狼少年ケンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 狼少年ケンの意味・解説 

狼少年ケン

原題:
製作国:日本
製作年:1963
配給:東映
スタッフ
演出:月丘誠夫 
原作:大野寛夫 オオノヒロオ
脚色:照川有吾 テルカワユウゴ

大野寛夫 オオノヒロオ
企画:東映動画部 

N・E・T 
撮影:菅原英明 
音楽:小林亜星 コバヤシアセイ
美術:児玉喬夫 コダマタカオ
録音:小西進 コニシススム
キャスト(役名
西本雄司 ニシモトユウジ (狼少年ケン)
青木勇嗣 アオキユウジ (キッキ
水垣洋子 ミズガキヨウコ (ポッポ
八奈見乗児 ヤナミジョウジ (ボス
解説
東映動画部NETテレビ共同企画により、NET放映された「狼少年ケン」の八つ物語の中から第二話と第三話をまとめたもの。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
第二話〉狼少年ケンは彼の友達のような立派な牙が欲しくて旅に出た。途中老人に会い牙がほしいと話すとここからしばらくいった廃墟にいるグランドライオンが持っていると知らされた。ライオンに会いに廃墟に行ったケンライオンから人間のもつ剣をもらった。の牙よりも美しい剣によろこんだ少年帰途早速その剣で悪者キラーをやつけた。狼少年ケンの牙、剣は見事その役目を果した。そしてのもつ牙のかわりにケン少年は剣を大切にもっていた。 〈第三話〉土人息子父親奇病かかった。今にも死にそうだと聞いた村人魔法使いのタマタンが知っているという“命泉”をもとめて旅立った。途中幾多災難に会ったが、ケン少年みちびきで、地底の国へと導かれ、無事命泉をもって帰って来た。早速こので治った父子幸せな生活をした。

狼少年ケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 23:07 UTC 版)

狼少年ケン』(おおかみしょうねんケン)は、NETテレビほかで放送されていた東映動画制作のテレビアニメである。モノクロ作品。全86話。NETテレビでは1963年11月25日から1965年8月16日まで、毎週月曜 18:15 - 18:45 (日本標準時)に放送。




  1. ^ http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/ken/ のTOEI ANIMATIONの説明による。ドカールという地名は確認出来ず、架空の地名だと思われる。しかしオープニング画像ではキリンやアフリカ象が登場し、それでいて虎も出て来る。インドのジャングルというのは、キプリングジャングル・ブックの設定を借りたのではないかと思われる。
  2. ^ 大塚、2013年、p.140
  3. ^ 大塚、2013年、pp.142 - 143
  4. ^ 大塚、2013年、p.151
  5. ^ a b c 大塚、2013年、p.156
  6. ^ a b ビクター少年合唱隊の誤表記
  7. ^ a b または西六郷少年合唱団
  8. ^ 北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1965年(昭和40年)8月 テレビ欄
  9. ^ 河北新報』1972年7月7日 - 10月18日付朝刊テレビ欄。
  10. ^ 『河北新報』1971年10月4日 - 11月21日付朝刊テレビ欄。
  11. ^ 福島民報』1964年5月3日 - 1966年6月26日付朝刊テレビ欄。
  12. ^ 『福島民報』1964年12月28日付朝刊テレビ欄。
  13. ^ 北國新聞』1965年6月6日付朝刊テレビ欄。
  14. ^ 富山新聞』1964年11月8日付朝刊テレビ欄。
  15. ^ 東映アニメーション、2006年、p.30
  16. ^ サントリー「BOSS レインボーマウンテン」のCMに使用されている曲は?CDJournal 2004/10/05掲載
  17. ^ Music Forest





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狼少年ケン」の関連用語

狼少年ケンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



狼少年ケンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狼少年ケン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS