機動新世紀ガンダムXとは? わかりやすく解説

機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/07 02:45 UTC 版)

機動新世紀ガンダムX』(きどうしんせいきガンダムエックス、英題: After War Gundam X)は、1996年4月5日から同年12月27日まで(テレビ朝日は12月28日まで)テレビ朝日および一部地方のテレビ朝日系列にて放送されたテレビアニメガンダムシリーズの1作。全39話。略称は「GX」。キャッチコピーは「月は出ているか?」「君は、生き延びた先に何を見るのか?」など。平均視聴率は2.75%。


注釈

  1. ^ 機動戦士Vガンダム』から前作『ガンダムW』の本放送は放送局への納品がフィルムであったためモノラル放送だったが、ビデオ発売時はステレオ音声で制作されている。
  2. ^ 第14話まで。
  3. ^ 第15話から。
  4. ^ 画面上でこの台詞を発したのは、ルチルの意識が憑依したティファである。
  5. ^ 第26話で流れた予告では、該当するシーンに台詞の音声は入っていない。

出典

  1. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1996年4月号、エムディーアール[要ページ番号]
  2. ^ 大河原邦男 『メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人』光文社光文社新書〉、2015年、172頁。ISBN 978-4-334-03874-8 
  3. ^ LD版の付属冊子より。
  4. ^ 『電撃ホビーマガジン』2010年6月号のインタビューより[要ページ番号]
  5. ^ DVD-BOX小冊子での高松のコメント
  6. ^ 井の上心臓 (2018年2月6日). “「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場”(3ページ目)”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年2月13日閲覧。
  7. ^ 機動新世紀ガンダムX - ウェイバックマシン(2008年2月10日アーカイブ分)
  8. ^ サンライズフェスティバル2016満天「ガンダムX」&「Gガンダム」の上映話数決定!” (2016年6月22日). 2016年10月23日閲覧。
  9. ^ a b 『機動新世紀ガンダムX』上映会! ゲストに高松信司監督、サプライズゲストにキャラクターデザインの西村誠芳さんが登壇!” (2016年8月2日). 2016年10月23日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g 井の上心臓 (2018年2月6日). “「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場”(2ページ目)”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年2月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 新たな“ニュータイプ”の物語を描いた意欲作が初Blu-ray化!『機動新世紀ガンダムX Blu-rayメモリアルボックス』光岡湧太郎インタビュー”. VStorage. バンダイビジュアル (2018年2月6日). 2018年2月16日閲覧。
  12. ^ a b ビジュアルブック 1996, pp. 66–67.
  13. ^ アニメディア』1996年7月号『TV STATION NETWORK』(115 - 117頁)
  14. ^ 『ガンダムエース』2018年3月号掲載の対談記事より[要ページ番号]。なお、正確な経過年数は明らかにされていない。
  15. ^ 『機動新世紀ガンダムX (1)』(矢立肇,富野由悠季,ときた洸一)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年1月26日閲覧。
  16. ^ 『機動新世紀ガンダムX (2)』(矢立肇,富野由悠季,ときた洸一)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年1月26日閲覧。
  17. ^ 『機動新世紀ガンダムX (3)』(矢立肇,富野由悠季,ときた洸一)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年1月26日閲覧。
  18. ^ 『新装版 機動新世紀ガンダムX (1)』(矢立肇,富野由悠季,ときた洸一)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年1月26日閲覧。
  19. ^ 『新装版 機動新世紀ガンダムX (2)』(矢立肇,富野由悠季,ときた洸一)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年1月26日閲覧。
  20. ^ 『新装版 機動新世紀ガンダムX (3)』(矢立肇,富野由悠季,ときた洸一)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年1月26日閲覧。
  21. ^ 『機動新世紀ガンダムX Re:Master Edition (1)』ときた洸一”. KADOKAWA. 2022年1月26日閲覧。
  22. ^ 『機動新世紀ガンダムX Re:Master Edition (2)』ときた洸一”. KADOKAWA. 2022年1月26日閲覧。
  23. ^ 『機動新世紀ガンダムX Re:Master Edition (3)』ときた洸一”. KADOKAWA. 2022年1月26日閲覧。
  24. ^ ササキバラ・ゴウ「第3部 Vガンダムという戦い 富野由悠季インタビュー」 『それがVガンダムだ 機動戦士Vガンダム徹底ガイドブック』銀河出版、2004年2月7日、185頁。ISBN 4-87777-054-2 
  25. ^ スーパーロボットマガジン』Vol.8、双葉社、2002年10月[要ページ番号]


「機動新世紀ガンダムX」の続きの解説一覧

機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:17 UTC 版)

ガンダムシリーズの登場人物一覧」の記事における「機動新世紀ガンダムX」の解説

ここには、テレビアニメ『機動新世紀ガンダムX』の登場人物挙げる登場人物に関して機動新世紀ガンダムXの登場人物を参照 バルチャーフリーデン) ウィッツ・スー エニル・エル カリス・ノーティラス ガロード・ラン キッド・サルサミル サラ・タイレル ジャミル・ニート シンゴ・モリ ティファ・アディール テクス・ファーゼンバーグ トニヤ・マーム ナイン ロアビィ・ロイ ロココ サテリコン トグサ・アイン パーラ・シス ロイザー指令 地球連邦軍旧地連邦軍) ルチル・リリアント 地球統合連邦政府 アイムザット・カートラル アベル・バウアー オルバ・フロスト カトック・アルザミール シャギア・フロスト デマー・グライフ ドゥエート・ラングラフ フィクス・ブラッドマン ミルラ・ドライド 宇宙革命軍 ザイデル・ラッソ ニコラ・ファファス ノモア・ロング(ドーラッド博士) ランスロー・ダーウェル エスタルド国軍 ウイリス・アラミス リー・ジャクソン グラント・スチュアート ルクス・ハノマアク 民族独立戦線 ユリナ・サノハラ アルタネイティヴ社 フォン・アルタネイティヴ ライク・アント ニュータイプ研究所 カロン・ラット バルチャー ヴェドバ・モルテ グリーツ・ジョー クロッカ ザコット・ダットネル ジェノス・クライシス ローザ・インテンソ ロッソ・アラマント シーバルチャー(オルク) ドーザ・バロイ マーカス・ガイ D.O.M.E. D.O.M.E.(ファーストニュータイプ)

※この「機動新世紀ガンダムX」の解説は、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の解説の一部です。
「機動新世紀ガンダムX」を含む「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の記事については、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の概要を参照ください。


機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:34 UTC 版)

地球連邦軍」の記事における「機動新世紀ガンダムX」の解説

第7次宇宙戦争以前に成立していた旧地統合連邦軍と、戦後再建され新地球統合連邦軍2つ存在する作中ではそれぞれ連邦軍新連邦軍と呼称される。双方共に戦略兵器としてのガンダム開発ニュータイプ研究行っていた。

※この「機動新世紀ガンダムX」の解説は、「地球連邦軍」の解説の一部です。
「機動新世紀ガンダムX」を含む「地球連邦軍」の記事については、「地球連邦軍」の概要を参照ください。


機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 09:11 UTC 版)

サイコミュ」の記事における「機動新世紀ガンダムX」の解説

『機動新世紀ガンダムX』の舞台となるアフター・ウォー世界では革命軍MA・パトゥーリアの制御にサイコミュ・ダクトと呼ばれる装置組み込まれ人工NTによる機体稼働用いられている。 また、月面基地配備された「DOMEビット」もDOMEによる精神感応(サイコミュ)によってコントロールされている。ただし、アフター・ウォーにおいてこれらサイコミュ呼称される技術宇宙世紀のものと同様であるか定かではない

※この「機動新世紀ガンダムX」の解説は、「サイコミュ」の解説の一部です。
「機動新世紀ガンダムX」を含む「サイコミュ」の記事については、「サイコミュ」の概要を参照ください。


機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:03 UTC 版)

ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の記事における「機動新世紀ガンダムX」の解説

ここでは、テレビアニメ『機動新世紀ガンダムX』の登場兵器挙げるバルチャーフリーデンアルプス陸上戦艦(ホバーキャリア)フリーデン フリーデンII宇宙巡洋艦サテリコン ヴァローナ宇宙巡洋艦Gファルコンモビルスーツ支援宇宙大気圏内特殊戦闘機) 新地球連邦アオヤギ宇宙戦艦 アマネセル(宇宙戦艦新連邦宇宙艦隊旗艦超大型輸送機全翼大気圏内輸送機) ドリテア(水上艦艇) ドリテア護衛艦水上艦艇バルトーク宇宙巡洋艦 バンダール陸上戦艦移動要塞バンダールバンダールIIテンザン陸上戦艦(ホバーキャリア) ベルコモー輸送船水上艦艇戦闘装甲車A 戦闘装甲車B フロスト兄弟専用輸送機 新連邦政府専用特別機 新連邦空爆機(爆撃機高速艇水上艇) 地球連邦軍旧地連邦軍アルプス陸上戦艦(ホバーキャリア) アンデス陸上戦艦(ホバーキャリア、本編未登場エムデン水陸両用陸上戦艦水陸両用艦艇本編未登場ガラシア水陸両用陸上戦艦水陸両用艦艇本編未登場チャレンジャー水陸両用陸上戦艦水陸両用艦艇本編未登場テンザン陸上戦艦(ホバーキャリア) トリエステ水陸両用陸上戦艦水陸両用艦艇) ピチアス級水陸両用陸上戦艦水陸両用艦艇本編未登場ヒマラヤ級陸上戦艦(ホバーキャリア、本編未登場ピレーネ陸上戦艦(ホバーキャリア) ロッキー陸上戦艦(ホバーキャリア) 宇宙革命軍 アストラーザ級宇宙巡洋艦パテオ ガーベラ宇宙戦艦宇宙革命軍艦隊旗艦キグナス小型宇宙偵察艦コロニーレーザー宇宙大量破壊兵器革命軍装甲車 革命軍軽装甲車 エスタルド国軍 ロッキー陸上戦艦(ホバーキャリア) エスタルド輸送機 エスタルド護衛機戦闘機ガスタール民主共和国 ガスタール軍戦車 バルチャー テンザン陸上戦艦(ホバーキャリア)グリーツ艦 トリエステ水陸両用陸上戦艦水陸両用艦艇)ザコット艦 ピレーネ陸上戦艦(ホバーキャリア)ローザロッキー陸上戦艦(ホバーキャリア)ロッソフォートセバーン大型輸送機MSドーリーMS運搬車両) シーバルチャー(オルク) シーキャッスル指揮艦水上艦艇) シーキャッスル戦闘輸送艦水上艦艇) シーバルチャー艦(水上艦艇) ポリペイモス(水中艦艇

※この「機動新世紀ガンダムX」の解説は、「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の解説の一部です。
「機動新世紀ガンダムX」を含む「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の記事については、「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の概要を参照ください。


機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 17:16 UTC 版)

ROBOT魂」の記事における「機動新世紀ガンダムX」の解説

『機動新世紀ガンダムX』に登場する機体No.商品名発売時期備考145 ガンダムダブルエックス 2013年07月27日 SP Gファルコン 2014年01発送 魂ウェブ商店限定販売ガンダムダブルエックスとの合体及び収納が可能 163 ガンダムヴァサーゴチェストブレイク 2014年06月14日 幻の武器であるストライクシューター付属

※この「機動新世紀ガンダムX」の解説は、「ROBOT魂」の解説の一部です。
「機動新世紀ガンダムX」を含む「ROBOT魂」の記事については、「ROBOT魂」の概要を参照ください。


機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:12 UTC 版)

ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の記事における「機動新世紀ガンダムX」の解説

ここには、テレビアニメ『機動新世紀ガンダムX』の登場兵器挙げるバルチャーフリーデン) GT-9600 ガンダムレオパルドGT-9600 ガンダムレオパルド S-1装備 GT-9600-D ガンダムレオパルドデストロイ GW-9800 ガンダムエアマスターGW-9800-B ガンダムエアマスターバースト GX-9900 ガンダムXGX-9900-DV ガンダムXディバイダー GX-9901-DX ガンダムダブルエックス RMS-006G ジェニス改エニルカスタム エスペランサII(エニル専用ガンダム本編未登場新連邦軍 NRX-007 コルレル NR-001 (NRX-009) バリエント NRX-010 ガブル NRX-011 ブリトヴァ NRX-0013 ガンダムヴァサーゴNRX-0013-CB ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク NRX-0015 ガンダムアシュタロンNRX-0015-HC ガンダムアシュタロン・ハーミットクラブ NRX-016 ラスヴェートBitラスヴェート NRX-016β ラスヴェートβ(漫画版のみ) NRX-018-2 ドートレス・ネオ GX-9901-DX ガンダムダブルエックス NRMA-006 ガディールモビルアーマー地球統合連邦軍(旧連邦) DT-6600 ドータップDTM-6600 ドータップ水中型 DT-6800 ドートレスDT-6800A ドートレス・カスタム DT-6800C ドートレス・コマンド DT-6800FA ドートレス・フライヤー DT-6800HM ドートレスHMファイヤーワラビー DT-6800HMC ドートレスHMCワイズワラビー DT-6800W ドートレス・ウエポン DTM-7000 ドーシートDTM-7200 ドーシートIII GT-9600 ガンダムレオパルドFT-9600 (GT-9600-GB) GTビット GW-9800 ガンダムエアマスターFW-9800 (GW-9800-GB) GWビット GX-9900 ガンダムXGX-9900NT-001 ガンダムX 1号機ガロード・ラン搭乗機) GX-9900NT-002 ガンダムX 2号機ジャミル・ニート搭乗機) GX-9900NT-003 ガンダムX 3号機設定のみ) FX-9900 (GX-9900-GB) GXビットGビット) FX-9900-D Gビット(D.O.M.E) 宇宙革命軍 RMS-006 ジェニス RMS-007G ジュラッグ RMS-009 セプテム RMS-014 オクト・エイプ RMS-019 クラウダRMS-019R クラウダ(ランスロー・ダーウェル専用機) RMSN-002 フェブラル RMSN-008 ベルティゴ MA-06 グランディーネモビルアーマー) MAN-003 パトゥーリア(モビルアーマー) メーアハイト(マンガ版のみ) 反革命軍組織サテリコン GT-9600 Gファルコン RMS-06G ジェニス改(サテリコン仕様) エスタルド人民共和国軍 ENG-001 エスタルドス ENG-002 パイロン ノーザンベル連合王国軍 EMG-002 パイロン(ノーザンベル仕様ガスタール民主共和国軍 EMG-002 パイロンフォートセバーン市 MAN-003 パトゥーリア RMS-007G ジュラッグ(ポーラベアー) RMSN-008 ベルティゴ バルチャー RMS-006G ジェニス改 RMS-006G ジェニス改クロッカオリジナル RMS-006G ジェニス改ヴェドバオリジナル・スラッシュバッファロー RMS-009G セプテム改 RMS-014G オクト・エイプ改 DT-6800 ドートレスDT-6800C ドートレス・コマンド DT-6800FA ドートレス・フライヤー DT-6800HM ファイヤーワラビー DT-6800HMC ワイズワラビー DT-6800W ドートレス・ウエポン DT-6800 ドートレス・タンク DT-6800 ドートレス改 エスペランサモビルアーマー) シーバルチャー(オルク) DT-6600 ドータップ水中型 DTM-7000 ドーシートDTM-7200 ドーシートIII D.O.M.E. FX-9900-D GビットD.O.M.E.

※この「機動新世紀ガンダムX」の解説は、「ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の解説の一部です。
「機動新世紀ガンダムX」を含む「ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の記事については、「ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の概要を参照ください。


機動新世紀ガンダムX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 21:09 UTC 版)

ニュータイプ・強化人間の一覧」の記事における「機動新世紀ガンダムX」の解説

本作においてはニュータイプとは狭義にはフラッシュシステム起動できる能力者の意味がある。また下記に挙げた登場人物人類以外にもイルカ(白いイルカ)が「本来のニュータイプ」と作中称されている。 機動新世紀ガンダムX#ニュータイプ及びそれに付随する用語参照D.O.M.E.(ファーストニュータイプ) ティファ・アディール ジャミル・ニート ランスロー・ダーウェル ルチル・リリアント アベル・バウアー

※この「機動新世紀ガンダムX」の解説は、「ニュータイプ・強化人間の一覧」の解説の一部です。
「機動新世紀ガンダムX」を含む「ニュータイプ・強化人間の一覧」の記事については、「ニュータイプ・強化人間の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「機動新世紀ガンダムX」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動新世紀ガンダムX」の関連用語

機動新世紀ガンダムXのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動新世紀ガンダムXのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動新世紀ガンダムX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガンダムシリーズの登場人物一覧 (改訂履歴)、地球連邦軍 (改訂履歴)、サイコミュ (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧 (改訂履歴)、ROBOT魂 (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧 (改訂履歴)、ニュータイプ・強化人間の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS