系 (自然科学)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 系 (自然科学)の意味・解説 

系 (自然科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/03 14:09 UTC 版)

自然科学における(けい、英語: system)とは、宇宙世界、ユニバース、the universe)の一部のうち、考察の対象として注目している部分である[1][2]。分野や考察の内容に応じて力学系生態系太陽系、実験系などというように用いられる。システムの記事も参照。




  1. ^ 特殊相対論的な質量のエネルギーへの転換は考えない場合に限る。
  2. ^ 生物の場合、熱力学的に見ると全て開放系に属しており、ホメオスタシスや運動の自律性をはじめとした生物の基本特性のうちの幾つかは、これを基礎としている[4]
  1. ^ Peter Atkins; Julio de Paula; 千原秀昭, 稲葉章訳 『アトキンス物理化学要論』 (4版) 東京化学同人、2007年、37頁。ISBN 978-4-8079-0649-9 
  2. ^ 土井勝 『物理学入門』 日科技連、2005年、46頁。ISBN 4-8171-9068-X 
  3. ^ 清水明 『新版 量子論の基礎―その本質のやさしい理解のために―』 サイエンス社2004年ISBN 4-7819-1062-9
  4. ^ 生物学辞典(岩波書店


「系 (自然科学)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「系 (自然科学)」の関連用語

系 (自然科学)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



系 (自然科学)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの系 (自然科学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS