少年忍者風のフジ丸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > アニメ作品 し > 少年忍者風のフジ丸の意味・解説 

少年忍者 風のフジ丸

原題:
製作国:日本
製作年:1964
配給:東映
スタッフ
演出:白川大作 シラカワダイサク

矢吹公郎 ヤブキキミロウ
原作:白土三平 シラトサンペイ
脚色:飯島敬 

志原弘 シハラヒロシ
企画:飯島敬 

小野沢寛 オノザワヒロシ
作画監督:楠部大吉郎 クスベダイキチロウ
キャスト(役名
解説
まんが大行進」の一編として上映された。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
幼い時にさらわれ、風魔族の主領十法斎の子として成長したフジ丸は、天下を握る秘法の隠されているアラビア人形を奪うため上杉謙信居城潜入し、上杉忍者頭山田八右衛門から、人形を奪うと、武田忍者、はやての又十郎の追跡をまいて、川岸まで辿りついたが、又十郎が毒を流し川の水を飲んだため、昏倒して人形を又十郎に奪われた。フジ丸動物たちと山に住む、美香という娘に助けられたが、美香の父孫兵衛は、八右衛門の命で、フジ丸殺そうとした。が無事又十郎から人形取り戻すと十法斎のもとに帰ったが、そこには、明智忍者念仏七兵衛が待っていた。フジ丸人形の中から、巻物を出すと、本物を焼くと見せかけて、偽せものを焼いて、相手の目をくらませたが、本ものを焼いた思いこんだ十法斎は、フジ丸に「親なし子」と毒づいた。フジ丸は、本ものをふところに入れて、十法斎のもとを去った。

少年忍者風のフジ丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 15:05 UTC 版)

少年忍者風のフジ丸』(しょうねんにんじゃかぜのフジまる)は、1964年6月7日から1965年8月31日にかけてNETテレビ系列で全65話が放送された東映動画製作のテレビアニメである。




  1. ^ エンディングでこの部分のコーラスは「♪フジま~る~、フジま~る~、風のフジ~ま~る~」と歌われていた。
  2. ^ こうした例としては、『鉄人28号』(1963年エイケンフジテレビ)や『遊星少年パピイ』(1965年エイケンフジテレビ)でも主題歌の最後にスポンサー名であるグリコを連呼する男性コーラスが入っている。また虫プロが製作した『ジャングル大帝』(1965年)の続編『新ジャングル大帝 進めレオ』(1966年)のオープニングでも、主題歌の後に「さんよう、さんよう、三洋電機」のコーラスが入っている。テレビ放送創成期から1960年代の主流だった、「単独スポンサー番組」ならではである。
  3. ^ 少年忍者風のフジ丸”. 東映アニメーション. 2013年7月10日閲覧。
  4. ^ 白土の『忍者旋風』、『風の石丸』に則った「龍煙の書」をめぐるストーリーが終了し、原作から離れたことを表向きにしているが、実際には東映動画側がキャラクター使用権を独占する目的で、白土を原作者から外したためである。現在、東映アニメーションの公式ページでは作品解説として「白土原作の『忍者旋風』をテレビ用にアレンジした」との記述はあるものの、スタッフ欄には白土の名前は無い。この一件以降、白土は自身の作品の映像化に関しては厳格な姿勢をとっている(「白土三平」の項による)。また本作品直後に東映京都撮影所で制作された実写映画『大忍術映画ワタリ』の内容を巡るトラブルも白土の態度を一層硬化させる要因となった(『ワタリ (漫画)』の項による)。この一件で東映と絶縁状態となった白土だが、1968年に自作「サスケ」のアニメ化で組んだ製作会社こそ、エイケン(旧名:TCJ動画センター)である。
  5. ^ フジ丸の屋敷内での戦闘、フジ丸の岩の飛び移り、フジ丸の「分け身の術」の3種。
  6. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1965年(昭和40年)8月 テレビ欄
  7. ^ 『河北新報』1964年11月4日 - 1965年1月27日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『福島民報』1964年6月18日 - 1965年9月2日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『福島民報』1964年7月4日 - 1965年9月11日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『福島民報』1964年6月14日 - 1965年9月5日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『福島民報』1964年7月3日 - 1965年9月21日付朝刊、テレビ欄。
  12. ^ a b 『北國新聞』1965年4月6日付朝刊、テレビ欄。
  13. ^ https://web.archive.org/web/20040429160457/http://www.jva-net.or.jp/jva/history/zuhyou/hyo_2.3.html
  14. ^ 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号


「少年忍者風のフジ丸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「少年忍者風のフジ丸」の関連用語

少年忍者風のフジ丸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



少年忍者風のフジ丸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少年忍者風のフジ丸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS