系譜とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 記録 > 系譜の意味・解説 

けい‐ふ【系譜】


系図

(系譜 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/14 05:55 UTC 版)

系図(けいず、英語: family tree)は、ある一族の代々の系統を書き表した図表。




「系図」の続きの解説一覧

系譜(宗家・挙母藩主家・湯長谷藩主家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 06:27 UTC 版)

内藤氏」の記事における「系譜(宗家挙母藩主家湯長谷藩主家)」の解説

太字各家当主実線実子点線養子数字歴代藩主宗家挙母藩主家湯長谷藩主家 内藤盛家 盛時 盛継 頼家清 家家国 国清 宗清 重清 義清 清長 [旗本]清政 [信成系内藤家]信成 家長 [延岡藩主家政長1 忠興2 [挙母藩主家]政晴1 義概3 女 土方雄次湯長谷藩主家遠山政亮1 政親2 義英 義孝4 雄賀 政徳2 政3 政 義稠5 内藤政貞 内藤政貞3 政里4 政6 政醇4 政陽 政5 政尭 政陽7 貞幹5 学文6 政韶 政峻 政脩8 政為 政広6 政偏 政峻7 政和 政韶9 政偏7 政成8 政順 政和10環8 政優9 政又 政共 政11 政民9 政文10 政義12 政恒10 文成11 政挙13 政敏11 政養 政共 政道 交野政邁 政恒 政養12光 政潔 政恒 政悳 政武 ^ 松平広忠の子?。 ^ 旗本・堀直行次男。 ^ 紀州徳川家徳川宗直の六男。 ^ 紀州徳川家徳川宗将の四男、湯長谷藩主家・貞幹の甥。 ^ 尾張徳川家徳川宗勝十四男。 ^ 近江彦根藩主井伊直中八男宗家・政義の兄。 ^ 肥前唐津藩主・水野忠鼎の十男、分家岩村田藩主家)・正国の弟。 ^ 近江彦根藩藩主井伊直中十三男、政成の弟。 ^ 出羽庄内藩主・酒井忠徳五男。 ^ 近江彦根藩一門井伊中顕井伊直中の六男)の三男政成・政優の甥。 ^ 近江彦根藩主井伊直中十五男、政順の正室・繁子の弟。 ^ 信濃松本藩主・松平戸田〉光庸の四男。 ^ 遠江掛川藩主・太田資始の六男。

※この「系譜(宗家・挙母藩主家・湯長谷藩主家)」の解説は、「内藤氏」の解説の一部です。
「系譜(宗家・挙母藩主家・湯長谷藩主家)」を含む「内藤氏」の記事については、「内藤氏」の概要を参照ください。


系譜 (高遠藩主家・旗本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 06:27 UTC 版)

内藤氏」の記事における「系譜 (高遠藩主家旗本)」の解説

内藤義清息子内藤清成と、内藤忠政息子内藤清成がいるが、後者信濃国高遠藩藩主となる前に常陸国上総国下総国で石を与えられていたり、3男は安房国安房勝山藩内藤正勝であるなど、家の活動諸国の藩にまたがっている。 高遠藩主家旗本 内藤義清旗本]清政 四郎左衛門正成 忠政 正貞 右京進正成高遠藩主家清成1 [鳥羽藩主家]忠重 [旗本政吉岩村田藩主家政次 正重 忠俊 清次2 清政 正勝4 女 永井尚政 正吉 清政3 重頼5 女 水野守政 尚庸 (12代略) 正從 内藤清枚6 直敬 頼卿7 長頼 清行 内頼由 頼由8 頼寛 頼多 頼尚9 長好 長好10 頼以11 頼敦 頼容 頼寧12 頼愛 頼直13 松平滝脇〉信敏 弥三郎 頼輔 頼博 ^ 竹田仲の子。 ^ 武蔵岡部藩主・安部信峯三男。 ^ 旗本米津田賢三男。 ^ 尾張徳川家徳川宗勝十二男、宗家・政脩の子。 ^ 陸奥福島藩主・板倉勝矩五男

※この「系譜 (高遠藩主家・旗本)」の解説は、「内藤氏」の解説の一部です。
「系譜 (高遠藩主家・旗本)」を含む「内藤氏」の記事については、「内藤氏」の概要を参照ください。


系譜 (鳥羽藩主家・岩村田藩主家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 06:27 UTC 版)

内藤氏」の記事における「系譜 (鳥羽藩主家岩村田藩主家)」の解説

鳥羽藩主家岩村田藩主家 内藤忠政鳥羽藩主家]忠重1 [旗本政吉岩村田藩主家政次1 飛騨守忠政2 政季 正勝2 忠次 忠勝3 波知 正勝 正友3 正能 正敬4 正弼5 頼寛 正寿 正興6 正国7 正縄8 正義 有馬則篤 竹腰正厚 信民 正誠9 正誠 安藤信勇 正愨 正陽 正典 ^ 肥前唐津藩主・水野忠鼎の四男、湯長谷藩主家・政環の兄。 ^ 肥前唐津藩主・水野忠光の三男、正国の甥。 ^ 土佐新田藩主・山内豊誠次男

※この「系譜 (鳥羽藩主家・岩村田藩主家)」の解説は、「内藤氏」の解説の一部です。
「系譜 (鳥羽藩主家・岩村田藩主家)」を含む「内藤氏」の記事については、「内藤氏」の概要を参照ください。


系譜(家元のみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:32 UTC 版)

天神真楊流」の記事における「系譜(家元のみ)」の解説

家元議定書により、家元制内容明確に規定した珍し流儀である。 流祖 磯又右衛門正足本名岡本八郎治。幕臣、磯家の養子講武所柔術師範幕府より源を本姓とすることを許される二世 磯又右衛門正光磯又右衛門正足実子三世 磯又右衛門正智:磯又右衛門正足高弟養子1882年頃没。嘉納治五郎の手によれば体格短身痩躯四世 磯又右衛門正信磯又右衛門正智の高弟五世 磯又右衛門正幸:磯又右衛門正智の実孫。明治26年、『天神真楊流柔術極意教授圖解』を出版1945年頃没。

※この「系譜(家元のみ)」の解説は、「天神真楊流」の解説の一部です。
「系譜(家元のみ)」を含む「天神真楊流」の記事については、「天神真楊流」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「系譜」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

系譜

出典:『Wiktionary』 (2021/11/22 23:50 UTC 版)

名詞

 けいふ

  1. 血縁関係などを記し記録図表
  2. ある物事影響受けた繋がり系統

関連語


「系譜」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



系譜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「系譜」の関連用語

系譜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



系譜のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの系図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの内藤氏 (改訂履歴)、天神真楊流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの系譜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS