ハイスクールD×Dの登場人物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ハイスクールD×Dの登場人物の意味・解説 

ハイスクールD×Dの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/25 10:12 UTC 版)

ハイスクールD×Dの登場人物(ハイスクールディーディーのとうじょうじんぶつ)は、石踏一榮みやま零によるライトノベルシリーズ、『ハイスクールD×D』のキャラクターの一覧について解説する。


注釈

  1. ^ 22巻までのメンバー
  2. ^ 実際、夏休みの終わりに行われていたシトリー戦では、順当に行けば問題なく勝てると評されていたが、「建物への過度の破壊行為の禁止」という制限が課せられたことでイッセーやゼノヴィアが全力を発揮しきれず、結果8人中4名をリタイアに追い込まれてしまった。
  3. ^ 22巻以降
  4. ^ 14巻179ページによれば、「自分が松田と元浜と違う生物になった」ことや、悪魔は長生きで外見も自分次第であることから、「2人が歳をとれば自分も2人に歳相応の姿に合わせなければ付き合いが厳しくなりそうだ」と漏らしている。
  5. ^ そのために増築に伴いキングサイズとなったベッドでも手狭で、「魔獣騒動」以降は寝ている間に自分の寝床から蹴り落とされ、床で目を覚ますことも珍しくなくなっている。
  6. ^ その他にも、「先輩」付けで呼んでいた初対面前後を除き、リアスをなかなか名前で呼べず「部長」の呼称で通し続け、さらにオカ研女子部員全員を無意識に怯えるような視線を向けてしまっている。またリアスから向けられる好意に関しては情が深いだけだと思い込んでいた。
  7. ^ ゼノヴィアとイリナからは逆プロポーズされている。
  8. ^ それでも未だに教師に苦情は来ているらしい。
  9. ^ 誠(まこと)の燚(ほのお)を胸に秘める悪魔にしてドラゴンという意味
  10. ^ ただし、バアル戦ではサイラオーグがギャスパーの神器「停止世界の邪眼」も含めて許容しているため使用していた。
  11. ^ 現状最も効率がいいのはレイヴェルの胸。
  12. ^ アザゼルによれば、タンニーンが手加減していたとはいえ普通なら死んでいるレベルだったとのこと。アザゼルとしてはまさか着の身着のままで攫われてから山中で生活し続けるとは思っておらず、途中で音を上げると考えていた。
  13. ^ 例として、「白龍皇の鎧」の過剰な力を排出する機構を阻害してダメージを与える(4巻)、猛毒のサマエルの血を詰めた弾丸を「譲渡」で強化したスイッチ姫の玩具で発射する(12巻)など。
  14. ^ ただし通常の聖剣使いのように因子を持っているわけではなく、アスカロンの方を調整することで使用可能になっているという特殊な事例である。
  15. ^ 駒の一つ一つが「龍牙の僧侶」「龍星の騎士」「龍剛の戦車」「真紅の赫龍帝」に相当する。
  16. ^ リリスが兵藤邸に居候し始めてからより送られてくる力が強まっているとのこと。
  17. ^ 冥界での絶大な人気に比べ契約数が伸び悩んだのは、使うのがエロ技ばかりで魔法使いからのウケがあまりよくなかったからだとされている。
  18. ^ イッセー本人には芝居気などないため、本人も含めてオカルト研メンバーは代役の顔をCG合成している。
  19. ^ 純血の上級悪魔なので本来であれば冥界の学校に通うことになっているが、特待生待遇で駒王学園に進学している。
  20. ^ 親同士によって決められた、本人の望まない婚約である。
  21. ^ このときにファーストキスをイッセーに捧げている。
  22. ^ アザゼルからは、「紅髪の滅殺姫」を捩って「紅髪の魔乳姫(クリムゾン・バスト・プリンセス)」と呼ばれたこともある。それまでは悪魔たちから憧れを抱かれるような扱いが主だったが、おっぱいドラゴンのヒットで子供達からの人気が急上昇している。また、スイッチ姫と呼ばれる切っ掛けを作った美猴に対しては過剰なまでに敵対心を抱いて接しているため、イッセーからは「犬猿の仲ならぬ姫猿の仲」と見られている
  23. ^ 使用するたび乳がサイズダウンしていき、限界まで消費すると小猫並みのサイズまで縮小するが一晩寝れば元通りになる。
  24. ^ 魔法を例に挙げると、回復魔法というものは最高難度の技術であり、必然的にその使用者は非常に稀少。後に、三大勢力合同の調査で世界中を探した際に同じ神器の所有者が他にも数名いることが分かり、敵対勢力に悪用されないよう即座に保護された。
  25. ^ フリード以外は遺体も残さず消滅しており、例外のフリードも肉片になるまで切り刻まれて死亡している。
  26. ^ ただし、グレモリー家と姫島の間で結ばれた約定により、命を狙わない代わり姫島家とは無関係という扱いを受けている。
  27. ^ ただし、物語序盤では堕天使の力を封印しており、そのときは「雷の巫女」と呼ばれていた。
  28. ^ 4巻でのイッセーをめぐるリアスとの喧嘩においては、売り言葉に対して「イッセーのような可愛いと思えるようになった男に出会えた」と発言したことから、リアス同様、一目惚れであったことが示唆されている。
  29. ^ 実は父親がネビロスの指示で行なっていた研究の証拠を消すための過剰な措置であった可能性があることが判明している。
  30. ^ 成長した姿は黒歌に似ており、胸も大きい。
  31. ^ その場に居合わせなかった場合でも幻聴という形で小猫のツッコミが入る。
  32. ^ 寿命の短縮や素質の減衰といった後遺症もなく新たな神器を獲得できたのはかなり幸運と言える。
  33. ^ 手加減しないように頼んだ上で禁手化したイッセーを相手に「聖剣創造」のみで立ち向かうというもの。
  34. ^ クァルタ姓を名乗り始めるのは19巻より。
  35. ^ 幼少期は長髪だったが、イリナと共に行った吸血鬼討伐の時に髪を掴まれて隙を生じてしまったことがきっかけで髪を切った。メッシュは女の子らしい装いになれていなかった当時の自分に出来た精一杯の努力の名残である。
  36. ^ イッセーにプールの倉庫内で実行しようとしたが、後に練習が必要だと知った翌日に松田と元浜、桐生、アーシアのいる前で避妊具を差し出してイッセーに提案しに来た。その場の空気は泥沼化し、イッセーが松田と元浜からとばっちりを受ける原因を作った。
  37. ^ アーシア、イリナ、桐生、グリゼルダも涙を流して感動した。
  38. ^ 16巻時点での強さ
  39. ^ しかし17巻時点でも、最も長くオーディンの護衛を務めたという記録を保持し続けていることから能力(と忍耐強さ)はかなりのものだった模様。当時はオーディンのセクハラ発言や自由すぎる行動に頭を痛めており、周囲からは「介護ヴァルキリー」などと馬鹿にされていたらしい。
  40. ^ 修学旅行先の京都で「洋服崩壊」を喰らった際に、裸にされたことよりもセールで購入した服をバラバラにされたことを怒ったため、イッセーを逆に困惑させた。イッセーとの初デートでも100円ショップで大はしゃぎし、10000円分の買い物をしている。
  41. ^ 実際に当時敵対していたアーサーやオーフィスとも真っ先に打ち解けている。
  42. ^ 「弱肉強食」を「弱者でも強者でも平等に焼肉を食べられる権利を持つ」というなど。
  43. ^ 急に料理の勉強を始めたり(それまではゼノヴィアとどっこいどっこいの腕前で、劇物のような料理しか作れなかった)、お風呂に一緒に入ってこようとしたり、隙あらば夜のベッドにも侵入してこようとするなど。
  44. ^ ただし、グレモリー眷属ではないため客分扱いとなっている。
  45. ^ 作中では小猫の姉の黒歌に対して、「小猫さんに手を出したらクラスメートとして許さない」と言い放ったこともあった。
  46. ^ アザゼルの素性を知る前のイッセーに「木場よりイケメン」と評されている。
  47. ^ 「禍の団」のトップであったオーフィスを、他陣営に断りを入れずに兵藤邸に手引きした責任を取って辞職した。
  48. ^ 作中ではイッセー達からその日頃の行動から「トラブルメーカー先生」「世界にとって一番の脅威」「ラスボス先生」「サマエル級の封印対象」「悪の親玉」「悪いおっさん」と呼ばれている。
  49. ^ それらの実験や発明の資金はグリゴリの資金を勝手に使い込んだものが多く、総督辞任後に人間の主婦に実演販売で人工神器の類を売りつけて資金を回収していたところをリアス達に目撃されて、シェムハザに報告されて取り押さえられたこともあった。
  50. ^ 作中で明確に敗北したのは自身を徹底的に研究して対策を練ってきた2度目の曹操戦のみ。曹操も互いに思考が近いことを自覚しているため、3度目の戦いがあれば勝敗はわからないと考えている。
  51. ^ 堕天使陣営が三大勢力で最も縮小していることもあり、自陣からはただ一人の参戦となる。
  52. ^ ダメージは受けるが気に留めなくていいほどのものでしかなく、攻撃すればいつでも殺せるという判断をするため反撃さえしない。
  53. ^ そのためか年齢の割に知識量は少なく、伝説の魔獣トライヘキサの存在はまるで認知しておらず、自分もドラゴンでありながら同族の誕生にも興味を持っていなかった。
  54. ^ ただし元の幼女姿には変化の術を使うことで戻ることが可能。
  55. ^ レイヴェルも戦術家としてははるかに及ばないと自身の負けを認めている。
  56. ^ 姉の支援を受けなかったのは癒着が生じているという批判を避けるため。
  57. ^ 第2期でも、イッセーに頼まれごとをされる前までは、勝ち組オーラ出しまくりのキザ男を演じていた。
  58. ^ どういう意味でライバル視しているのかは言及がないが、イッセーは「(BL的な意味で)恋敵として見られている」と解釈しており、イッセーはこのことに迷惑を被っている。
  59. ^ 当初はシトリーの「騎士」は別の人物が受け持つはずだったが連絡がつかなくなっていた。
  60. ^ しかし、現在もサイラオーグが大王家の次期当主であることを気にいらない者は多い。
  61. ^ 最上級悪魔の魔力攻撃でも傷一つつかない「赤龍帝の鎧」を、純粋な身体能力だけで、なおかつ四肢に封印を施した状態の素手で粉砕できる純血の上級悪魔はサイラオーグだけだとされる。
  62. ^ 仙術の鍛錬で獲得したものではないため術を使用することはできない。
  63. ^ イッセーは禁手が解除され、生身の最後の力で向かうほどギリギリだった。またサイラオーグも意識を失いながらも笑ったままで、瞳も戦意を失っておらずまだ前に進もうとしていた。
  64. ^ イッセーからは上級悪魔なのに初めから自分を見下さないということで驚かれた。
  65. ^ イレギュラーすぎる存在であるため「アザゼル杯」の規定では正確な駒価値が判定できず、便宜的に「兵士」5駒分という評価が下されている
  66. ^ 実際に胸の大きい女性は普段下着を着ける際にはブラジャーから着け、脱ぐ際にはショーツから脱ぐようで、ブラジャーから脱ぐのは「人に見せることを目的」として行うストリップの手法。
  67. ^ イッセーが神滅具に目覚めたばかりの頃にはすでに1か月は禁手状態を保持できていた。17巻時点では、単純な力と直線での速度を除くすべての能力でイッセーを数段上回り、お互いの最強形態でもヴァーリの方が総合力で優勢である。
  68. ^ 18巻でその悪辣さを目の当たりにしたイッセーからも、ヴァーリのその気持ちが理解されるようになった。
  69. ^ 駒価値の観点から見れば「兵士」で自身を上回るのは神滅具持ち・天龍クラスのみで、百鬼家次期当主の黄龍や龍王の神器を持つ匙と同格、元龍王の息子ボーヴァよりも高い潜在能力を持っている。
  70. ^ 第15巻の短編で金角大王、銀角大王と対峙した際、初代の逸話で有名な紅瓢箪のことを失念していたために黒歌共々吸い込まれてしまった。
  71. ^ ただし特殊ルールにより駒は「僧侶」一つ分という扱いになっている。
  72. ^ 互いに本気を出していなかった。
  73. ^ 密かな想いを父である現当主に悟られれば、エレインがペンドラゴン家から追放されるのは目に見えており、アーサーが家に居続ければ、いずれ仲もバレてしまうため。
  74. ^ 出会ったばかりの黒歌にいきなり罵ってもらうように頼んだうえ、彼女の蔑むような視線を受けて興奮していた。
  75. ^ 互角なのは、孫悟空の末裔である美猴、龍王ヴリトラを覚醒させた匙、神滅具そのもののレグルス。
  76. ^ 上を歩いている者はその足音から強さなどを把握することが出来る。地中を掘り進む敵も感知できるが、死神のように空中を浮いて移動できる者は捜索の対象外になるのが欠点。
  77. ^ 清芽の父親といとこも魔獣使いである。
  78. ^ 皆でボーリングやカラオケに行く予定を作った際に、松田が来る予定の女子の名を挙げて狂喜しているところを自分の名前がないことに怒って殴ったり、修学旅行では軽率な言動を取った松田を諌めたり、松田が女子の集合写真を撮った際に桐生自身が写っていないことに疑問を突きつけたりしている。
  79. ^ 人付き合いの下手だったアーシア、ゼノヴィアとも一瞬で仲良くなった。
  80. ^ ギャスパー、ヴァレリー、エルメンヒルデ、ミラーカの4人の吸血鬼が段ボール箱に入りながら、吸血鬼の今後を語る会を開いていたところ。
  81. ^ ジオティクスの眷属に15〜16世紀の人物であるアグリッパがいることから、500年ほどは経過している。
  82. ^ 子供の頃は音楽家になりたかったようで、夢のひとつが叶って嬉しいと言っていた。
  83. ^ ノリが余りにも軽すぎるため、作中ではグレイフィアから度々、折檻されており、アザゼルが作ったゲームに公務をサボってセラフォルーと参加したときはグレイフィアに言い訳も不可能なほどの怒りを買ったことがあった。
  84. ^ コカビエルが駒王学園を襲撃してきた際に、サーゼセクスかセラフォルーのどちらを呼ぶべきとなったときには、ソーナが穢されると知ったら、セラフォルーが即時に堕天使に戦争を仕掛けかねないと思われていた。
  85. ^ 冥界では劇にもなっている程の有名なロマンス話らしい。
  86. ^ 作中では総司の晩年の逸話に登場する黒猫こそが変身したサーゼクスだったとされる。
  87. ^ 劇中では触れられていないが、史実の沖田は、剣術の稽古になると「短気で粗暴だった」という風に伝わっている。また、悪魔に転生した当初の木場(イザイヤ)を鍛えることにした際には、自身が悪魔に転生してから取ってきた年の功からか、その時の木場(イザイヤ)の心情を理解したうえで、剣術の基礎を一から判りやすく丁寧に教えていた。
  88. ^ こちらも史実では「冗談を言っては、よく笑っていた」と現代にまで語り継がれている。
  89. ^ 娘のリアスの二つ名もここから由来しているが、当時のヴェネラナの武勇伝を知る夫のグレモリー卿に「当時のヴェネラナに比べればリアスはまだ、可愛いもの」と言わしめている
  90. ^ サタンレッドよりもおっぱいドラゴンの方が好きと言った際には危うく両者の決闘になりかけた。
  91. ^ この状況は眷属たちにとっても不本意だったらしく、主の再起を願って見送っていた。
  92. ^ 一見するとライザーの同類だが、堕とした女性に真実を告げて絶望し苦しむ様を見ながら犯して悦に入るなどと、悪趣味極まりない性的嗜好。
  93. ^ ケルベロスガルムのハーフ。
  94. ^ 「男の子が泣いちゃダメ。転んでも何度でも立ち上がって女の子を守れるぐらい強くならないと。」
  95. ^ ディオドラの眷属を捕食し、その性的嗜好を揶揄するなど忠誠心はなかった模様。
  96. ^ 天使と人間のハーフもいるが、複雑な儀式が必要な上に「一切の劣情を起こしてはいけない」ため数は極端に少なく、そうして生まれた子供は「奇跡の子」と呼ばれる。
  97. ^ イッセーは長身と相まって巨人のように見え、手にもつデュランダルのレプリカが小さく見えると評した
  98. ^ 自身も幼少期に闘戦勝仏から聞かされるまではその事実を知らなかった。
  99. ^ 「蛇」の髪を持つメデューサの眼を移植したことで「龍殺し」の力が弱点になっていたことが原因。
  100. ^ 逆にそれ以外は一切干渉せず、リゼヴィムや邪龍が暴れようとも一切関わらないと告げた。
  101. ^ 禁手化してドラゴンの力を高めつつグラムの真価を発揮しようとすると、所有者であるにもかかわらず「龍殺し」の呪いで致命傷を負ってしまう。そのため、基本的な戦闘スタイルは「禁手化しないでグラムを全力で振るう三刀流」か「禁手化してグラムの力を抑えただの切れ味のいい剣として振るう六刀流」かの2択になる。
  102. ^ イッセーの物とは違って右腕用
  103. ^ 頼みを聞いた当初、イッセーは半ば自棄で「異世界にでも転移してください」と言ったが、「既に実行」していた。その際に訪れた世界には魔法が無かったらしい。
  104. ^ 天界製自転車の力で天使化して天界に昇ったとき、天使達にもトロルと認識された。
  105. ^ アーシアが着用した物ならなんでもいいらしく、スクール水着を要求したこともある。
  106. ^ 人型の際に翼や腕など、体の一部をドラゴンのものに変えることができる。
  107. ^ 魔神バロールの邪眼を体現するような魔法
  108. ^ 使い手が限られていて、最上級の魔法に属し、失った体の一部を再生する魔法とまでになると、異常なまでの魔法力か、禁術でも使わない限りはとうてい無理。
  109. ^ その力には二天龍や龍神ですら抗うことができず、歴代最強とされるヴァーリでも莫大な魔力のおかげで命は助かったものの立ち上がるだけで精一杯で、魔力に乏しいイッセーは魂こそ歴代赤龍帝が庇ったことで助かったが肉体は呪いで消滅してしまった。
  110. ^ 12巻以降
  111. ^ 友人たちから相談されなかったこともショックだったが、当時の自分では悩みを打ち明けられても解決するどころか突き放してしまっただろうということを自覚してしまったため。
  112. ^ 原作小説19巻時点まで
  113. ^ 7巻では「寺」と誤記。
  114. ^ 大金を得ようとすれば札に触れることなく死に、ハーレムを望めば美女・美少女が視界に入った瞬間に死ぬ。
  115. ^ ただし、兜で隠れているため素顔については不明である
  116. ^ 前述のスーザン同様、兜で隠れているため素顔については不明である

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ドラゴンマガジン Dマニュアルより。
  2. ^ a b 石踏一榮Twitter 2015年3月30日閲覧
  3. ^ 石踏一榮Twitter 2016年4月16日閲覧
  4. ^ 石踏一榮Twitter 2017年4月16日閲覧
  5. ^ 石踏一榮Twitter 2018年4月16日閲覧
  6. ^ a b c d 『ドラゴンマガジン』2015年7月号「英才教育お泊り会」より
  7. ^ 石踏一榮Twitter 2017年8月26日閲覧
  8. ^ アニメ第1期のPVより。
  9. ^ 石踏一榮Twitter 2016年4月9日閲覧
  10. ^ 石踏一榮Twitter 2017年4月9日閲覧
  11. ^ 石踏一榮Twitter 2018年4月9日閲覧
  12. ^ a b c d e ドラゴンマガジン 2010年7月号より。
  13. ^ a b c アニメ第1期『ハイスクールD×D』BD/DVD初回生産書き下ろし小説より
  14. ^ 『ドラゴンマガジン』2013年11月号「特訓でいこう!」より
  15. ^ a b ドラゴンマガジン2018年7月号ふろく「カレッジD×D?」より。
  16. ^ 石踏一榮Twitter 2015年6月11日閲覧
  17. ^ a b 石踏一榮Twitter 2015年6月11日閲覧
  18. ^ 元浜の見解による。
  19. ^ a b 石踏一榮Twitter 2015年4月9日閲覧
  20. ^ 石踏一榮Twitter 2015年5月11日閲覧
  21. ^ 石踏一榮Twitter 2017年5月11日閲覧
  22. ^ 石踏一榮Twitter 2017年5月11日閲覧
  23. ^ 石踏一榮Twitter 2015年5月13日閲覧
  24. ^ 石踏一榮Twitter 2016年7月21日閲覧
  25. ^ 石踏一榮Twitter 2017年7月21日閲覧
  26. ^ 「ソドム通信 駒王学園美少女図鑑EX」より。
  27. ^ a b c d e 石踏一榮Twitter 2015年5月27日閲覧
  28. ^ 石踏一榮Twitter 2015年11月23日閲覧
  29. ^ 石踏一榮Twitter 2017年11月23日閲覧
  30. ^ 石踏一榮Twitter 2015年5月30日閲覧
  31. ^ 石踏一榮Twitter 2017年5月30日閲覧
  32. ^ 拍手回答:イチブイ - すごく久しぶりな拍手回答 2014年7月1日閲覧
  33. ^ 小説4巻『後輩(男)、できました。』172ページより。
  34. ^ 石踏一榮Twitter 2015年2月14日閲覧
  35. ^ 石踏一榮Twitter 2017年2月14日閲覧
  36. ^ 石踏一榮Twitter 2018年2月14日閲覧
  37. ^ 石踏一榮Twitter 2015年2月28日閲覧
  38. ^ 石踏一榮Twitter 2015年3月14日閲覧
  39. ^ 石踏一榮Twitter 2017年3月14日閲覧
  40. ^ 石踏一榮Twitter 2018年3月14日閲覧
  41. ^ ギャスパー・バロールの命名は16巻あとがきで。
  42. ^ a b c 石踏一榮Twitter 2015年3月15日閲覧
  43. ^ 石踏一榮Twitter 2017年8月8日閲覧
  44. ^ 石踏一榮Twitter 2016年9月29日閲覧
  45. ^ 石踏一榮Twitter 2017年9月29日閲覧
  46. ^ a b 石踏一榮Twitter 2015年4月29日閲覧
  47. ^ 石踏一榮Twitter 2017年6月3日閲覧
  48. ^ 小説22巻51頁より。
  49. ^ a b 石踏一榮Twitter 2017年8月22日閲覧
  50. ^ a b c d e f g h アニメ第3期『ハイスクールD×D BorN』BD/DVD初回生産書き下ろし小説『ハイスクールD×D EX』より
  51. ^ a b c d 石踏一榮Twitter 2017年12月9日閲覧
  52. ^ 石踏一榮Twitter 2017年12月31日閲覧
  53. ^ a b 22巻以降
  54. ^ DX.4あとがきより。
  55. ^ ドラゴンマガジン2016年9月号付録「ハイスクールD×D」まるごとBOOKより
  56. ^ 石踏一榮Twitter 2018年6月7日閲覧
  57. ^ 石踏一榮Twitter 2018年6月2日閲覧
  58. ^ 石踏一榮Twitter 2018年6月17日閲覧
  59. ^ a b ドラゴンエイジ』2013年8月号、富士見書房、2013年7月9日
  60. ^ a b 夏のD×D乳”. イチブイ. 2013年7月14日閲覧。
  61. ^ 石踏一榮Twitter 2015年6月6日閲覧
  62. ^ 石踏一榮Twitter 2016年6月6日閲覧
  63. ^ 石踏一榮Twitter 2017年6月6日閲覧
  64. ^ 石踏一榮Twitter 2018年6月6日閲覧
  65. ^ 石踏一榮Twitter 2017年10月1日閲覧
  66. ^ 石踏一榮Twitter 2018年3月20日閲覧
  67. ^ 石踏一榮Twitter 2015年3月3日閲覧
  68. ^ 石踏一榮Twitter 2017年3月3日閲覧
  69. ^ 石踏一榮Twitter 2018年3月3日閲覧
  70. ^ アニメイト限定連動購入特典より。
  71. ^ アニメ第1期BD/DVD第6巻付属のミニ小説より。
  72. ^ 小説15巻『聖☆おじょうさん聖地へ』123 - 124ページより。
  73. ^ 小説19巻『総選挙のデュランダル』37-42ページより。
  74. ^ アニメイト限定リーフレットより。
  75. ^ a b c d アニメ第2期『ハイスクールD×D NEW』BD/DVD初回生産書き下ろし小説『はいすくーるD×D(デートデート)』より
  76. ^ アニメ第1話より。
  77. ^ a b c d 石踏一榮Twitter 2015年6月11日閲覧
  78. ^ a b c 石踏一榮Twitter 2016年4月28日閲覧
  79. ^ 石踏一榮Twitter 2016年6月30日閲覧
  80. ^ ドラゴンマガジン 2013年1月号「温泉に行こう!」より
  81. ^ 外伝『DX.1』、『究極!! お兄ちゃん仮面』58ページより。
  82. ^ 石踏一榮Twitter 2015年6月11日閲覧
  83. ^ みやま零Twitter 2018年6月11日閲覧
  84. ^ 小説8巻 あとがき280-281ページより。
  85. ^ ドラゴンマガジン2016年3月号
  86. ^ a b c 19巻時点での強さ
  87. ^ 石踏一榮Twitter 2018年3月20日閲覧
  88. ^ 石踏一榮Twitter 2017年12月24日閲覧
  89. ^ DX.4より。
  90. ^ a b c 石踏一榮Twitter 2015年6月11日閲覧
  91. ^ 小説17巻 あとがき 333ページより。
  92. ^ a b c 石踏一榮Twitter 2015年6月14日閲覧
  93. ^ ドラゴンマガジン 2013年5月号「プレシャス・オブ・アーシア」より
  94. ^ a b 石踏一榮Twitter 2016年8月26日閲覧
  95. ^ 小説21巻 あとがき352ページより。
  96. ^ 小説21巻 あとがき353ページより。
  97. ^ 石踏一榮Twitter 2018年3月20日閲覧
  98. ^ 石踏一榮Twitter 2015年9月9日閲覧
  99. ^ 石踏一榮Twitter 2016年9月9日閲覧
  100. ^ 石踏一榮Twitter 2017年9月9日閲覧
  101. ^ ドラゴンマガジン 2013年3月号「マツレ☆龍神少女!」より
  102. ^ 石踏一榮Twitter 2017年11月19日閲覧
  103. ^ 25巻あとがきより。
  104. ^ ドラゴンマガジン2018年5月号掲載「スーパーヒーロートライアル」より。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハイスクールD×Dの登場人物」の関連用語

ハイスクールD×Dの登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

藤澤 一就

ダブルステッチ

大利久美

フィンガー

タンジェ石

キッス・イン・ザ・ダーク

アシシロハゼ

シャフトドライブ





ハイスクールD×Dの登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイスクールD×Dの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS