アザゼルとは?

アザゼル 【Azazel 英】

旧約聖書レビ記一六章』に出てくる語。意味解釈に諸説があるが、元来ユダヤ荒野に住む悪霊とされ、そのもと人間の罪を負わせた山羊を送るという悪霊崇拝由来するものらしい。のちに贖いの日に祭司アロンによりくじで選ばれた二頭山羊一頭は罪祭犠牲として殺され、他の一頭が「アザゼルの山羊」として民の罪を背負わされて野に放されるという贖罪儀式一環となったと考えられる(『キリスト教大事典』)。

アザゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 05:00 UTC 版)

アザゼル (Azazel) は、『旧約聖書レビ記第16章の贖罪の日の儀式についての記述のなかで言及される名詞である。また、黙示文学ラビ文献英語版にもアザゼルという名の堕天使が登場する。


  1. ^ 「この時、同じ監視者の指揮官シェムハザの反対意見を聞かずにアザゼルが禁を犯した」と解説する通俗書籍がある (e.g. 真野 1995, 荒木監修 2007)。ただし、『聖書外典偽典4』(教文社)所収の『エチオピア語エノク書』原典和訳の該当部分(第6章175頁)には、シェムハザが禁を犯すことに反対したことを示す記述は見当たらず、『聖書外典偽典3』所収の『スラブ語エノク書』和訳にもそのことを示す記述はない。
  2. ^ オリエンス (Oriens) 〔原書では異綴ウリエンス Uriens〕、アマイモン (Amaymon)、パイモン (Paymon)、エギン (Egin, Egyn)。
  3. ^ Samael (סאמל) 〔原書では異綴サムエル Samuel〕。
  4. ^ Azazel (אזאזל)。
  5. ^ Azael (עזאל)。
  6. ^ Mahazael (מהזל) 〔原書では異綴マハズエル Mahazuel〕。
  7. ^ 四大元素の風(ふう、空気)の精霊ではなく、四方位から吹きつける風(かぜ)の精霊。
  1. ^ a b Jewish Encyclopedia (1906)
  2. ^ ゴールドスタイン著, 秦訳 1993, p. 63.
  3. ^ 世界大百科事典 第2版『贖罪日』 - コトバンク
  4. ^ a b c デイヴィッドスン著, 吉永監訳 2004, p. 31.
  5. ^ 『ジーニアス英和大辞典』
  6. ^ 『リーダーズ英和辞典』
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『スケープゴート』 - コトバンク
  8. ^ 大辞林 第三版『スケープゴート』 - コトバンク
  9. ^ 日本大百科全書『スケープゴート』 - コトバンク
  10. ^ ラッセル著, 大瀧訳 2002, pp. 57-59.
  11. ^ a b c 真野隆也著、シブヤユウジ画『堕天使 - 悪魔たちのプロフィール (Truth In Fantasy)』新紀元社、1995年7月。ISBN 978-4-88317-256-6
  12. ^ 『別冊宝島1631 天使・悪魔・妖精 イラスト大事典』宝島社、2009年6月。ISBN 978-4-7966-7119-4
  13. ^ ゲティングズ著, 大瀧訳 1992, p. 45, 「アザエル」「アザゼル」の項.
  14. ^ Agrippa, Freake & Tyson 1993, pp. 259, 533.
  15. ^ ゴドウィン著, 吉村訳 1987, pp. 171-172.
  16. ^ プランシー著, 床鍋訳 1997, p. 41.
  17. ^ ゲティングズ著, 大瀧訳 1992, p. 45.


「アザゼル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アザゼル」の関連用語

アザゼルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アザゼルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアザゼル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS