四天王とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 四天王 > 四天王の意味・解説 

してん‐のう〔‐ワウ〕【四天王】

《「してんおう」の連声(れんじょう)》

【一】仏教四人守護神東方持国天南方増長天西方広目天北方多聞天のこと。帝釈(たいしゃく)天に仕え八部衆支配する。甲冑(かっちゅう)をまとった武将の姿で表され、足下邪鬼踏まえて本尊四方から囲んで配される。中国朝鮮日本早くから四天王の護国信仰が広まり、法隆寺金堂木彫像・東大寺戒壇塑像など数多く造像された。四大天王

【二】ある部門臣下弟子などの中で、最もすぐれている者4人の称。碓井貞光(うすいさだみつ)・卜部季武(うらべのすえたけ)・坂田金時(さかたのきんとき)・渡辺綱(わたなべのつな)の頼光四天王など。


四天王

読み方:シテンノウ(shitennou)

(1)仏教守護する四神
(2)ある部門の重要な四人総称


四天王

読み方:シテンノウ(shitennou)

初演 万治3.7(江戸日向太夫座)


四天王

読み方:シテンノウ(shitennou)

初演 享保5.11(江戸森田座)


四天王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 00:38 UTC 版)

四天王(してんのう[注釈 1]サンスクリット語:चतुर्महाराज caturmahārāja[要出典])は仏教観における須弥山・中腹に在る四天王天の四方にて仏法僧を守護している四神(方の持国天方の増長天西方の広目天方の多聞天[1]四大王(しだいおう)ともいう[2]




  1. ^ 「してんおう」の連声が「してんのう」[1]
  2. ^ のち、荒陵の現在地に移転。
  1. ^ a b c d e 四天王(してんのう)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月22日閲覧。
  2. ^ 中村元『広説佛教語大辞典』東京書籍、2001年6月、681頁。
  3. ^ 中村元 『佛教語大辞典』 東京書籍、1981年。


「四天王」の続きの解説一覧



四天王と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四天王」の関連用語


2
74% |||||

3
70% |||||


5
56% |||||

6
56% |||||

7
56% |||||

8
56% |||||

9
56% |||||

10
56% |||||

四天王のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四天王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四天王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS