水陸両用モビルスーツとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 水陸両用モビルスーツの意味・解説 

水陸両用モビルスーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/23 07:24 UTC 版)

水陸両用モビルスーツ(すいりくりょうようモビルスーツ、 AMPHIBIOUS MOBILE SUIT)は、アニメ機動戦士ガンダム』をはじめとする『ガンダムシリーズ』に登場する、架空の兵器の分類の一つ、モビルスーツ (MS) のうち、水中・陸上共に運用可能なものを指す。




  1. ^ 『ガンダムセンチュリー』みのり書房、1981年9月、銀河出版、2000年3月(復刻版)、39頁。ISBN 4-87777-028-3
  2. ^ a b 『講談社ポケット百科シリーズ33 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション2 ジオン軍MS・MA編』講談社、1984年4月、2006年7月(復刻版)、106-107頁。ISBN 4-06-107783-X
  3. ^ 『MG 1/100 ズゴック』バンダイ、2003年5月、組立説明書、11頁。
  4. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダムΖΖダブルゼータ』角川書店、1997年12月、33頁。(ISBN 978-4073075721)
  5. ^ 「A.O.Z Re-Boot Vol.43」『電撃ホビーウェブ』KADOKAWA
  6. ^ 『1/144 HGUC ゼー・ズール』バンダイ、2011年11月、組立説明書。
  7. ^ 『電撃データコレクション 機動武闘伝Gガンダム』メディアワークス、2000年5月、62-63頁、ISBN 978-4840215763
  8. ^ 『電撃データコレクション 機動武闘伝Gガンダム』メディアワークス、2000年5月、58-59頁、ISBN 978-4840215763
  9. ^ 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、71頁。ISBN 978-4-7580-1090-0
  10. ^ 『機動新世紀ガンダムX 公式MSカタログ』講談社、1997年6月、90頁、ISBN 978-4061033115
  11. ^ 『電撃データコレクション ∀ガンダム』メディアワークス、2007年7月、16-17頁、ISBN 978-4840239677
  12. ^ 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年7月1日、30頁。ISBN 978-4-7580-1108-2
  13. ^ 『ホビージャパンMOOK 機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月、93頁。ISBN 4-89425-336-4
  14. ^ 『ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダム00V編』ホビージャパン、2010年3月、148-151頁。ISBN 978-4798600246
  15. ^ 『機動戦士ガンダムAGE メカニック&ワールド』双葉社、2013年3月、107頁。ISBN 978-4575464726


「水陸両用モビルスーツ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水陸両用モビルスーツ」の関連用語

水陸両用モビルスーツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水陸両用モビルスーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水陸両用モビルスーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS