ろくでなし子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ろくでなし子の意味・解説 

ろくでなし子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/12 10:04 UTC 版)

ろくでなし子(ろくでなしこ、1972年3月14日[1][2] - )は、日本の漫画家、美術家、フェミニスト[3]。日本性器のアート協会会員[4]。自らの女性器を型どりデコレーションしたアート作品「デコまん」を作り、注目を集めた[4]。本名、五十嵐恵[5]いがらしめぐみいがらし惠名義による作品もある[6][7]


注釈

  1. ^ 逮捕に関しては当時情報が錯綜しており、14日と記載している資料もある[43]
  2. ^ 裁判所で撮影が禁じられる理由としては、裁判の円滑な進行のためや、プライバシー保護の観点が挙げられる[63][64]
  3. ^ (女性器の関東方言的な俗称である)まんこの意。

出典

  1. ^ https://twitter.com/6d745/status/590889653546274817
  2. ^ ろくでなし子 (2014年3月14日). “twitter”. 2016年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月12日閲覧。
  3. ^ 兵頭新児 (2014年12月18日). “僕らがろくでなし子に抱く違和感はどこから来るのかーフェミニストが「性表現」で逮捕される時ー”. 文化, 社会. ASREAD. 2016年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e ろくでなし子. “プロフィール”. マンガ家・ろくでなし子. 2016年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月16日閲覧。
  5. ^ a b ろくでなし子 2015a, p. 79, 102.
  6. ^ ろくでなし子 2015a, pp. 108–109.
  7. ^ a b https://archive.fo/RTMbU
  8. ^ ろくでなし子 2015b, p. 111.
  9. ^ a b c d e f g ろくでなし子 2015b, p. 186
  10. ^ 2016年2月6日20:02のツイート
  11. ^ ろくでなし子 2015a, p. 104.
  12. ^ ろくでなし子 2015a, p. 108.
  13. ^ ろくでなし子 2015a, p. 111.
  14. ^ ろくでなし子 2015b, p. 116.
  15. ^ ろくでなし子 2015a, p. 109.
  16. ^ ろくでなし子 2015a, p. 110.
  17. ^ ろくでなし子 2015a, p. 112.
  18. ^ a b 【インタビュー】なぜ「ろくでなし子」は「女性器アート」を作るのか?(上)”. 話題のニュース. 弁護士ドットコムNEWS (2015年4月12日). 2015年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  19. ^ ろくでなし子 2015a, p. 116.
  20. ^ ろくでなし子 2015b, p. 187
  21. ^ ろくでなし子 2015a, pp. 120–121.
  22. ^ MacDonald, Stuart. “Waterboys star Mike Scott engaged to Japanese vagina artist facing prison for making vulva canoe” (英語). Mirror UK. 2016年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月16日閲覧。
  23. ^ 中野渉 (2016年4月22日). “ろくでなし子、イギリス人気歌手と婚約 きっかけは?”. ハフィントンポスト. 2016年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月24日閲覧。
  24. ^ 弁護士ドットコム (2016年8月3日). “ろくでなし子さん妊娠3か月を報告「警察はコウノトリにもなってくれた」”. ヤフーニュース. 2016年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  25. ^ ウォーターボーイズのマイク・スコット&ろくでなし子 結婚パーティーを開催、スコットは新曲も披露”. amass. amass.jp (2016年10月23日). 2017年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月25日閲覧。
  26. ^ 渡辺一樹 (2017年2月3日). “【速報】ろくでなし子さんが報告「無事に元気な男の子を出産しました」”. BuzzFeed NEWS. 2017年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月25日閲覧。
  27. ^ ろくでなし子 (2017年2月8日). “2017年2月2日、元気な男の子を授かりました\(^-^)/”. マンガ家・ろくでなし子. 2017年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月26日閲覧。
  28. ^ 展示会「ろくでなし子・森下泰輔 まんこラボ展 It’s not here 仮象としての現実に関する考察 Considerations on Reality as Virtual universe 」6月13日より開催”. 2023年9月9日閲覧。
  29. ^ ろくでなし子 2015a, p. 114.
  30. ^ ろくでなし子 2012年、巻末奥付の初出一覧。
  31. ^ a b アサトーミナミ (2015年4月15日). “アート?ワイセツ? ろくでなし子氏が「女性器アート」を始めた理由とは?”. 文芸・カルチャー. ダ・ヴィンチニュース. 2016年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  32. ^ ろくでなし子さんプレゼンツ 『デコまんワークショップ!』 9月9日(金) 初めての体験型DIYワークショップ!”. ニュース. Love Piece Club (2011年8月15日). 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  33. ^ ろくでなし子 (2011年11月8日). “ろくでなし子の第二回デコまんワークショップ開催します”. マンガ家・ろくでなし子. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  34. ^ ろくでなし子 (2014年11月7日). “デコまんワークショップのお知らせ…を書いていたら”. Weblogrs.com. 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月12日閲覧。
  35. ^ ろくでなし子 (2012年4月2日). “シアトルエロティックアートフェスティバルにデコまんが正式出展決まりました”. マンガ家・ろくでなし子. 2014年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  36. ^ ろくでなし子. “わたしの「まん中」を3Dスキャンして、世界初の夢のマンボートを作る計画に支援を!”. CAMPFIRE. 2016年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月16日閲覧。
  37. ^ 'Too Arousing, Offensive': Why Japan's Vagina Artist Was Convicted of Obscenity” (英語). Broadly. (2016年5月9日). 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  38. ^ https://camp-fire.jp/projects/view/662
  39. ^ ろくでなし子 (2013年10月8日). “「3Dマンボート進水式 ~性器のアート、多まん川を渡る!~」のご案内”. マンガ家・ろくでなし子. 2016年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  40. ^ Floating the ‘Pussy Boat’: Japanese artist’s vaginal works create uproar (PHOTO, VIDEO)”. RT (2014年7月17日). 2016年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  41. ^ Ashcraft, Brian (2014年5月15日). “Yes, the Vagina Boat Finally Became a Reality”. Kotaku. 2016年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  42. ^ Broadly Staff(2015年8月15日). 該当時間0:00.
  43. ^ a b c 牧 2015, p. 145
  44. ^ 女性器3Dデータ公開、〝芸術家〟の42歳女を逮捕 「自分にとっては手足と一緒」警視庁”. MSN産経ニュース (2014年7月14日). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月14日閲覧。
  45. ^ 名鹿祥史 (2014年10月12日). “岩井志麻子、自らの女性器をろくでなし子に提供 警察に押収されたのは自分のものと断言”. シネマトゥデイ. 2016年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  46. ^ 神崎ちひろ (2014年12月3日). “ろくでなし子、留置場で買わされたパンツに820 ASKAの曲も”. withnews. 2016年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  47. ^ Takano, Masanori (2014年7月18日). “芸術家・ろくでなし子氏(五十嵐恵容疑者)の即時釈放”. Change.org. 2016年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  48. ^ 佐藤慶一 (2014年10月18日). “4日間で2万人超が署名! ろくでなし子氏保釈に成功したキャンペーン発信者に聞く「ネット署名の可能性」”. 現代ビジネス. 講談社. 2016年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  49. ^ ろくでなし子. “ろくでなし子が闘うホントの理由”. iRONNA. 2016年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  50. ^ a b c 伊藤良徳 (2014年12月23日). “◆たぶん週1エッセイ◆ろくでなし子さんの逮捕に思う”. 庶民の弁護士 伊藤良徳のサイトにようこそ!. 2015年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  51. ^ Mike Scott Wrote Song To Support Japanese Artist On Trial”. The Hot Press Newsdesk (2015年12月1日). 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  52. ^ ウォーターボーイズのマイク・スコット、ろくでなし子のテーマ曲「ROK ROK ROKUDENASHIKO」を公開”. ニュース. amass (2015年12月2日). 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  53. ^ 伊集院光、ろくでなし子氏の逮捕報道に疑問「『自称芸術家』っていうリードの仕方が凄えな」”. ライブドアニュース (2014年7月15日). 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月25日閲覧。
  54. ^ 長谷川豊 (2014年7月15日). “ろくでなし子さんの報道 完全な情報操作です!”. 本気論 本音論 長谷川豊公式ブログ. 2016年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  55. ^ 長谷川豊 (2015年4月16日). “「ろくでなし子」裁判ってゾッとする”. 記事. BLOGOS. 2015年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月25日閲覧。
  56. ^ ろくでなし子氏逮捕から見える、“日本のダブルスタンダード” 海外メディア指摘”. 社会ニュース. NewSphere (2014年7月25日). 2015年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  57. ^ 須見健矢. “ろくでなし子が「一部無罪」でも控訴を決めたホントの理由”. iRONNA. 2016年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  58. ^ ろくでなし子さん、再逮捕 作家の北原みのりさんも逮捕「不当だ」”. 話題. withnews (2014年12月3日). 2016年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  59. ^ 作家北原みのり容疑者逮捕 「ろくでなし子」もまた”. 共同通信 (2014年12月3日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月3日閲覧。
  60. ^ Tokyo Reporter (2014年12月3日). “Tokyo woman previously accused of distributing 3D data of her genitals arrested again”. News on Japan.com. 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  61. ^ ろくでなし子再逮捕は警察への「挑発」が原因か”. ライブドアニュース (2014年12月5日). 2014年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  62. ^ 牧陽一 (2015年7月7日). “対談: 艾未未 x ろくでなし子”. ART iT. 2016年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  63. ^ 法廷ガイド” (pdf). 裁判所. pp. 2 (2015年7月). 2015年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  64. ^ 春田久美子 (2014年2月24日). “「裁判の公開」は十分か? 法廷で「撮影」「録音」が認められない理由を考える”. 裁判・紛争・手続き. 弁護士ドットコムNEWS. 2015年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  65. ^ ろくでなし子 (2015年9月17日). “ワイセツ裁判 はじまりました!”. 記事. ironna. 2016年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  66. ^ 山下俊輔 (2016年2月1日). “ろくでなし子被告 罰金80万円を求刑…東京地裁公判”. 事件・事故・裁判. 毎日新聞. 2016年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  67. ^ a b ろくでなし子 (2015年12月19日). “第8回 やっと盛り上がってきたゾ~! ろくでなし子裁判証人尋問”. テーマ. ironna. 2016年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  68. ^ 千葉雄高 (2016年5月9日). “ろくでなし子被告、女性器作品の陳列無罪 データは有罪”. 記事 (朝日新聞デジタル). オリジナルの2016年5月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160510123948/http://www.asahi.com/articles/ASJ5945NZJ59UTIL01Y.html 2016年9月22日閲覧。 
  69. ^ 女性器データ提供は有罪 「ろくでなし子」被告に罰金40万円 東京地裁”. 裁判. 産経ニュース (2016年5月9日). 2016年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  70. ^ 「ろくでなし子」被告に罰金=女性器3Dデータ、わいせつ認定-東京地裁”. 社会. 時事ドットコムニュース (2016年5月9日). 2016年9月24日閲覧。
  71. ^ 吉野太一郎 (2016年5月9日). “「ろくでなし子」被告に一部無罪 「わいせつ」裁判、弁護団「30年ぶり画期的」”. ハフィントンポスト. オリジナルの2016年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160509092054/http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/09/rokudenashiko_n_9866634.html 2016年9月22日閲覧。 
  72. ^ 吉野, 太一郎 (2016年5月9日). “「ろくでなし子」被告に一部無罪 「わいせつ」裁判で弁護団「歴史的」(UPDATE)”. The Huffington Post. オリジナルの2016年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160908052522/https://www.huffingtonpost.jp/2016/05/09/rokudenashiko_n_9866634.html 2016年9月8日閲覧。 
  73. ^ 茂木健一郎 (2016年5月10日). “ろくでなし子さんの判決に思うこと”. 脳科学者のひとりごと 時々書生 茂木健一郎オフィシャルブログ. 2016年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  74. ^ 国際美術評論家連盟日本支部 会員有志 (2016年5月14日). “ろくでなし子氏に対する不当判決への抗議声明” (pdf). 2016年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  75. ^ 山田久美子 (2016年8月25日). “ろくでなし子氏裁判の無罪を求める意見書”. 女子現代メディア文化研究会. 2016年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  76. ^ 英紙が「ろくでなし子」の有罪判決を「道理にかなっていない」-「日本美術を見たことがある西洋人にとって驚くべき判決」と伝える”. 英国発ニュース. 英国をもっと好きになるニュースダイジェスト (2016年5月11日). 2016年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  77. ^ 石山絵歩 (2017年4月13日). “ろくでなし子裁判 わいせつ物陳列 2審も無罪 東京高裁”. 毎日新聞. 毎日新聞社. 2017年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月26日閲覧。
  78. ^ “わいせつじゃない!「ろくでなし子」罰金判決に上告”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年4月13日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1807140.html 2020年7月15日閲覧。 
  79. ^ 志村英司 (2017年4月28日). “ろくでなし子被告の一部無罪が確定 検察が上告せず”. 朝日新聞. 朝日新聞社. 2017年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月26日閲覧。
  80. ^ 渡辺一樹 (2017年4月27日). “【速報】ろくでなし子「デコまん展示」無罪が確定 「愛のコリーダ事件」以来35年ぶり”. BuzzFeed NEWS. 2017年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月27日閲覧。
  81. ^ “ろくでなし子被告、罰金確定へ 女性器3Dデータ送信―最高裁”. 時事ドットコム (時事通信社). (2020年7月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071600807&g=soc 2020年7月16日閲覧。 
  82. ^ 朝井麻由美 (2012年8月18日). “漫画家ろくでなし子氏が語る 「ま〇こを下卑たもの扱いするな!」”. 日刊SPA!. 2016年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  83. ^ 安楽由紀子 (2015年5月30日). “「まんこと言えない刑事が可愛かった」ろくでなし子×岩井志麻子が、アノ逮捕劇を語る!”. 『私の体がワイセツ?! ―女のそこだけなぜタブー―』刊行記念. cyzowoman. p. 2. 2016年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月24日閲覧。
  84. ^ Broadly Staff(2015年8月15日). 該当時間12:15.
  85. ^ a b ろくでなし子 (2015年4月15日). “わいせつかアートか ろくでなし子が初公判で語った言葉の全文”. with news. 2016年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  86. ^ 弁護士ドットコムニュース (2014年12月22日). “ろくでなし子さんの「まんこ」発言に裁判官「それ以上続けると意見陳述制限します!」”. 逮捕・刑事弁護. 弁護士ドットコムNEWS. 2016年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月16日閲覧。
  87. ^ a b ろくでなし子 (2015年11月26日). “ろくでなし子独占手記「ぱよぱよちーん」騒動の全真相”. ironna (産経デジタル). オリジナルの2016年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160405174816/http://ironna.jp/article/2402 2015年12月2日閲覧。 
  88. ^ ロマン優光 (2015年11月13日). “連載第44回 ろくでなし子問題”. ロマン優光のさよなら、くまさん. ブッチNEWS. 2015年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  89. ^ ろくでなし子 (2016年10月17日). “わたしのTwitter上での不適切な発言について”. 2017年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月26日閲覧。
  90. ^ 中川淳一郎ネットの反差別運動の歴史とその実態【3/4】」『NEWSポストセブン』、小学館、1頁、2017年6月7日。 オリジナルの2017年6月8日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170608104251/https://www.news-postseven.com/archives/20170607_562068.html2017年6月8日閲覧 
  91. ^ 中川淳一郎「ネットの反差別運動の歴史とその実態【3/4】」『NEWSポストセブン』、小学館、3頁、2017年6月7日。 オリジナルの2017年6月8日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170608104629/https://www.news-postseven.com/archives/20170607_562068.html?PAGE=32017年6月8日閲覧 
  92. ^ a b 中川淳一郎「ネットの反差別運動の歴史とその実態【3/4】」『NEWSポストセブン』、小学館、2頁、2017年6月7日。 オリジナルの2017年6月8日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170608104632/https://www.news-postseven.com/archives/20170607_562068.html?PAGE=22017年6月8日閲覧 
  93. ^ 渡辺一樹 (2016年9月29日). “ろくでなし子イベント「開催」→「中止」→「やっぱり開催」 主催のアムネスティがドタバタ”. Buzzfeed. 2016年10月15日閲覧。
  94. ^ a b c 若林秀樹 (2016年10月5日). “日本:ろくでなし子さんのイベントを中止し、再度開催決定に至った経緯とお詫び”. Amnesty International. 2016年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月10日閲覧。
  95. ^ ろくでなし子氏、イベント直前中止に「納得いかない」 アムネスティ日本は何故キャンセルしたのか”. Jcastニュース (2016年9月28日). 2016年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  96. ^ 清義明 (2016年10月16日). “ろくでなし子、アムネスティ講演中止騒動はなぜ起きたのか -弁明書の「FAKE」について”. BLOGOS. p. 2. 2017年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月26日閲覧。
  97. ^ 【東京】ろくでなし子 @ AMNESTY~表現の自由と人権をろくでなし子裁判から考える~”. Amnesty International (2016年9月29日). 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  98. ^ a b 中川淳一郎 (2016年10月14日). “過度な願望押しつけ社会 宇都宮健児、ベッキーらを敵認定”. NEWS ポストセブン. 2016年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月15日閲覧。
  99. ^ 架神恭介 (2015年7月30日). “ろくでなし子がネット炎上を語る「名前や活動が知れ渡るので美味しい」”. 連載. Daily News Online. 2016年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月21日閲覧。
  100. ^ Chu, Christie (2015年3月6日). “10 Powerful Women Artists Breaking Social Taboos—And Loving It”. Art World. artnet news. 2016年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月6日閲覧。
  101. ^ Los Angeles Times BOOK PRIZES Friday, April 21, 2017” (英語). Los Angeles Times Festival of Books. Los Angeles Times (2017年4月21日). 2017年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月25日閲覧。
  102. ^ まんことあそぼう!よいこの科学まん個展”. 2023年9月9日閲覧。
  103. ^ FEMINIST FAN IN JAPAN AND FRIENDS”. 2023年9月9日閲覧。
  104. ^ SCHAM 100 GRÜNDE, ROT ZU WERDEN” (PDF). 2023年9月9日閲覧。
  105. ^ バースト・ジェネレーション:死とSEX”. 2023年9月9日閲覧。
  106. ^ 美術ヴァギナ”. 2023年9月9日閲覧。
  107. ^ Vorbilder*innen Feminismus in Comic und Illustration”. 2023年9月9日閲覧。
  108. ^ ろくでなし子・森下泰輔 まんこラボ展 仮象としての現実に関する考察 It’s not here”. 2023年9月9日閲覧。


「ろくでなし子」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ろくでなし子」の関連用語

ろくでなし子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ろくでなし子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのろくでなし子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS