ろくでなしBLUESとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > ろくでなしBLUESの意味・解説 

ろくでなしBLUES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 06:08 UTC 版)

ろくでなしBLUES』(ろくでなしブルース)は、森田まさのりによる日本少年漫画作品。またそれを原作にしたアニメ、実写映画。1988年25号から1997年10号まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された。


注釈

  1. ^ 雑誌掲載当時と、コミックス42巻の第一刷では自閉症だったが、第二刷以降はネクラに修正。
  2. ^ 名前のコージはジュニアの本名である浩史(こうじ)がもとになっている。
  3. ^ 一度目のミュンヘン五輪では胃潰瘍を患ったため辞退。三度目のモスクワ五輪に出場できなかったのは、代表に選ばれながらも日本が出場をボイコットしたため。
  4. ^ 卒業したとしても、沼田が自分に礼参りを行った生徒の就職取り消しなどの報復措置を取ると考えていたため、沼田への礼参りはしないことを約束させている。
  5. ^ 竹原の父親が倒れたことを、太尊は偶然ジャージのポケットから落ちた手紙で知ることとなった。
  6. ^ この教師は大久保という名前で、沼田によく似た性格の持ち主であり、生徒からは嫌われていたという。
  7. ^ 竹原と「沼田には礼参りを行わない」という約束を交わし、これを守ることを条件に竹原は自分への礼参りを許していたため、太尊たちは沼田には礼参りができなかった。ただ、太尊は沼田への礼参り自体否定的で、沼田が懐柔しようしようとした際にも「竹原との約束があるから、お前に礼参りはしない」と断言している。
  8. ^ 海老原はそもそも、竹原とは礼参りの約束をしていなかった。
  9. ^ 太尊は完全にキレており、ナオトの顔面が血だらけになるほど殴りつけた。その攻撃の凄まじさは、共に同行した浜田と輪島が止めたほどであった。
  10. ^ 第9話、最終話で使用された。
  11. ^ 日本テレビにおける9月21日の放送が「ラグビーワールドカップ予選プールA 日本×トンガ」のため休止となったが、FBSも9月29日を別番組に差し替えたためそのまま8日遅れとなった。
  12. ^ 当初は30日遅れで放送していたが、9月9日の放送が「ラグビーワールドカップ予選プールA ニュージーランド×トンガ」放送のため、16日の放送が「ラグビーワールドカップ予選プールA 日本×ニュージーランド」放送のため休止となった。しかし、日本テレビにおける21日の放送が「ラグビーワールドカップ予選プールA 日本×トンガ」のため休止となり、結果的に37日遅れで放送。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k ろくでなしBLUES 丸ごと一冊 対渋谷鬼塚編 (SHUEISHA JUMP REMIX)
  2. ^ a b c d e f ろくでなしBLUES 丸ごと一冊 対浅草薬師寺編 (SHUEISHA JUMP REMIX)
  3. ^ 森田まさのり [@HITMANmorita]. "久しぶりに描いてみたら描けたよ、マサさん…。ありがとう、忘れません。" (ツイート). Twitterより2018年7月17日閲覧
  4. ^ 医師からの手紙を見るまで、藤竹も綾も病院からの輸血が間に合ったものと信じ切っていた。
  5. ^ 2012年『週刊ヤングジャンプ』15号第353頁「べしゃり暮らし特集/森田まさのり×パンクブーブー対談」より。


「ろくでなしBLUES」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ろくでなしBLUES」の関連用語

ろくでなしBLUESのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ろくでなしBLUESのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのろくでなしBLUES (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS