本籍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > 本籍の意味・解説 

本籍

読み方:ほんせき

本籍とは

本籍とは、戸籍上の所在場所のことである。かつては一定の所に住居定めて暮らしている場所意味していたが、現在ではその意味無くなっている。本籍は、戸籍謄本抄本か、本籍が記載され住民票の写し取り寄せることで確認できる

本籍の書き方は、都道府県名、市区町村名(郡名)、町(丁)字名地番順番で書く。マンション名やアパート名、部屋番号などは書かない

ちなみに本籍は、現住所とは関係なく全国どこにでも置くことができる。一度も行ったことのない場所を本籍に置くこともできる。ただし、富士山頂上など、行政区画土地の名称、地番がない場所には本籍を置くことはできない

ほん‐せき【本籍】

読み方:ほんせき

その人戸籍所在場所原籍。「—を移す」


本籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/30 04:40 UTC 版)

本籍(ほんせき)


脚注

  1. ^ 結婚などで新戸籍を編成する際でも、夫婦の一方の元の戸籍と同じ場所を選ぶことも可能である。
  2. ^ 沖ノ鳥島の戸籍は小笠原村が管理している。
  3. ^ 北方領土の戸籍は根室市が管理している。北方領土問題#日本の行政区分下の北方領土を参照。
  4. ^ 尖閣諸島については石垣市が、竹島については隠岐の島町が戸籍を管理している。
  5. ^ 日本統治下の地で出生した者でも、本籍を置くことはできない。1945年(昭和20年)までに樺太に本籍を置いていた戸籍は第二次世界大戦で大部分が喪失しているが、6村(遠淵村・知床村・富内村・元泊村・内路村・散江村)の戸籍簿は一部が外務省外地整理室に保管されており、戸籍の写しを交付している。旧樺太の本籍に関する戸籍簿は戸籍法上に規定する戸籍簿ではないが、便宜的に通常の戸籍請求手続に準じて扱われる。

出典

  1. ^ a b 北方領土や竹島、沖ノ鳥島… 本籍を移す人が増える” (日本語). J-CAST ニュース (2011年1月30日). 2022年8月30日閲覧。
  2. ^ 本籍は「甲子園」 現在180人以上神戸新聞社、2004年3月13日。
  3. ^ 【幻の長寿社会】(中) 本籍「大阪城」が800人… “欠陥”抱える戸籍制度、MSN産経ニュース、2010年9月17日18:53。
  4. ^ 甲子園球場に本籍、あと1人で700人”. サンケイスポーツ (2011年11月2日). 2011年11月2日閲覧。
  5. ^ a b c 尖閣、沖ノ鳥島、北方領土、竹島に本籍を置く日本人が増加中、NEWSポストセブン、2011年1月19日17:00。(元々の出典は『SAPIO』2011年1月26日号)
  6. ^ 日本人88人、竹島に本籍…領有権アピール狙う 読売新聞、2012年8月25日。
  7. ^ 青木義人・大森政輔著『全訂戸籍法』日本評論社、1982年(昭和57年)、98頁


「本籍」の続きの解説一覧

本籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 18:52 UTC 版)

「諱」の記事における「本籍」の解説

本籍(出身地)の地名用いる例。 姓 本籍諱・実名国・地域襄陽 浩然 中国 康 南海 有為 中国

※この「本籍」の解説は、「諱」の解説の一部です。
「本籍」を含む「諱」の記事については、「諱」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「本籍」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「本籍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



本籍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

本籍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本籍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本籍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの諱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS