矢立肇とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 矢立肇の意味・解説 

矢立肇

以下の映画矢立肇関連しています。
 


矢立肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 07:54 UTC 版)

矢立 肇(やたて はじめ[1])は、サンライズアニメーション作品企画部が用いる共同ペンネーム。名前の由来は、松尾芭蕉の『おくのほそ道』に使われた「矢立の初め」。[要出典]


注釈

  1. ^ ただし番組中では矢立肇の名前を富野由悠季のペンネームである井萩麟と取り違えている。
  2. ^ オカルトブームがあれば古代ムー帝国の摩訶不思議なロボットが出てくる話を作ろう、ロボットの腕が飛んだり合体したりするのは既にあるから次は変形ロボットを作れば売れるなど、次々に案を出していた。

出典

  1. ^ サンライズ「矢立文庫」設立 『ガオガイガー』新作ほかオリジナル企画を発表”. KAI-YOU.net. 株式会社カイユウ (2016年8月24日). 2021年5月14日閲覧。
  2. ^ 月刊アニメディア学習研究社、1989年1月、84頁。
  3. ^ 猪俣謙次『ガンダム神話』ダイヤモンド社、1995年6月、34頁。ISBN 4-478-95007-5
  4. ^ 岩佐陽一『コン・バトラーV、ボルテスV、ダイモス、ダルタニアス大全―長浜忠夫ロマンロボットアニメの世界』双葉社、2003年7月、248頁。ISBN 9784575295757
  5. ^ a b 高橋良輔監督×河口佳高編集長スペシャル対談”. 矢立文庫. 株式会社サンライズ (2017年6月3日). 2021年5月14日閲覧。
  6. ^ 月刊アニメージュ2月号』徳間書店、1981年1月、147頁。
  7. ^ TBSラジオ『伊集院光とらじおと』で機動戦士ガンダムの生みの親のひとり安彦良和と伊集院光が対談”. Togetter. Togetter.inc (2017年8月23日). 2021年5月25日閲覧。
  8. ^ 『月刊アニメック6月号』ラポート、1986年5月、131頁。
  9. ^ 小牧雅伸『アニメックの頃…―編集長(ま)奮闘記』NTT出版、2009年1月、151頁。ISBN 978-4757142169
  10. ^ a b 『グレートメカニックG 2016 SUMMER』双葉社MOOK、2016年6月、91-92頁。ISBN 978-4-575-46496-2


「矢立肇」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「矢立肇」の関連用語

矢立肇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



矢立肇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矢立肇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS