 1991, p. 14.
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v AtoZメカニカル 2020.
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r EB MS開発戦争編 1991, p. 52-53.
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as 1/100F90A.D.S 1990.
  15. ^ EB SPガンダム大鑑 1993, p. 54.
  16. ^ MSハンドブック 1992, p. 15.
  17. ^ ガンダム辞典1.5 2009, p. 121.
  18. ^ サイバーコミックス24 1990, p. 3.
  19. ^ a b ガンダム作例集 1992, p. 108.
  20. ^ a b c d MSハンドブック 1992, p. 12.
  21. ^ NT100% F91 1991, p. 92-93.
  22. ^ EB MS開発戦争編 1991, p. 61.
  23. ^ MSハンドブック 1992, p. 14-15.
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj AtoZメカニカル 2019.
  25. ^ a b c d EB MS開発戦争編 1991, p. 62-65.
  26. ^ SD CLUB17 1990, p. 176.
  27. ^ 漫画F90 1991, p. 74.
  28. ^ 漫画F90 1991, p. 178.
  29. ^ B-CLUB71 1991.
  30. ^ 漫画F90 1991, p. 68, 184.
  31. ^ 漫画F90 1991, p. 19.
  32. ^ ガンダム辞典1.5 2009, p. 123-124.
  33. ^ a b c d MG F90 2019.
  34. ^ EB MS開発戦争編 1991, p. 64.
  35. ^ 鋼鉄の7人1 2006, p. 170-171.
  36. ^ a b 鋼鉄の7人3 2007, p. 206.
  37. ^ ガンダムエース1908 2019, p. 25-30.
  38. ^ ガンダムマガジン5 1991, p. 58-65.
  39. ^ a b c d e f g 1/100F90Vタイプ 1991.
  40. ^ MSインアクション0123 1991, p. 48-50.
  41. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ガンダム辞典1.5 2009, p. 302-307.
  42. ^ a b c d MS大全集2013 2012, p. 333-335.
  43. ^ データコレクションF91 1998, p. 9.
  44. ^ a b c d e f g B-CLUB71 1991, p. 58-59.
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 新MS大全集3 1992, p. 149-151.
  46. ^ a b c d e B-CLUB71 1991, p. 60.
  47. ^ a b c d e f g h i j ガンダム作例集 1992, p. 108-113.
  48. ^ a b 新訳MS大全集 2020, p. 84-85.
  49. ^ a b ガンダム辞典1.5 2009, p. 309.
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 1/100クラスター 1993.
  51. ^ MS大全集2013 2012, p. 337.
  52. ^ データコレクションF91 1998, p. 20-21.
  53. ^ a b c d ボンボン増刊Vガンダム 1993, p. 144-150.
  54. ^ a b c ボンボン増刊Vガンダム 1993, p. 118-119.
  55. ^ パーフェクトファイル123 2014.
  56. ^ GW F91クロスボーン編 2007, p. 53.
  57. ^ B-CLUB74 1991, p. 38.
  58. ^ a b NEW MSVハンドブック1 1993, p. 26.
  59. ^ 模型情報169 1993.
  60. ^ a b c ガンプラファクトリー 2005, p. 115.
  61. ^ a b ガンダムエース0409 2004, p. 232.
  62. ^ a b データガンダムII 2010, p. 153.
  63. ^ a b AtoZ 2019.
  64. ^ a b c d e f g h i j k ウェブMG B&Kタイプ 2019.
  65. ^ a b c d e f ウェブMG D&Gタイプ 2020.
  66. ^ a b c d e ウェブMG E&Sタイプ 2019.
  67. ^ a b c d e f g ウェブMG F&Mタイプ 2019.
  68. ^ a b c d EB SPガンダム大鑑 1993, p. 25-27.
  69. ^ a b c d ウェブMG Iタイプ 2020.
  70. ^ a b c d e f g h i j k ウェブMG O&Uタイプ 2020.
  71. ^ a b c d e f g h i j k l m AtoZメカニカル 2021.
  72. ^ a b c d ウェブMG R&Vタイプ 2021.
  73. ^ a b c d e f g ウェブMG Wタイプ 2021.
  74. ^ スーパーMJ 1992, p. 82.
  75. ^ a b c d e f g h i MS大全集2003 2003, p. 88-89.
  76. ^ a b EB MS開発戦争編 1991, p. 72-77.
  77. ^ ガンダム作例集 1992, p. 48.
  78. ^ a b c d e f g h i 新訳MS大全集 2020, p. 86-87.
  79. ^ ガンダム作例集 1992, p. 52.
  80. ^ a b データコレクションF91 1998, p. 72-74.
  81. ^ ガンダムマガジン1 1990, p. 140-144.
  82. ^ a b EB MS開発戦争編 1991, p. 76-77.
  83. ^ MJ141 1991, p. 33.
  84. ^ a b c d e f g h EB SPガンダム大鑑 1993, p. 104-111.
  85. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ガンダムマガジン6 1991, p. 118-119.
  86. ^ ガンダムマガジン5 1991, p. 51.
  87. ^ a b c d e f g B-CLUB74 1991, p. 42-43.
  88. ^ a b c データコレクションF91 1998, p. 4-11.
  89. ^ 新訳MS大全集 2020, p. 125-126.
  90. ^ a b B-CLUB74 1991, p. 44-45.
  91. ^ 新訳MS大全集 2020, p. 150.
  92. ^ a b c d e f g h i j k l 1/100F90II Lタイプ 1991.
  93. ^ ガンダム作例集 1992, p. 42.
  94. ^ クロスボーン1 1995, p. 137-148.
  95. ^ B-CLUB67 1991, p. 10-11.
  96. ^ ガンダム作例集 1992, p. 54.
  97. ^ a b c d e f g h 1/100F90Pタイプ 1991.
  98. ^ EB MS開発戦争編 1991, p. 68-77.
  99. ^ B-CLUB70 1991, p. 44-47.
  100. ^ EB CV建国戦争編 1991, p. 39.
  101. ^ ボンボン増刊Vガンダム 1993, p. 110-111.
  102. ^ MG F&Mタイプ 2019.


「ガンダムF90 (架空の兵器)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダムF90_(架空の兵器)」の関連用語

ガンダムF90_(架空の兵器)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガンダムF90_(架空の兵器)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダムF90 (架空の兵器) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS