地球へ…とは?

地球へ・・・

原題:
製作国:日本
製作年:1980
配給:東映
スタッフ
監督:恩地日出夫 オンチヒデオ
製作:今田智憲 
原作:竹宮恵子 タケミヤケイコ
脚本:恩地日出夫 オンチヒデオ

塩田千種 シオタチグサ
企画:有賀健 

田宮武 タミヤタケシ
作画監督:須田正己 スダマサミ
撮影:吉村次郎 ヨシムラジロウ

池田重好 
音楽:佐藤勝 サトウマサル
美術:土田勇 ツチダイサム
スクリプター:笠井由勝 カサイヨシカツ

松本健治 マツモトケンジ

ひおあきら 
助監督:大関雅幸 オオゼキマサユキ
キャスト(役名
井上純一 イノウエジュンイチ (ジョミー・マーキス・シン)
沖雅也 オキマサヤ (キース・アニアン)
秋吉久美子 アキヨシクミコ (フィシス)
志垣太郎 シガキタロウ (ソルジャー・ブルー
薬師丸ひろ子 ヤクシマルヒロコ (ジョナ・マッカ)
岸田今日子 キシダキョウコ (グランドマザー)
久松保夫 ヒサマツヤスオ (コンピューター・テラ)
池田昌子 イケダショウコ (マザーイライザ)
神谷明 カミヤアキラ (セキ・レイ・シロエ)
古谷徹 フルヤトオル (トォニイ)
三景啓司  (リオ
石丸博也 イシマルヒロヤ (サム・ヒューストン)
塩屋翼 シオヤヨク (アルフレート
解説
はるか未来宇宙文明舞台に、地球をめざす少年の愛と勇気を描くアニメーション。『マンガ少年』に連載された竹宮恵子同名漫画映画化脚本は「しあわせ」の恩地日出夫塩田千種共同執筆監督同作恩地日出夫撮影吉村次郎池田重好それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
SD○○年、地球天然資源枯渇人口増大環境汚染などのため滅亡寸前の状態となっていた。その対策として、地球から二光年離れ人工惑星アタラクシア幼年育英都市設け生れてくる子供社会清浄化に役立つための特殊な教育施し十四歳の“目覚めの日”に成人検査を受け、合格した者だけが地球へ送られることになった。だが成人検査管理社会異分子である超能力人類ミュウ”を生みだした。過酷弾圧を受けるミュウアタラクシア地下に潜み、地球へ帰る日を夢見た。ミュウの長ソルジャー・ブルーは、三世紀に渡る寿命を燃やし尽そうとしており、後継者としてジョミーを選んだ。最初拒否したジョミーも、ソルジャー・ブルーの死で長として地球へ向う決意する。成人検査パスした少年たちが地球へ向う前に受ける最後教育をするE一○七七教育惑星に、超エリート少年キースがいた。キースコンピューター“マザーイライザ”によって作られたアンドロイドで、故郷も母もない絶望ミュウへの憎悪転化して生きる決心をしていた。一方、ジョミーに率いられアタラクシア脱出したミュウは、地球辺境惑星ナスカを仮の安住の地とした。そして、ジョミーとカリナの間にトォニイという子供生まれた。五年後、コンピューター・グランドマザーの信任一身に受けるキースは、ナスカ偵察中、ミュウに捕まってしまう。キース見たトォニイから強烈思念波が発せられ大爆発が起った。キース連れ歩いている少年ジョナ助けられた。カリナはそのトォニイを探して息絶えた。十年歳月流れナスカ崩壊で八割を失ったミュウもトォニイを中心に組織強化大船団を組んで地球へ向っていた。そして、地球防衛軍ミュウとの最後の戦いが火ぶたを切った。ジョミーはグランドマザーを破壊し、自らも倒れてしまう。死にかけているキース前に地底から巨大な影が出現した。グランドマザーに直結され、その死とともに目覚めるようにセットされていたコンピューターテラだ。テラは「人類は、生命誕生をも管理するSD体制を作った。しかし、それが完壁なものであるとの確信がなかったので、正反対因子生命誕生するようにプロセス組み込んだ、それがミュウだ」と語る。キースの上土砂くずれおちてきた。ジョミーの死体とともに埋もれていく。人類ミュウ未来を宇宙彼方から見守るために、トォニイたちは宇宙へ戻っていった破壊された地上たたずむ残された人間たちの上に、新し太陽昇りはじめた。

地球へ…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 01:49 UTC 版)

地球へ…』(テラへ)は、竹宮惠子による日本SF漫画作品、およびこれを原作とした派生作品。第9回(1978年星雲賞コミック部門、第25回(1979年小学館漫画賞少年少女部門を受賞。




  1. ^ 中公文庫コミック版・第1巻のあとがきを参照。
  2. ^ 月刊OUT」S53年5月号P32インタビューでひお本人が語っている。
  3. ^ a b 地球へ…”. Aniplex. 2011年3月16日閲覧。2007年イベント「テラfes2007」での発言・公式サイトより
  4. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、461頁。ISBN 4-87932-016-1
  5. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト10作品」『キネマ旬報1981年昭和56年)2月下旬号、キネマ旬報社、1981年、 117頁。“註・〔1980年〕12月末現在。最終配収ではありません。”
  6. ^ 山野さと子、あの国民的アニソン2代目担当に「私でいいんでしょうか?」”. CBCラジオ (2019年2月26日). 2019年2月27日閲覧。
  7. ^ 劇場アニメ版『地球(テラ)へ…』幻の未公開シーン初収録でブルーレイ化!
  8. ^ 8月25日世界陸上大阪大会に伴う特別編成のため休止。





固有名詞の分類

2007年のテレビアニメ 大江戸ロケット  風の少女エミリー  地球へ…  CLAYMORE  ラブ★コン
アニメ作品 て デッドマン・ワンダーランド  テクノポリス21C  地球へ…  DIGITAL MONSTER X-evolution  鉄拳シリーズ
TBS系アニメ 3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?  小さな恋のものがたり  地球へ…  超獣機神ダンクーガ  ラブ★コン
毎日放送のテレビアニメ とんでぶーりん  3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?  地球へ…  天保異聞 妖奇士  キリンものしりシリーズ
キッズステーションのアニメ げんしけん  カルルとふしぎな塔  地球へ…  勇午  Peeping Life
アニマックスのアニメ 吟遊黙示録マイネリーベ  愛してるぜベイベ★★  VIPER''S CREED  地球へ…  ハムリンズ
映画作品 何がなんでも首ったけ  ひと夏の関係  地球へ・・・  生ける化石  世界で一番パパが好き!
日本の漫画作品一覧 そんな奴ァいねぇ!!  宇宙海賊キャプテンハーロック  地球へ…  CLAYMORE  サイボーグ009
漫画作品 て 天井の下  天馬の風  地球へ…  出るトコ出ましょ!  Die Energie 5.2☆11.8

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球へ…」の関連用語

地球へ…のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地球へ…のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球へ… (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS